そうだったのか!WiMAX2+ 電波が悪い理由。改善策を完全公開

投稿日:2017年3月14日 更新日:

WiMAX2+の電波が悪い(弱い)理由と改善策について掲載しています。

自宅利用における改善策を掲載していますので、電波が入り具合が悪い、速度が遅い、インターネットが途切れやすくてお悩みの方はぜひお読みください。

また、速度が出なくてお悩みの方は、ポケットWi-Fi比較、遅いポケットWi-Fiにさようならのページをご覧ください。速度を向上させるための手段を網羅的にご紹介しています。

速度が遅いその原因・改善策が掴めると思います。

 

WiMAX2+の電波が悪い理由

WiMAX2+の電波は決して悪い(弱い)わけではありません。

しかし、室内での利用に関しては「電波が悪い、弱い」と言われることがあります。

 

その理由は電波特性にあります。WiMAX2+の電波の特徴は、「直進性」と「高速通信」です。

WiMAX2+の電波は、真っ直ぐに高速で飛ぶという特徴があり、例えば周囲に大きな建物があったり、室内利用であれば鉄筋コンクリートの厚い壁があるような環境は苦手です。

障害物が苦手、障害物を回り込んで隅々まで電波が行き渡らせるタイプの電波ではないということですね。

しかし、携帯電話・スマートフォンの電波に比べ、WiMAX2+の電波は非常に高速です。

これがWiMAX2+の電波の特徴です。

 

WiMAX2+の弱い電波を改善する方法 〜ルーター変更〜

手っ取り早い解決は、WiMAX2+の電波をしっかり受信できるルーターに無料で変更してしまうことです。

普通にルーター変更をしてもOKですが、せっかくならWiMAX提供会社の「乗り換え」で、月額料金を安くしたり、最新ルーターを無料でゲットしてしまうことをおすすめします。

新たにWiMAXを別の会社で申し込んで最新ルーターでの利用を開始し、以前から契約していたWiMAXを解約するのですが僕は何度か経験しています。

※ルーター変更で電波改善させるには、利用場所がサービス提供エリアに入っていることが前提となります。またWiMAXには最低利用期間がありますので、既存契約の解約タイミングによっては違約金が発生する場合があります。それでも乗り換えてしまった方が、長い目で見れば安くなる場合も多いため、ここは少し計算してみる必要があります。

▼ 総支払額で最安値、1日換算91円〜

(比較グラフ)本当にブロードワイマックスは安い?

せっかく使うなら、ポケットWi-Fiを無制限に使いたいですよね。そんな方は下の記事もあわせてご覧くださいね。

 

最新ルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」は、電波を受信しやすい

Speed Wi-Fi NEXT WX04の特徴

ルーター変更する場合は、最新ルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」がおすすめです。

Wウィングアンテナで電波が強化されている

Wウイングアンテナ搭載のクレードルで宅内でも繋がりやすい

WX04では、Wウイングアンテナ搭載のクレードルにより安定したWiMAX/Wi-Fi環境が得られます。上の画像内にある赤丸印が「Wウィングアンテナ」です。

※クレードルは別売りです。WiMAX申込時に「希望する」を選択すればOKです。

外から来るWiMAX2+の電波をしっかりキャッチします。今度は、室内に対してWi-Fi電波を強力に飛ばす役割を担っています。

室内でもWiMAX2+電波をしっかりキャッチ!Wi-Fiもしっかり飛ばせます

WX04は、「ブロードワイマックス」でしたら無料提供しています。WX04の詳細は以下のページでご紹介しています。

 

自宅だけで使うならホームルーターが絶対いい

もし、WiMAX2+を固定回線として自宅でのみ利用するのでしたら、自宅専用ルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」に変更することでの改善も期待できます。

宅内利用に特化しているルーターのため、電波をしっかりキャッチして、また室内にWi-Fiを強力に飛ばすことができます。コンセントに挿して使うルーターなので、体感的にパワーが違います。

「Speed Wi-Fi HOME L01s」は、以下のページで詳しくご紹介しています。なおこちらも「ブロードワイマックス」で無料提供されています。

 

▼ キャンペーン中、今なら初期費用&最新ルーターが無料!

(比較グラフ)本当にブロードワイマックスは安い?

 

 

WiMAX2+の弱い電波を改善する方法 〜既存ルーターで微調整〜

WiMAX2+の弱い電波を改善する方法はあります。

下の図で示した通り、「A」と「B」の両方を改善する必要があります。

 

Aの改善:電波塔からWi-Fiルーターまでの電波受信状況を強化

ルーターを窓際に置いてWiMAX2+のアンテナを確保しましょう。

現在アンテナの本数が1本とか2本と少ない状態でしたら、少しでも電波の受信状況を改善するために、まずはWi-Fiルーターを窓際に設置してアンテナが複数本立つ場所を探してみましょう。

方角や高さによって電波の入り具合は微妙に異なります。ちょっと面倒ですが初めだけなのでやってみてください。

また電子レンジや冷蔵庫の近くは、電波が干渉して繋がりづらくなるので避けましょう。

室内に少しでも電波が入れば、室内利用はなんとかなるのですが、そもそも電波が来ていない状態ですと諦めるしかないです。

もしWiMAX2+の電波が届いていない場合は、Wi-Fiルーターを窓際に設置して本当に電波が来ないのかどうかお試しください。

ちなみに戸建ての場合なら2階の方が電波を受信しやすいです。

下の記事でご紹介するようなビックリ事例もあるので、ぜひ諦めずに電波を探しましょう!

もしこの電波塔からWiMAXルーターまでの間(Aの範囲)の電波が受信できない場合は、残念ながらこれから先でご紹介する対策をしても意味がなくなってしまいます。

その場合は、WiMAX2+よりも電波が届きやすい「ワイモバイル」への乗り換えも考える必要があります。

 

Bの改善:Wi-Fiルーターから利用端末までのWi-Fi受信状況を強化

室内のWi-Fi電波が弱い場合は、Wi-Fi中継機を使ってWi-Fi電波を強化できます。

これは、WiMAXの電波が受信できている前提での対策です。室内の対策ですね。

中継機は、Wi-Fi利用エリアを拡大するための機器です。Wi-Fi電波は、壁や障害物を通り抜ける度に弱くなります。

階をまたぐ部屋、四方を壁で囲まれた部屋ではインターネットが途切れやすくなります。通信速度も遅くなります

そこで中継機を宅内に設置することで、電波が弱くなる前にWi-Fi電波をキャッチし再発信し、これまでインターネットが繋がりにくかった部屋へWi-Fi電波を増幅して届けてくれます。

現在販売されている中継機はいずれも簡単な初期設定をして、コンセントに挿せばすぐに使えるものが多いです。

もし、宅内のWi-Fi電波の弱さに困っていたり、速度が遅くて困っている場合は試してみることをお勧めします。

劇的な改善とまではいかないまでも、少なくとも普通に使えるレベルまでは改善する可能性があります。

おすすめの中継機

I-O DATA製 WN-G300EXP

300Mbpsの高速通信に対応した無線LAN中継機です。コンパクトで価格も安いため手軽に導入が可能です。はじめて中継機を導入するならこれがおすすめです。

▼クリックして本体サイズを確認! すごーい小ささですよ!

 

BUFFALO製 WEX-1166DHP

Wi-Fi電波を家中隅々まで広げるのに適した無線LAN中継機です。

外付けアンテナがついているため特に電波の入りが悪いエリアをめがけて電波を飛ばすこともできます。

我が家では、電波の入りが悪い部屋をめがけて2階から1階にアンテナ角度を調整して電波を強化しています。

スマホを狙って高速Wi-Fiが届く、ビームフォーミング機能も備わっている多機能な中継機です。

 

中継機を導入した結果、改善

Wi-Fiの電波が広く届くようになり、また強くなりました。

Wi-Fiマークが1個から3個(最大)になり、インターネットが途切れることはなくなりました。また若干ですが速度も速くなりました。

 

速度が遅い場合の対処法

電波が悪いことが原因で、通信速度が遅くて悩んでいる方はお読みください。解決策をご紹介します。

アンテナ本数をバリバリ増やそう!

アンテナ本数をバリバリ増やそう!WiMAXの電波受信状況が悪くてアンテナが1本、2本の時は速度はあまり速くありません。

このような場合は基本的に「アンテナ本数を増やす」ことを考えるといいと思います。

既にアンテナが3本4本立っている場合はルーターの性能の問題なので、下でご紹介する機種変更を検討してみてください。

さてアンテナ本数を増やすには、基本的に場所を移動して使うということになります。

外出先でも自宅でもよいのですが、下でご紹介している記事を参考にアンテナ本数の増量にチャレンジしてみましょう。

下の記事は僕の体験談を詳しく書いたものなのですが、圏外から一気にアンテナ4本立てたという記事です。

クレードルがある方はぜひ使用してみてください。

ない方は中古でよいのでアマゾン・メルカリ・ヤフオク等で安く入手されることをおすすめします。

 

さらに速度アップを目指すなら、ルーター機種変更もいい選択肢

最新ルーターに変更(機種変更)今お使いのルーター、古くありませんか?

ルーターの仕様の速度を調べて、220Mbpsや370Mbpsでしたらとても古いルーターですね。それだと速度は期待できないと思います。

WiMAXの最新機種のルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」でしたら最大通信速度が708Mbpsまで速度アップしています。

その他の最新ルーターも440Mbpsとこれまた速度アップしています。

特に持ち運びできる「Speed Wi-Fi NEXT W05」、自宅専用ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」は、実際の速度も相当速くて3桁(100Mbps以上)出ている報告もあります。

機種変更するというのも速度アップさせるための基本的な対処法ですので、検討の価値はあります。

参考までにこの2つのルーターについての詳細記事をご紹介します。

持ち運び可能なモバイルルーター

自宅でのみ利用するならホームルーター

 

ルーター機種変更するなら、解約→新規をおすすめします

【再契約?】WiMAXは2年で解約、新規契約でキャッシュバックを貰おうルーターの機種変更する時は、今のサービス提供会社でルーター機種変更するのではなく、今のサービスを解約して、別の会社でWiMAXを新規契約するといいと思います。

WiMAXは、別会社でWiMAXに入り直す(新規契約)をする方が絶対的にトクをするようになっています。携帯電話の契約と同じで、WiMAXも「新規契約者を優遇」をしているからです。

WiMAXを新規契約すると会社によりまちまちですが、次のような契約特典を受けることができます。

  • 最新ルーターの無料提供
  • はじめの数カ月が月額無料

残念ながら、同じ会社でWiMAXの契約を継続しても特典はもらうことができません。新しい会社で申し込みし直すことは、機種変更で最新ルーターに手に入れ、かつ節約する必殺技です。

おすすめは「ブロードワイマックス」です。最新ルータがすべて揃っていますし、ルーターはすべて無料という太っ腹なので個人的に一番おすすめです。そして何より月額料金がWiMAX業界で最安値であることも評価できます。総支払額で最安値です。

▼ 総支払額で最安値、1日換算91円〜

(比較グラフ)本当にブロードワイマックスは安い?

 

インターネット接続が頻繁に途切れる場合の対処法

WiMAXの電波が悪くてインターネット接続が途切れている場合もありますし、そうではなくPC・スマホ側(クライアント側)に問題がある場合もあります。

まずは基本的なことからですが、以下の順でお試しください。

 

ソフトウェアをアップデートする

まずは、Wi-Fiルーターについてはファームウェアが最新になっているかをご確認ください。

またPCは、OSのアップデートが最新状態になっているかをご確認ください。

WindowsならWindows Update、Macならアップルメメニューから「このMacについて」でソフトウェアが最新かどうかを確認します。

 

再起動して様子を見る

連続使用により調子が悪くなる場合もあるため、念のためWi-Fiルーター、PCともに再起動(電源ON・OFF)して改善するかどうかお試しください。

 

周波数を変更する

Wi-Fiルーターが利用する周波数は2.4GHz帯です。この2.4GHz帯はよく使われている周波数で、例えば電子レンジが同じ周波数帯です。

電子レンジの電磁波は強力なため、使用中に本体から電磁波がでます。また隣近所が電子レンジを利用している場合も影響がでる場合もあります。

他にもコードレス電話、ワイヤレスイヤホン、ワイヤレススピーカーも同じ周波数帯でWi-Fiに影響を及ぼします。

少し古いWi-Fiルーターは2.4GHz帯しか使えないのですが、最新端末であれば「5GHz」帯を選択することも可能です。

5GHz帯はWi-Fi以外では使用されることがほとんどない電波帯域で、電波干渉を起こしにくいので安定した通信に向いています。

そして2.4GHzと比べると障害物を回り込むのが苦手ですが、高速に通信ができます。

5GHzに対応しているかどうかは、「IEEE 802.11」の「a」に対応しているかで把握が可能です。

お使いのWi-Fiルーターが5GHz帯に対応しているのであれば、モードを変更してお試しください。

 

チャンネルを変更する

ご近所にたくさんのWi-Fi電波が飛んでいる場合、電波干渉を起こして通信が安定しないケースがよくあります。

Wi-FiをONにして飛んでいる電波の数を調べてみてください。10以上あると非常に混線している可能性がありますね。

このような場合は、使用するch(チャンネル)を変更することで電波干渉を軽減できる場合があります。その結果通信が安定します。

 

どこに問題があるのか問題切り分けをする

Wi-Fi電波は目に見えるものではないため、どの端末に問題があるのか判断がしづらいです。

問題を切り分けるために、普段利用している端末(ここではPCとする)で頻繁に接続ができれるのであれば、スマートフォン・タブレット・ゲーム機などの別のWi-Fi端末を2台以上用意します。

別端末が2台とも切れやすい場合は、Wi-Fiルーター側に問題がある可能性が高いです。

一方、別端末は2台とも切れない場合は、PC側に問題がある可能性が高いです。

 

解決策1.メーカー問い合わせ

メーカーサポートに連絡をして修理、機器交換、設定変更等により改善ができないのか問い合わせをしていただくのが良いかと思います。

 

解決策2.乗り換えで最新ルーターを入手

原因が、Wi-Fiルーター側にある場合は、Wi-Fiルーターの故障が疑われます。

もし有償修理になるようであれば、今のWiMAX2+を解約し、別会社でWiMAX2+を新規契約するという方法で最新ルーターを無料で手に入れる方法もあります。

簡単に言えばWiMAX2+の「乗り換え」ですね。

WiMAX2+は、契約時のキャンペーンが手厚いことが特徴です。

キャンペーンにより端末代が無料というサービスもあります。例えば「ブロードワイマックス」は、最新ルーターがすべて無料です。

▼ キャンペーン中、今なら初期費用&最新ルーターが無料!

(比較グラフ)本当にブロードワイマックスは安い?

 

 

電波変更:「au 4G LTE」を利用する

出典:UQコミュニケーションズ

WiMAX2+の電波は、真っ直ぐに飛ぶため障害物を回り込むのが苦手です。そのため電波が悪いとか、弱いとか言われることがあります。

そこでWiMAX2+最新機種で対応している「au 4G LTE」の電波を利用することで、この問題は解消します。

au 4G LTEは、携帯電話の電波ですので速度は速くありませんが、柔軟に建物を回り込み、そして室内にも電波がしっかり届くことが特徴です。

ただし注意点もあります。

au 4G LTEの利用は、ハイスピードプラスエリアモード別途オプション料1,005円/月がかかります。また月間通信容量7GBを超過するとWiMAX2+も速度制限対象となるので注意が必要です。

古いルーターは、au 4G LTEに対応していません。

「au 4G LTE」を利用できる端末一覧

  • Speed Wi-Fi NEXT W05(モバイルルーター)
  • Speed Wi-Fi NEXT W04(モバイルルーター)
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04(モバイルルーター)
  • Speed Wi-Fi HOME L01s(ホームルーター)

 

電波変更:「ワイモバイル」への乗り換え

WiMAX2+の電波自体が安定しないためにネットがよく切れる、あるいはWiMAX2+の電波がそもそも受信できな場合は、WiMAX2+を諦める必要があります。

そこで「ワイモバイル」に乗り換えるという手もあります。

エリアの広さはWiMAX2+と同じ程度ですが、建物内への電波の入りやすさでは「ワイモバイル」の実に優秀です。

 

まとめ

まとめ

WiMAX2+の電波が悪い理由と改善策についてお伝えしました。

WiMAX2+は、モバイル専用の電波であるため室内利用に関しては電波が入りづらいというのは事実です。

電波が室内に届かないケースでは対処のしようがないのですが、少しでも入りさえすれば、中継機を利用して電波を広い範囲に広げたり、安定させることは可能です。

また、WiMAX2+の電波がそもそも調子が悪い場合は、同じWiMAX2+の別サービスに乗り換えるのではなく、電波自体が異なる「ワイモバイル」に乗り換えるという手もあります。

電波でお悩みの方は、一度試されることをお勧めします。

以上

おすすめWi-Fi ルーター BEST3 (2018年上期)

WiMAXモバイルルーター最速「Speed Wi-Fi NEXT W05」

快適さを左右する「速さ」にこだわるなら、WiMAX史上最速ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」の一択!頭一つ抜きん出た速さ。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

電池長持ちモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」

外出先&自宅の両方で使うなら、「Speed Wi-Fi NEXT WX04」がおすすめ!モバイルルーターの命であるバッテリーを過去最高に積むことでノーマルモードで11時間持ちを実現。別売クレードルを使用すると宅内のWi-Fi電波が強化されます。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

速さと安定を備えたホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」

自宅で使うなら、強力にWi-Fi電波を飛ばすことができるWiMAXホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」をおすすめ!コンセントからの電源を供給するからパワーが違う!工事不要。届いてすぐ繋がる手軽さは一度体験するとやめられない。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サイト運営者:ぽけぞう

インターネット通信会社に10年以上勤務する現役社員です。 趣味は、ポケットWi-Fi 速度測定。 WiMAX、ポケットWi-Fi、光回線、SIMは一通り経験あり。実際販売もしています。

-WiMAX 電波改善
-,

Copyright© 遅いポケットWi-Fiにさようなら! -速度や電波を比較してみた- , 2018 All Rights Reserved.