最安WiMAX2+はここだ! 料金徹底比較【8月版】

投稿日:2017年1月29日 更新日:

なぜ、GMOとくとくBBは安い? 大丈夫なの?

GMOとくとくBB「WiMAX2+」は、初期費用が安い、月額も最安値水準、そして超高額キャッシュバックということでトータルでおトクですね。

通信業界で長年働いている僕は仕組みをよく知っているのですが、本家UQコミュニケーションズからの報奨金がたくさん入ってきているからです。

実は、WiMAX2+の本家のサービス元であるUQコミュニケーションズは、自社でWiMAX2+の販売もしていますが、それを強化するために「販売代理店」も活用しています。というかこれがメインの販売網だったりします。

たくさん販売してくれる代理店には、販売報奨金(1件販売したらいくらという手数料)の単価を上げています。

たくさん販売している代理店は、他の販売代理店よりも高額な報奨金が入ってきますから、その一部を利用者に還元して特典を魅力的にして、ますます販売量を増やす。そういう仕組みになっています。

つまり、GMOはWiMAX2+をたくさん販売している販売代理店というわけです。僕たちがWiMAX2+を契約するときは、これら競い合っている販売代理店で契約する方が料金的に断然お得な場合がほとんどです。

上の表を見ていただければ、それは一目瞭然です。本家UQWiMAXで申し込みをするが一番ソンですから注意してください。

 

安さの秘密はまだ他にもある!

GMOは、提供ルーターをすべて無料で提供しています。最新ルーターについても無料提供です。それだけでなくWiMAX契約者にGMOグループのサービスで利用できるポイントを付与したりもしています。

GMOとくとくBB「WiMAX2+」を提供するGMOインターネット(株)は、実はレンタルサーバー分野で業界No.1の取引高です。サーバーだけでなく、お名前.comのドメインサービスでも有名です。

つまり、インターネットというビジネスの土俵を一挙に支えているような企業です。東証一部上場企業でもありますね。

そんなGMOですが子会社も多くあります。

GMOは、WiMAX単体で黒字収益をあげようなどとは思っていないと思います。企業グループ全体で収益が高まれば良いという考え方だろうと思われます。

つまり、WiMAX契約者の獲得は、GMOグループの利用者を増やす取っ掛かりの一つということです。GMOグループのサービスを利用する人が増えれば、グループ全体の収益は高まるわけですからね。

特にWiMAXを契約してくれるような、ちょっとITリテラシーが高めのユーザーは、GMOグループが展開するサービスを利用してくれるユーザー層ともマッチする可能性が極めて高いと思われます。

 

最後に、WiMAX2+契約前に知っておきたいこと

WiMAX2+の基本

WiMAX2+とは、UQコミュニケーションズ(株)が展開している高速ポケットWi-Fiサービスの名称です。UQコミュニケーションズでの名称はUQ WIMAXといいます。

最高通信速度590Mbpsという高速通信、持ち運び可能なポケットWi-Fiです。このポケットWi-Fiひとつであらゆる機器をWi-Fiで繋ぐ便利な端末です。

2009年から展開している「WiMAX」というものがありますが、それの上位版が「WiMAX2+」という位置づけです。今販売されているのはWiMAX2+ですが、契約するとWiMAXも普通に使えます。

WiMAX2+は、どこで契約しても通信品質は同じ

これは結構勘違いされている方が多いのですが、WiMAX2+はUQコミュニケーションズ(株)がネットワークを運用していて、販売もしています。そして販売代理店が複数います。ですからどこで契約をしても、WiMAX2+はUQコミュニケーションズ(株)品質のサービス提供を受けることができます。

だから最後は、料金で選ぶのが正解

WiMAX2+の通信部分はどこも一緒ですので、WiMAX2+を利用すると決めたら最後は料金で選んでしまうのがコスパ的にはもっともよいです。

もちろん手厚いサポートが絶対必要という方は、サポート重視の会社を選ぶべきですがあまりそのような方は少ないのが現状です。

WiMAX2+のウリは何なのか?

WiMAX2+のウリは、「速度」「速度制限のゆるさ」です。

速度については、同様のポケットWi-Fiサービスよりも高速通信ができますね。

速度制限のゆるさについては他社よりも明らかに緩いです。これは経験上もそうですが数値的にも緩いです。

WiMAX2+は、月間通信容量の上限がありません。あるのは直近3日間の通信量10GBのみです。10GBを超過したからといって他社のように128kbpsという超低速で使い物にならないというレベルではなく、MAX 1Mbps程度のゆるい制限です。

僕のようなヘビーユーザーには、ありがたいサービスです。

ルーターは用途と速度を軸に選ぼう!

下の図で、「NEW!」は最新ルーターです。

WiMAXルーターのポジションマップ

画像利用:GMOとくとくBB

WiMAXのルーターは色々種類があって分かりづらい!という人のために、一目でわかるポジションマップ的なものを作ってみました。スペック表は見ても分かりづらいですからね(笑)

縦軸は「場所」、横軸は「速度」にしました。

まずは使う場所で、外での使用有無、家のみで使うのかといったあたりから選択肢を絞っていきましょう。

各ルーターのレビュー記事も公開していますので参考にしてもらえればと思います。

 

まとめ

料金面からWiMAX2+を比較してきました。WiMAX2+のようなサービスは、毎月の月額料金も大事ですが契約期間中に結局いくら支払うのか?といったトータルの視点も大事になってきます。

ぜひこの記事の2年間のトータル料金をご確認いただき、おトクな代理店から申し込みをしましょう。

推奨ポケットWi-Fi ベスト3

1位 GMOとくとく「WiMAX2+」

僕が一番オススメしているサービスかつ一番人気です。 コスパ最高、ルーター無料、高額キャッシュバック30,000円前後が魅力。

WiMAXは、自宅専用で使うためのホームルーターも揃えているため、固定回線の代用としてWiMAXを導入する方が今急増しています。

2位 ワイモバイル・ポケットWi-Fi

電波が繋がりやすいことが特徴。ビジネス利用・地方利用・室内利用にオススメ。

WiMAXがサービス提供エリア外という方はワイモバイルを選びましょう。速度はやや劣るものの、電波の受信のしやすさには定評があります。

3位 DTI WiMAX2+ ギガ放題プラン

DTIが販売するWiMAXサービス。 大手プロバイダだけあって、サポート体制が整っています。サポートをよく利用する方にオススメです。

-WiMAX 最安
-, , , , , ,

Copyright© 遅いポケットWi-Fiにさようなら! -速度や電波を比較してみた- , 2017 All Rights Reserved.