光コラボはマジで遅い!原因は何?オススメの乗換先、教えます

投稿日:2017年6月14日 更新日:

光コラボはマジで遅い!原因は何?オススメの乗換先、教えます料金が安くなるから!と勧誘されて光コラボにしてみたはいいけど、インターネットの速度が遅くなってお困りではありませんか?

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光
  • IIJmioひかり
  • BIGLOBE光

光コラボの代表的なサービスです。

今「光コラボ」は、あちこちで速度低下が起きていて問題になっています。信じられないことに光回線なのに、夜に1Mbpsぐらいまで速度が落ち込むという具合で正直使い物にならないレベルなわけです。

そんなわけで、あちこちでユーザーの不満が爆発しています。

このページでは、光コラボで速度低下が起きている原因・解決の見込みについて触れています。またオススメの乗り換え先についてもご紹介しています。

今の時期、僕がWiMAX2+を勧めます。光コラボを辞めてWiMAX2+に乗り換えた方がよっぽど快適だからです。

ナオト
WiMAX2+の自宅用最新ルーターは、100Mbps超の速度も出ていますよ!
【まとめ】Speed Wi-Fi HOME L01の評判・口コミ・レビュー
【まとめ】Speed Wi-Fi HOME L01の評判・口コミ・レビュー

WiMAX2+のホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」の評判・口コミ・レビューをまとめた記事です。 後半では、対抗機種である「novas HOME+CA」との比較もしていますので、 ...

続きを見る

光コラボ、衝撃の遅さ

我が家の光コラボ、速度 0.5Mbps

我が家では、「◯◯Jmioひかり」という光コラボを1年ほど前から導入していましたが、インターネットを一番利用する夜間では 0.5Mbps まで速度が低下しています。調子が良い時で3Mbpsぐらいでればいい方。

さすがに 0.5Mbps の時は、YouTubeはおろか、Yahoo! JAPANのニュースを見るのもストレスに感じる遅さです。

家族みんなで使うために入れた光回線なのに、これでは話にならないということで今月末で解約することになりました。

私も家族も一番インターネットする時間帯は、仕事から帰宅した20時~24時頃の時間帯なんですよね。この時に混雑して速度が遅くなるので困ったものです。

ナオト
WiMAX2+に乗り換えるというのも手です。自宅用ホームルーターなら光回線の代用にもなります。オススメはGMOとくとくBB。ここならルーター無料です。

 

光コラボに変えたら、速度が遅くなったという声が多数

ネットで調べてみたら、出るわ、出るわ、光コラボの速度が遅いという書き込みが多かったです。実際に速度低下で困っている方は相当いることが分かります。

しかも我慢ならないレベルというのだから事態は深刻です。

  • まさか光回線で1Mbpsを下回るとは考えもしなかった。NHKオンデマンドやYouTubeの低画質でさえも紙芝居状態。最近は完全に動画が止まったり、タブレットで本を読むときでさえ読み込みで止まる。さすがにイライラがピークです。
  • 最近ぷららの光コラボは夜に異常に重くなって28kbpsです。ダイヤルアップ並み?
  • プロバイダーのBiglobeが最近混雑してるのか、あるいはマンションでフレッツ光マンションを使用してる家庭が増えたのか夜は異常に遅い。
  • 下り2Mbpsの上り4Mbpsだもんなぁ。朝なら上り99Mbps出るのに。
  • 光コラボにしたはいいけど速度が遅い。夜の混みあう時間帯になると以前の1/10に低下。5Mbpsとか。これではまったく使いものにならない
  • ソフトバンク光になってから回線速度は前より遅いし安定しないし、なによりPingが遅くなってるのが困る。
  • ソフトバンク光やばい、遅いなんてもんじゃない、Yahoo!のホームページが開かないレベル。
  • ほんと光コラボに変えなきゃよかったってくらい動画の処理遅い、キレそう。
  • 光コラボにして夜になると遅くなる。ADSL時代の方がまだ速かった。苦情も殺到してるだろうに、なぜ改善しないのか理解に苦しむ。切り替えるしかないのかな。
  • 夜になると、ぷららのフレッツ回線は速度が出ない。2Mbpsくらい。
  • ダウンロード速度は3.05Mb/sと格安SIM並み。これが毎晩続くとのは悪夢としか言いようが無い。
ナオト
WiMAX2+に乗り換えるというのも手です。自宅用ホームルーターなら光回線の代用にもなります。オススメはGMOとくとくBB。ここならルーター無料です。

 

光コラボ速度低下の原因、今後の改善見込み

そもそもなぜ遅い?

一言で言ってしまうと、ユーザーが増えすぎてサービス提供するプロバイダ側の設備増強が追いついていないからです。

光コラボで、一番新規顧客獲得を伸ばしているのはNTTドコモの「ドコモ光」です。これが原因と言ってしまってもいいかと思います。

ドコモショップで「ドコモ光」というサービス名で売っているあれです「スマホとセット契約にしたらフレッツ光が安くなりますよ」と店員さんに勧められ、みんな加入しちゃいます。

NTTドコモは、NTT法という法律の中で事業をしていますが、これまでフレッツ光の販売が許可されていませんでした。NTTグループがシェアを独占してしまう恐れがあったからですね。

しかし、ドコモはスマホでソフトバンク・KDDIにシェアを奪われ、半分以下ぐらいまでシェアが落ちました。

「じゃあ、そろそろドコモも光回線の販売始めていいよ!」と国から許可が下りたわけです。

しかし、ドコモの販売力はハンパじゃありません。ドコモ光の契約者がどんどん増えてしまいました。

その結果、光コラボで速度低下が起きている(これだけではないけれど)わけです。

光コラボの速度が回復する目処は立っていない

設備増強は、インターネット通信サービス提供するプロバイダ側が行うものです。しかし増強の進みは遅く、完全回復の目処が立っていないプロバイダばかりです。

NTTは、各プロバイダからのNTT施設内の設備増強リクエストに一杯一杯で、増強されるのは数カ月待ちというプロバイダが多いです。日付の目処すら立っていないのです。

ですから、プロバイダとしては有効な対応策が打てないでいます。それぐらいユーザーが増えすぎてしまっているのです。

ナオト
WiMAX2+に乗り換えるというのも手です。自宅用ホームルーターなら光回線の代用にもなります。オススメはGMOとくとくBB。ここならルーター無料です。

プロバイダに問い合わせるも、速度回復の見込みなし

僕が自分で利用しているプロバイダーに速度低下について問い合わせたところ次の回答を得ました。

A社
利用者が増え負荷の高い状況が続いている。具体的な対応時期は未定。

B社
NTTから借用している設備の混雑等に起因する現象で現時点で改善の目処はたっていません。

速度が回復するのは数年後か、下手したら回復しない可能性もある

設備増強は、利用が集中している品質が落ちまくっているエリアから進めることが普通です。そして増強には時間とお金がかかります。

2015年に光コラボが開始されて丸2年が経過しましたが、いまだに速度改善が進んでいない状況からして期待薄ですよね。

あと数年したら落ち着くかもしれません。地方都市での設備増強は1~2年後かもしれませんし、もっと先かもしれません。

あとは¥設備増強をしない事業者も絶対にいます。莫大なお金がかかる増強なので、そもそもお金がないという事業者もいます。

光コラボの悪評でユーザー離れが起こるだろうことを見越して、「そのうち空いて自然に速度も戻るだろう」的なあまい考えのインフラ素人の事業者も多いからです。

NTTが始めた光コラボですが、自らの首を絞めるという情けない状況になっています。

ナオト
WiMAX2+に乗り換えるというのも手です。自宅用ホームルーターなら光回線の代用にもなります。オススメはGMOとくとくBB。ここならルーター無料です。

 

そもそも光コラボって何?

ナオト
この段落は、興味がある人だけご覧いただければと思います。 「光コラボ」って分かりづらいですよね。裏事情を少し噛み砕いて説明をしています。

光コラボが始まった経緯

従来、NTT東日本とNTT西日本は、フレッツ光というブランドで光回線をお客さんに直接販売していました。

だけど日本全国にフレッツ光を導入してしまい新規導入数は頭打ちになったので、これ以上の新規導入は難しいと判断しました。

そこで

「フレッツ光を売りたいという事業者を集めて、俺たちがフレッツ光を卸してあげよう!それなら仕事ラクになるしいいわ〜」

出来たのが「光コラボレーションモデル(光コラボと呼ばれている)」というものです。

そう、光コラボレーションモデルというのはNTTが各事業者に光回線を卸して、各事業者が自社商品とセットにして新たな付加価値を付けてサービス提供する新しい光回線なのです。

光コラボ、NTTの3つの狙い

NTTの狙いとしては3つほどあってこんな感じです。

1.フレッツ光の付加価値向上
NTT以外の事業者がフレッツ光と自社商品を組み合わせて独自商品として売り出すことで、フレッツ光のさらなる「付加価値の向上」が期待できる。

2.成長市場に集中して利益拡大
フレッツ光の普及ビジネスはある程度成果がでて終わりました。次にNTTが目をつけたのは、そのインフラの上で動くサービスやソリューション提供です。成長市場に集中して利益を拡大したいと考えています。

3.コスト削減
フレッツ光を自社で提供していくにはキャンペーンで新規顧客を獲得したり、サポートするにも莫大なコストが掛かります。各事業者にフレッツ光を卸して販売・サポート・請求もまとめてやらせてしまえば、すべてお任せできるからコストがめちゃ浮く。

光コラボは失敗に終わった。信用回復はこれからだ

光コラボは失敗に終わりそうです。

というよりも上でご紹介したとおり、これだけ光回線ユーザーの利便性を下げ、不満を高め、2年経ってもまだ解消の見込みすら立たないサービスなので、もう「失敗した」と言っていいでしょう。NTTを筆頭に通信業界全体で失敗しました。

今後、顧客の信用を取り戻すには時間がかかります。

オススメの乗り換え先

別の光サービスに乗り換える

速度を重視する人は、光コラボを解約して新規に別の光回線サービスに加入する方法があります。

光コラボでない光回線サービスを選ぶ必要があります。代表的なのはこの2つのサービスです。

  • NURO光
  • auひかり

関東ならNURO、それ以外ならauひかりを選択すれば快適にサービスを使えるでしょう。

解約のタイミングによっては、途中解約による違約金が発生してしまうので契約内容をご確認の上、乗り換えるのがいいです。

WiMAX2+に乗り換える

光でなくてもOKの人は、速度と料金のバランスがよい「WiMAX2+」をオススメします。余程のヘビーユーザーでなければ、WiMAX2+で十分なケースが多いです。

WiMAX2+の最大のメリットは「工事なしで使える」ということ。工事費はかかりません。契約したらルーターが届くのでその電源をONにしたらネットが繋がります。

そしてコスパもよく、光回線よりも年間で1~2万円安く済みます。

オススメのWiMAX2+は、GMOとくとくBB「WiMAX2+」です。

ルーターも無料ですし、新規契約特典で数万円規模のキャッシュバックが貰えます。光コラボの途中解約の違約金が発生しても、このキャッシュバック特典で相殺できてしまうケースがほとんどだと思います。

僕がオススメするWiMAX2+はこちら!

GMOとくとくBB「WiMAX2+」
GMOとくとくBB「WiMAX2+」のメリット・デメリット、みんなの評価は?

このページでは、GMOとくとくBB「WiMAX2+」のメリット・デメリット、利用者の声を掲載しています。 WiMAX2+を利用したいけれど、GMOとくとくBB「WiMAX2+」でよいか迷っていませんか ...

続きを見る

 

WiMAX2+のご紹介

WiMAX2+の特長

WiMAX2+は、UQコミュニケーションズ(KDDI系列の会社)が提供する「無線インターネットのサービス」です。

小型のモバイルルーター、自宅専用のホームルーターなどが用意されているので、用途に応じてルーターを選んでサービスを利用できます。

こんなルーターが提供されます。

WiMAX2+の代表的なルーター

出典:UQコミュニケーションズ

WiMAX2+の速度は、今や光コラボより上です

光コラボは上でご紹介した通りものすごく遅いです。1桁ですからね。

そんなわけで今や、WiMAX2+が光コラボを上回ってしまっています。

WiMAX2+の実際の速度はかなり出ています。例えばこちらの「Speed Wi-Fi HOME L01」は、自宅専用ルーターで100Mbps以上の速度を記録しています。

【まとめ】Speed Wi-Fi HOME L01の評判・口コミ・レビュー
【まとめ】Speed Wi-Fi HOME L01の評判・口コミ・レビュー

WiMAX2+のホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」の評判・口コミ・レビューをまとめた記事です。 後半では、対抗機種である「novas HOME+CA」との比較もしていますので、 ...

続きを見る

自宅の固定回線としてWiMAX2+を導入する人が増えている

WiMAX2+を自宅の固定回線として導入する人が増えています。サービスとしてだいぶ成熟して、速度も十分出てきているからですね。

こちらの記事も参考になると思います。

WiMAX2+は、自宅の固定回線にできる?導入前チェックポイント

WiMAX2+を自宅の固定回線として利用できるか?導入前のチェックポイントを掲載しています。 目次1 WiMAX2+は、自宅の固定回線にできるのか?2 【自宅でWiMAX2+】導入前チェックポイント2 ...

続きを見る

WiMAX2+の料金は、光コラボより安い

WiMAX2+の良さは、光コラボ(光回線)よりも料金が安いことです。

工事がないので初期費用がかからない、ルーターもきちんと選べば無料の会社がある、月額費用も安いということで光コラボよりもかなり料金的にはオトクと言えます。

WiMAX2+ 光コラボ(例.ドコモ光)
工事費 なし 戸建て18,000円
マンション15,000円
ルーター料金 0円 月額300円
月額料金 4,263円 5,200円

光コラボは最も利用者が多いドコモ光を例として取り上げました。

WiMAXは、最も人気のあるGMOとくとくBB「WiMAX2+」を例として取り上げました。

 

WiMAX2+の契約期間は2年

光コラボ同様、WiMAX2+も契約期間は2年です。

WiMAX2+ 光コラボ(例.ドコモ光)
最低利用期間 2年 2年

WiMAX2+は、代理店で申し込むと一番トクをする

WiMAX2+は、色々な会社で申し込むことができます。本家のUQコミュニケーションズでも申し込めますし、提携している販売代理店からも申し込みが可能です。

で、ここから大事なのですが、もし申し込みをするときは販売代理店の方がいいですよ。

なぜかというと最新ルーターが無料提供されていたり、新規契約時の特典として数万円近い現金キャッシュバックが貰える会社があるからです。オススメのWiMAX2+は、GMOとくとくBB「WiMAX2+」です。

 

最新ルーターも含めルーターはすべて無料ですし、新規契約特典で数万円規模のキャッシュバックが貰えます。光コラボの途中解約の違約金が発生しても、このキャッシュバック特典で相殺できてしまうケースがほとんどだと思います。

初回契約のキャンペーンで現金3万円近い特典があるWiMAX2+はこちら!

GMOとくとくBB「WiMAX2+」
GMOとくとくBB「WiMAX2+」のメリット・デメリット、みんなの評価は?

このページでは、GMOとくとくBB「WiMAX2+」のメリット・デメリット、利用者の声を掲載しています。 WiMAX2+を利用したいけれど、GMOとくとくBB「WiMAX2+」でよいか迷っていませんか ...

続きを見る

WiMAX2+は、どこで申し込みをしても回線品質は同じ

WiMAX2+はどこで申し込みをしても、回線品質は同じです。大元のUQコミュニケーションズという会社がすべてを握ってコントロールしているからです。

違い何かというと、新規契約時のキャンペーン特典、サポートの有無、料金、付帯サービスです。

ですが多くの販売業者は、「新規契約時のキャンペーン特典」で差を付けて顧客獲得競争をしています。

ですから僕たち消費者は、それにうまく乗って一番料金的にトクをする所でWiMAX2+を契約するというのがいいと思います。

【2017年5月版】一番安いWiMAX2+はコレ!料金の徹底比較まとめ
【2017年6月版】一番安いWiMAX2+はコレ!料金の徹底比較まとめ

WiMAX2+の契約を検討されている方は、絶対に料金比較をされることをお勧めします。 どこから申し込むかで利用料が全然違いますので、せっかく申し込むのですから最大限トクしましょう! このページでは、毎 ...

続きを見る

 

まとめ

光コラボの速度が遅い状況、背景などを説明しました。ちょっと話が長くなってしまいましたね

僕はインターネット通信会社に勤務していて、光コラボを提供する事業者側にいるのですが、光コラボの速度低下は、おそらく数年は解消しないのではないかなというのが僕の見方です。

設備増強の遅れもそうですが、やっぱり一番の理由は、NTTが契約者数をコントロールできなくなったことが大きいです。

今までは自社の設備増強計画にあわせて、新規顧客を獲得するということができていましたが、販売を他社に任せるようになって以降は、そのコントロールを完全に失いました。

全国に数百社といる事業者に、光回線を卸しているのですからそれはそうですよね。
やっぱりそれじゃあ、高品質な通信インフラは提供できないよね。と思うわけです。

その点、UQコミュニケーションズのWiMAX2+はこれがうまいです。提携会社を一気に増やさず着実に増やしていくようなスタイルです。

インターネットは安定したインフラでないと困るし、速度が遅いと困るので、しっかりとしたサービスを選びたいものですね。

WiMAX2+は、個人的にかなりオススメですよ。

 

WiMAX2+の速度が気になる方は、ポケットWi-Fiの速度比較記事もご覧ください。

ポケットWi-Fiの最高通信速度比較!実際の速度も比較してみた
ポケットWi-Fi 速度比較! 実際の速度も比較してみた

ポケットWi-Fiの通信速度を比較した記事です。 日頃ポケットWi-Fiの通信速度が遅くて不満に感じている方はいませんか? サービス・ルーターをしっかり選ぶだけで、速度は結構改善できます。 このページ ...

続きを見る

推奨ポケットWi-Fi ベスト3

GMOとくとく「WiMAX2+」

僕が一番オススメしているサービスかつ一番人気です。 コスパ最高、ルーター無料、高額キャッシュバック30,000円前後が魅力。

WiMAXは、自宅専用で使うためのホームルーターも揃えているため、固定回線の代用としてWiMAXを導入する方が今急増しています。

ワイモバイル・ポケットWi-Fi

電波が繋がりやすいことが特徴。ビジネス利用・地方利用・室内利用にオススメ。

WiMAXがサービス提供エリア外という方はワイモバイルを選びましょう。速度はやや劣るものの、電波の受信のしやすさには定評があります。

DTI WiMAX2+ ギガ放題プラン

DTIが販売するWiMAXサービス。 大手プロバイダだけあって、サポート体制が整っています。サポートをよく利用する方にオススメです。

よく読まれている記事

ポケットWi-Fiの最高通信速度比較!実際の速度も比較してみた 1

ポケットWi-Fiの通信速度を比較した記事です。 日頃ポケットWi-Fiの通信速度が遅くて不満に感じている方はいませんか? サービス・ルーターをしっかり選ぶだけで、速度は結構改善できます。 このページ ...

2

WiMAX2+の電波が弱い理由と改善策について掲載しています。 自宅利用における改善策を掲載していますので、電波が入り具合が悪い、速度が遅い、インターネットが途切れやすくてお悩みの方はぜひお読みくださ ...

【2017年5月版】一番安いWiMAX2+はコレ!料金の徹底比較まとめ 3

WiMAX2+の契約を検討されている方は、絶対に料金比較をされることをお勧めします。 どこから申し込むかで利用料が全然違いますので、せっかく申し込むのですから最大限トクしましょう! このページでは、毎 ...

実際の速度は?WiMAX vs ワイモバイル。下り上りPINGまで 4

契約を検討する際には、実際の速度がどれぐらい出るの?って気になるところですよね。 本ページは、「WiMAX2+」と「ワイモバイル」のポケットWi-Fiについて、複数箇所で同じ条件の元に測定を実施した比 ...

【再契約?】WiMAXは2年で解約、新規契約でキャッシュバックを貰おう 5

WiMAXの更新月を迎えたあなた! 契約をそのまま同じ会社で継続されますか? それとも2年の「更新月」のタイミングで解約し、他社で新規契約をしますか? 悩むのも無理はありません。 実は私も過去に同じこ ...

【まとめ】Speed Wi-Fi HOME L01の評判・口コミ・レビュー 6

WiMAX2+のホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」の評判・口コミ・レビューをまとめた記事です。 後半では、対抗機種である「novas HOME+CA」との比較もしていますので、 ...

【まとめ】SoftBank Airの評判・口コミ・レビュー(2017年) 7

SoftBank Airの評判・口コミ・レビューをまとめた記事です。 「使い放題」が特長のSoftBank Airを検討されている方も多いのではないでしょうか。自宅にWi-Fiを手軽に導入できるという ...

【2017年最新】ワイモバイルとWiMAX2+の最新比較、電波・エリア・速度制限まで一挙に比較 8

ポケットWi-Fiを検討されている方は、WiMAX2+にしようか、ワイモバイルにしようかでよく悩まれています。このページをご覧になって比較検討してもらえればと思います。 ポケットWi-Fiにこの2大サ ...

自宅WiMAXの電波が大幅改善。圏外から一気にアンテナ4本にした方法 9

このページでは、私の実体験に基づき自宅WiMAXが圏外でインターネットができない状態から、一気にアンテナをバリバリ4本立たせる方法についてご紹介しています。 自宅がWiMAX圏外で困っている方、アンテ ...

10

WiMAX2+を自宅の固定回線として利用できるか?導入前のチェックポイントを掲載しています。 目次1 WiMAX2+は、自宅の固定回線にできるのか?2 【自宅でWiMAX2+】導入前チェックポイント2 ...

-インターネットの選び方
-, , , ,

Copyright© 遅いポケットWi-Fiにさようなら! -速度や電波を比較してみた- , 2017 AllRights Reserved.