無制限ポケットWi-Fiの最安値!料金比較!おすすめはコレ

投稿日:2017年7月24日 更新日:

無制限ポケットWi-Fi 徹底比較!無制限ポケットWi-Fiをお探しではないでしょうか。

制限なし、安いこと、速度の速いポケットWi-Fi が欲しい!

僕もこんな条件でポケットWi-Fiを探していました。

そして今では、無制限ポケットWi-Fiを契約して、毎日使い倒しているヘビーユーザーです。特に「制限がない」のは最高です。

 

さて、このページでは次の内容についてご紹介させていただきます!

  • 無制限ポケットWi-Fiを比較して、どれがトータルで一番安くて速いか?
  • 無制限による快適さ、めちゃくちゃ大事な"使い勝手"の話。
  • 結局、どれが一番おすすめなのか?

 

目次

2017年12月、最安値の無制限ポケットWi-Fiは「WiMAX2+」

おすすめの無制限ポケットWi-FiはWiMAX2+結論からお伝えしますと、

おすすめできる無制限ポケットWi-Fiの中で一番安いのは、WiMAX2+です。

トータルで一番安いし、無制限、全国で使える、契約期間も短い、そして実際の速度も速いので、頭一つ抜けているポケットWi-Fiです。

契約数が多くて、使っている人が多いのも安心できますね。

アパート・マンションの賃貸住宅にお住いの方は、回線工事が不要なポケットWiFiはとても便利ですよ!

WiMAX2+はいくつかの会社から申し込みができるのですが、おすすめはブロードワイマックスです。一押しです。最新ルーター無料、かつ月額料金が2,726円からと安いことが特徴です。

▼ 「ブロードワイマックス」は多くの人に支持されています

(比較表)ブロードワイマックスは安い?

 

無制限ポケットWi-Fiを比較

無制限ポケットWi-Fi 徹底比較

制限なしポケットWi-Fi 選びの5大ポイント!

ポイントは5つ

  • 料金
  • 速度
  • 制限なしエリアの広さ
  • 速度制限のゆるさ
  • 契約期間

 

無制限ポケットWi-Fi 徹底比較表

無制限ポケットWi-Fiを徹底比較したのが下の表です。重要ポイントについて触れています。

無制限ポケットWi-Fi 徹底比較表※WiMAX2+は、最も人気のあるブロードワイマックスを例に計算。

 

赤枠:優れている点です。

ご覧の通り、

「WiMAX2+」か「ワイモバイル」

が良いことが分かります。

スマモバ、docomo、au、SoftBankのポケットWi-Fiは無制限ではありません。だから契約してはダメです。

 

安い料金、実際の速度、速度制限のゆるさを比較して、僕は「WiMAX2+」をおすすめします。

▼ Web限定キャンペーンで初期費用0円、最新ルーターも0円!

(比較表)本当にブロードワイマックスは安い?

 

ワイモバイルもダメではありません。

しかし、お使いになるエリアがWiMAX2+のサービス提供エリア外だった場合の2番手候補として検討されることをおすすめします。

[疑問] ワイモバイルのメリットは、ないの?

そんなことはありません。

  • WiMAX2+よりも室内における電波が少なからず入りやすいです。
  • 一部のオンラインゲームをするのに適しています。PING応答速度がWiMAX2+よりも速いので、FPSなどレスポンスの速さが求められるゲームに対応できます。
  • 普段使うエリアがピンポイントでWiMAX2+非対応エリアだった場合に、2番手候補として検討するメリットあり。

 

料金比較、WiMAX2+が一番安い

月額料金の定価、キャンペーン等を考慮した実質月額料金のを比較して、トータルで安いのはWiMAX2+です。

2年間の実質月額で2,647円で使い放題なのでかなりおトク感がありますね。そして速度、契約期間、エリア、使い勝手の面でも一番です。

ワイモバイルは、キャンペーンがほぼないことと、ルーター料金が高額なことがデメリットです。

 

速度比較、実測で速いのはWiMAX2+

実際の速度もWiMAXが速い
実際の速度は、WiMAX2+の方が速かったです。

僕は両方のサービスを使っていますので、「実際の速度」で比較して、やはりWiMAX2+の方が全体的に速度が上、かつ速度にムラがなく安定していると感じます。速度だけでなく総合的に見てもやはりWiMAX2+が上なのは間違いないです。

 

無制限エリア比較、WiMAX2+の方が広い

WiMAXとワイモバイルでは、無制限エリアの広さに違いがあります。

早速ですが、サービスエリアマップをご覧ください。

これは、各サービス提供元の公表しているサービス提供地域を示した地図です。

無制限エリアの広さに違いがあります

出典:WiMAX公式サイト、ワイモバイル公式サイト

いずれもWiMAX2+の方が無制限エリアが広いことが分かりますね。特に差が顕著なエリアをピックアップしました。

僕が調べた限り、ワイモバイルが優っている無制限エリアは確認できませんでした。

ピンポイントで調べるとエリア内・エリア外はあると思いますが、都道府県レベルで見た場合、やはりWiMAX2+が圧倒的に広いですね。

 

▼地図の見方(ご参考)

WiMAX2+

赤色がついている部分がすべて無制限エリアです。ギガ放題プランを選択すれば、ネットが繋がるエリアはすべて無制限となります。とてもシンプルですね。

ワイモバイル

青色部分が無制限エリア(アドバンスモード対応エリア)です。赤色部分は容量上限7GBまでのエリアです。

ワイモバイルの場合、基本は月7GBの上限の定めのある契約ですが、これに「アドバンスオプション(月額684円本体価格)」を付けることで青色部分で無制限通信となります。

 

完全なる無制限ポケットWi-Fiは、世の中に存在しない

残念ながら、日本にあるポケットWi-Fi で、何の制限もないポケットWi-Fiサービスは存在しません。光回線ですら制限があります。

WiMAX2+とワイモバイルにも短期容量制限というものが存在します。

簡単に言ってしまえば、直近3日間で10GB以上通信をした人は、一定期間だけ通信速度を遅くする、というものです。

高価なネットワーク資源をみんなで共有して利用しているため、一部のごく限られた利用者が大量に通信してしまうと、サービスの品質維持ができなくなるためです。

しかし、実質的に無制限と言ってよいレベルの「WiMAX2+」や「ワイモバイル」があるので、これらをうまく活用しましょう。

 

3日で10GBは、どれぐらい通信できるのか

10GBあれば、メール、LINE(テキスト、スタンプ)、SNS系、通常Webページ閲覧に関しては、ほぼ無制限といってもいいぐらい使えます。意識する必要がないレベルです。

 

3日10GBで、YouTubeを何時間視聴できる?

ぽけぞう
一番容量を使うのは「動画」です。例えばYouTubeを例にすると、次のような感じです。思ったより視聴できるんです!
画質 スマホで視聴 PCで視聴 3日10GBで観れる時間
360p
(200MB/h)
画質普通レベル やや荒い 50時間
480P
(400MB/h)
画質綺麗レベル 画質普通レベル 25時間
720P
(700MB/h)
画質超綺麗レベル 画質綺麗レベル 14時間
1080P
(1300MB/h)
画質超綺麗レベル 画質超綺麗レベル 7時間

おそらく大半の方は、480Pの画質で見ていることが普通だと思います。

そうすると3日で25時間見ることができます。1日8時間見てもまだ上限値には達しないことがお分かりいただけます。

どうでしょうか、3日10GBというのはかなり制限がゆるいことがお分かりいただけると思います。

そして10GBに達しても、最大1Mbpsの通信速度に制限されるだけですので、メール、SNS、軽めのWebページなどは普通に見れます。

実際我が家では、毎日dTVを2時間観たり、子供がYouTubeをやはり2時間ぐらい見ていますが、こんな程度では制限にひっかかりません。

 

速度制限の比較、一番ゆるいのはWiMAX2+

 

ここで大事なことは、「いつ制限が開始されるか」 です。

 

[短期容量制限]  短期間に大量に通信した場合の速度制限

WiMAX2+ ワイモバイル
制限条件 3日10GB 超過時 3日10GB 超過時
制限後の速度 1Mbps 1Mbps
制限期間 翌日18〜26時まで 当日18~25時まで
使い勝手の評価 問題ない 当日に制限がかかるため、やや使い勝手悪い

※1Mbpsの速度は、YouTubeの標準画質の動画を正常に視聴できる程度の速度です。Webサイト閲覧、SNS等も少し遅めですが問題なくできます。

 

ポケットWi-Fiを解説するサイトは山ほどありますが、制限開始のタイミングの違いを、しっかり理解して触れているサイトはありません。

 

ここはすごく重要です!使い勝手の話です。

 

想像してみてください。

インターネットで動画を見ている時、突然速度が低下して動画がカクカクしだしたら、とても嫌ですよね。

 

WiMAX2+とワイモバイルの短期容量制限は、一見すると似ています。しかし、まったくの別物です。「制限が開始される日」に違いがあります。

 

  • WiMAX2+は、「翌日18時~26時」までの8時間速度が低下します。
  • ワイモバイルは、「当日18時~25時」までの7時間速度が低下します。

 

ぽけぞう
「翌日」か「当日」かの違いは大きいです!

僕の経験から言うと、夜に動画を観ていて3日10GB制限にかかると、すぐに動画の視聴に問題が出てくるのはワイモバイルです。「当日」に速度制限が実施される仕様だからからです。

一方、WiMAX2+の場合は、3日10GB制限にひっかかっても、当日はガンガン通信ができます。そして「翌日」になると速度制限が実施されます。だから動画を観ていても何の問題も起きないのです。

この違いは2社サービスを利用した僕が感じた、特に大きな違いだと感じます。

実質無制限を実現する上で大切な「速度制限のゆるさ」について、WiMAX2+が優っています。

▼ 月額2,726円〜、ブロードワイマックスは2年間総支払額で最安値

(比較表)本当にブロードワイマックスは安い?

 

契約期間が短いのはWiMAX2+

WiMAX2+は2年契約、ワイモバイルは3年契約です。あまり長い契約にしても乗り換えづらいので、なるべく短い方がいいですよね。

 

やっぱり、WiMAX2+が一番おすすめできる

上記の通り、無制限ポケットWi-Fi は、「WiMAX2+」がよいことが分かりました。

▼ 「ブロードワイマックス」は多くの人に支持されています

(比較表)ブロードワイマックスは安い?

 

ここからは、「WiMAXをおすすめできる理由」を3つほど挙げてご紹介します。

理由1:ギガ放題プランで無制限に使える

WiMAX2+の「ギガ放題プラン」は、月間通信容量の上限がないサービスです。つまり、どれだけ使ってもいいプランです。

WiMAX2+は、このように無制限をウリにしたサービスで有名です。契約する多くのユーザーは、ギガ放題プランを選択しています。

 

理由2:料金が安い

2年間トータルで安いです。次の点が、安さに繋がっています。

  • 月額料金が安いこと
  • 最新ルーターが無料であること
  • 新規契約時の特典が充実

 

理由3:WiMAX2+は今後も期待できるサービス

WiMAX2+は、今後も期待が大きいサービスです。

せっかくなら、サービスが一層強化されていくサービスを選んだ方がいいですよね。WiMAX2+が目指しているところは、光回線並みの高速化、エリアの拡大・高密度化です。

WiMAXのこれまでの歴史をみると、通信速度は飛躍的に向上しています。40Mbps → 110Mbps → 220Mbps →440Mbps → 708Mbps と猛烈に通信速度を向上させています。回線の増強にはかなり積極的です。

またエリアについても、毎週エリア拡大ニュースを出していますし、積極的に日本全国あちこちに通信設備を設置しています。

少なくともこの数年は、使い勝手が良くなることはあっても、悪くなることはないというのが、WiMAX2+だと思っていただいてよいかと思います。

▼ Web限定キャンペーンで初期費用0円、最新ルーターも0円!

(比較表)本当にブロードワイマックスは安い?

 

WiMAX2+を知る

WiMAX2+を知る

WiMAX2+でできること

画像利用:softbank

基本的なインターネットの使い方でしたら、問題なく対応可能です。もちろん自宅、外出先どちらでも利用可能です。

 

WiMAX2+でできること

  • WEBページ閲覧、SNS
  • 長時間の動画再生
  • 重たいゲームアプリや音楽をダウンロード
  • アプリ・OSのアップデート

 

WiMAX2+でできないこと(適さないこと)

できることが多いWiMAX2+ですが、適さない使い方もあります。

WiMAX2+でできないこと(適さないこと)

  • 一部のオンラインゲーム
  • 専業によるオンライン取引トレード(株・FX)
  • 自宅サーバー

WiMAX2+は、PING応答速度が50msとやや遅めです。端的に言えば「レスポンスの速さ」です。

これによる問題点としては、一部のオンラインゲーム(特にFPSなど)ではラグが発生することがよくあります。

また専業のオンライン取引トレーダー(株・FX)の方、自宅サーバーで利用される方は光回線を利用しましょう。非常に高速な通信速度が必要ですので、WiMAX2+では厳しいと思います。

僕がお勧めできるサービスは「GMOドコモ光」です。GMOドコモ光は、光回線の中でもかなり速度が出ています。

速度をエリア別に公開していますし、利用者の声を集めてみてもやはり速度は出ていますので、速度がきちんと出る光回線ということならここはお勧めです。

しかも安いですからね。ぜひ検討候補に入れるとよいサービスです。

 

おすすめのルーター

持ち運ぶなら「Speed Wi-Fi NEXT W04」

出典:UQコミュニケーションズ

Speed Wi-Fi NEXT W04は、最高通信速度の速いルーターです。

速度・エリアは申し分なく、外でも室内でも使うことができるルーターです。

誰が使っても一定の満足感は得られると思います。

▼ Web限定キャンペーンで初期費用0円、最新ルーターも0円!

(比較表)本当にブロードワイマックスは安い?

 

自宅で使うなら置くだけWi-Fi「Speed Wi-Fi HOME L01」がおすすめ

【まとめ】Speed Wi-Fi HOME L01の評判・口コミ・レビュー

出展:ブロードワイマックス

Speed Wi-Fi HOME L01は、WiMAX2+を自宅で使うためだけに開発されたルーターです。いわゆる「置くだけWi-Fi」というものです。

コンセントに差し込んで電力を供給するため、室内でWi-Fi 電波がよく飛びます。

室内Wi-Fi電波の強度で言えば、専用機だけあってSpeed Wi-Fi NEXT W04よりも強力です。

一人暮らしはもちろん、家族でインターネットを使いたいという方は、こちらがおすすめです。

 

ルーターの選び方 カンタン動画!

 

WiMAX2+の契約方法

WiMAX2+は、インターネット契約、家電量販店(ヤマダ・ヨドバシ・ビッグカメラなど)で契約する2通りの方法で契約可能です。どうしても店舗で説明を受けながら契約をしたい場合は、家電量販店をオススメします。

そうでない方は、手間がなく、かつ契約特典も充実しているインターネット契約をおすすめします。

インターネット契約はおトクが満載です。中でも「ブロードワイマックス」はすごい!

ブロードワイマックスは、最新ルーターがすべて無料です。

それだけでなくWeb限定申し込みで初期費用無料、そして月額料金は2,726円からとWiMAXの中でも最安級です。そのためWiMAX販売会社では一番人気があります。

▼ Web限定キャンペーンで初期費用0円、最新ルーターも0円!

(比較表)本当にブロードワイマックスは安い?

 

インターネットで契約できるWiMAX販売会社はたくさん。どこがいい?

画像利用:UQコミュニケーションズ、GMOとくとくBB、DTI、So-net、@nifty、BIGLOBE

僕は、ブロードワイマックスをオススメします。

実際に僕が使っていて満足しているからというのもありますけど、細かく比較してもここが一番ルーターのラインナップが豊富、料金的にも安く済むので「コスパ最強」だと思いますね。

▼ 「ブロードワイマックス」は多くの人に支持されています

(比較表)ブロードワイマックスは安い?

 

WiMAX2+は、UQコミュニケーションズが提供するサービスです。いわゆるこの会社が本家本元です。UQ WiMAX本家でも契約できますがおすすめできません。UQ WiMAXは月額料金が高い、割引がほぼない、ルーターも無料ではないからです。

WiMAX2+を販売している会社はたくさんあります。大半は「販売代理店」や「インターネットプロバイダ」です。

実際提供されるサービスに違いがあるかについては、下をご覧ください。

どこで契約しても同じ点

  • WiMAXの通信品質(提供エリア、電波の繋がりやすさ、速度、速度制限仕様)

契約する会社によって違う点

  • 契約特典
  • 料金(主にルーター料金)
  • ルーターのラインナップ
  • サポート体制

 

WiMAX2+の通信サービス部分は、本家のUQコミュニケーションズが運営していますから、どこで契約しても同じ通信品質のサービスを受けられます。

僕たちが一般消費者が契約する際には、契約者の獲得数を競い合っている販売代理店等から契約する方が料金的に断然おトクです。

 

ブロードワイマックスの魅力は次の点です。

ブロードワイマックスロゴ

画像利用:ブロードワイマックス

ブロードワイマックスの魅力

  • 月額料金2,726円から使えるので業界最安級
  • 最新ルーターを無料提供していること(本家UQは有料)
  • 最新ルーターを在庫たっぷり確保していること(他社は品切れ多い)
  • Web限定申し込みで初期費用が無料

契約者からしたらメリットが多いと思います。特に月額料金が安いことで人気がありますよ。

▼ 月額2,726円〜、ブロードワイマックスは2年間総支払額で最安値

(比較表)本当にブロードワイマックスは安い?

 

契約時に必要なものは?

インターネットで契約するか、家電量販店等の店舗で契約するかで異なる場合が多いです。支払い方法(クレジットカード・口座振替)によって用意する書類が異なります。

契約場所 インターネット契約 家電量販店で契約
必要なもの
  • クレジットカード
  • クレジットカード
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証書)
  • (口座振替の場合)印鑑、通帳が必要

※インターネットで契約する例は、ブロードワイマックスを例にあげました。一般的にインターネットの場合、クレジットカードのみ用意すればOKのところが多いです

一方、家電量販店の場合、本人確認書類を求められる場合もあります。口座振替を選択した場合は、印鑑・通帳も必要になります。

 

最低利用期間は?

2年間です。

WiMAX販売会社によっては、3年とか4年プランを出していることもありますので契約の際に確認しましょう。

インターネットの通信サービスは、光回線を含め最低利用期間が設定されていることが通常です。2年というのは今一番短い期間設定ですね。

最低利用期間内に解約した場合、契約解除料が発生します。

 

WiMAX2+申し込み時の注意点

エリアチェックは、必ず行いましょう。
申し込みページにエリアチェックのコンテンツがありますから、ご確認ください。

下のリンクから提供エリアに入っているかどうかの「エリアチェック」をお試し下さい。

▼ 月額2,726円〜、ブロードワイマックスは2年間総支払額で最安値!

ブロードワイマックス公式

(比較表)本当にブロードワイマックスは安い?

日本全国で使えるWiMAX2+とは言え、ビルの奥まったところや、地下鉄では繋がりづらい点は把握しておく必要があります。特に地下鉄は、東京メトロがまだエリア整備が十分ではない所が目立ちますね。

 

WiMAX2+の実際の利用者の声

ここではWiMAX2+の実際の利用者の声をご紹介します。実際に今まさに利用している人にお答えいただいたものです。

 

WiMAX2+の気に入っている点

Aさん

  • 持ち運びが自由。
  • 少し前から容量制限が緩和されて、3日間で10GB以上使用しないと制限がかからなくなった。実質的に制限なし状態。
  • 別売りのクレードルを使用すれば有線接続もできて、固定回線としての代替も可能。

Bさん

  • 無制限、5,000円未満で利用できるところ。普通では考えられないです。
  • キャッシュバックキャンペーンのある所で契約したので、結果的に料金がかなり抑えられている点。
  • 持ち歩き可能なのでどこでも使うことができる。
  • 自宅でも動画も普通にみることができる。安いのに快適にネットを楽しむことができる。

Cさん

  • 速度制限が設定されているけど、制限を超えても特にスピードに関して遅いと感じることがない。
  • ルーターのデザインがシンプルで飽きがこない。
  • スマートフォンの パケット代を気にせず使えるため、オンラインゲームやyoutubeを気兼ねなく見れる。
  • 複数台同時に繋いでネットができる。

 

WiMAX2+の不満な点

Dさん

  • 都市部での使用は問題ないですが、地方だとつながりにくい場所もあるかなという印象。

Eさん

  • ルーターが古くなり、バッテリーが一日持たないのもちょっと辛いですね。家だと充電しながらできるからいいのですが、外に一日いると充電残量を気にしながらネットしないといけない点は辛いところです。
ぽけぞう
デメリットについて補足コメントしますね

地方だと繋がりづらい場合は、au 4G LTE

地方だと繋がりづらいというご意見がありましたが、そういうケースに備えて、最新ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」や「Speed Wi-Fi HOME L01」では、au4G LTEという電波が利用可能です。

これは言ってしまえば、「auの携帯電話の電波」です。

有料になりますが、WiMAX2+の電波以外にもau 4G LTEが使えるので、どうしても使うときはその時だけ使うという手があります。

バッテリーの持ち

長く使用していると、バッテリーの持ちが悪くなってくる点は、ある程度仕方がないのかなと思われます。

対処法としては、2年で契約満了で解約し、再度新たに新規契約で入り直して最新ルーターをゲットするという方法がオススメです。

あるいは、ヤフオク・メルカリなどでバッテリーだけ購入して差し替えるのがカンタンです。

 

無制限ポケットWi-Fiで手に入れられる快適さ(これ重要^ ^)

なんとなく、「無制限がいいなー」とお考えの方もいらっしゃると思います。

ここでは無制限ポケットWi-Fiを手に入れることで、どれだけインターネットが快適になるのか。

実際に僕が感じたことをお伝えさせていただきます。

ぽけぞう
無制限ポケットWi-Fiを手に入れたら、こんな感じになりますよ〜 ^ ^

▼ 「ブロードワイマックス」は多くの人に支持されています

(比較表)ブロードワイマックスは安い?

 

定額料金という安心感

無制限ポケットWi-Fiは、定額料金です。どれだけネットを使用しても、月額料金は常に一定ということですね。

これは、一番の安心感です。

この安心感は、おおいに快適さに繋がると思います。

 

通信容量を一切気にしなくて済む、気持ちがラク

無制限ポケットWi-Fiを利用して感じることは、「気持ち的にとてもラク」ということです。

容量上限のあるサービスだと、残りどれだけ使えるか?

月末まであと何日持たせなきゃ!みたいな心理が働きます。

こういうことを考えることに、疲れる人も多いと聞きます。

無制限というのは、予想以上に気持ちがラクなんです。

 

パケット追加購入が不要、手間がない

通信容量に上限があるサービスを使うと、容量が不足するとパケットを追加購入する必要があります。

これはとても面倒だし、急いでいるときはイライラしますね。無制限ポケットWi-Fiならこの追加購入の手間がありません。

 

加えて、ポケットWi-Fiならではのメリットになりますが、こんなところもいいですね。

  • 配線不要
  • 契約は1社だけで済む(契約・解約手続きも1社)
  • なんでもポケットWi-Fi 1台で済む

とてもシンプルにインターネットを楽しめるようになります。

「シンプルであること」は、無制限ポケットWi-Fiのあまり語られないメリットだと思います。

 

YouTubeをダラダラ再生できる

WiMAX2+でYouTubeをダラダラ観る

出典:YouTube公式サイト

YouTube大好きな人多いですよね。僕もその一人。

我が家では、僕より子供がYouTube大好きです。

お子さんのいる方なら、ちょっと子供にYouTube見せておきたい時ってあったりしますよね。

YouTubeは、次々動画が自動的に再生されるので便利なのですが、デメリットとしては容量をたくさん使います。

でも無制限ポケットWi-Fiなら、YouTubeをダラダラ流し続けてOKです ^ ^

1日8時間未満なら全然余裕です。

 

家族や友人とWi-Fiをシェアできる、感謝されて嬉しい

外出先・旅先では、ちょっとした隙間時間に動画を観たり、写真をSNSにアップしたりしたいですよね。

そんな時に家族や友人にポケットWi-Fiの電波をシェアすると感謝されます。無制限ですから気にせずできます。

月末近くなると、パケット容量不足でスマホの速度が遅くなっている人が多いんですよね。

だから月末のWi-Fiシェアは喜ばれます(笑)

夫婦で二人暮らしなら1台ポケットWi-Fiがあれば、複数台同時接続できるから便利だし、パケット節約にもなります。

僕の知り合いで、友人とルームシェア(いまこれ結構流行っているみたいですね)している人にも同じことをしている人がいました。

 

おまけ:スマモバ、Yahoo!Wi-Fi、格安SIM活用はどうなのか?

おまけといっても、とても大事だと思うので、同じく無制限に利用できるサービスについて触れておきます。

結論としては、いずれも僕はおすすめできないです。

 

スマモバは無制限とは呼べない。だからオススメできません

出典:スマモバ

スマモバを、検討候補として考える方もいるかと思います。
広告を積極的に出しているので目にする機会が多いですね。

スマモバは、正直言っておすすめできません。

おすすめできない理由は、無制限とアピールしておきながら「実質的には無制限ではない」サービス仕様です。

3日間で3GBの通信をすると、200kbpsまで急激に速度が落ちる仕様です。

無制限ポケットWi-Fiを検討している方の多くは、「たくさん通信をしたい」という人ですのでそもそも適さないのです。

たくさん広告しているのでよく目にするのですが、結構皆さん失敗されていますから特にご注意ください。

 

Yahoo!Wi-Fi はすべてにおいてWiMAX2+に劣る。だからおすすめできない

Yahoo!Wi-Fiを、検討候補として考える方もいるかと思います。

しかしこのサービスは、僕はあまり積極的にはおすすめできません。

おすすめは料金は安いのですが無制限に使えるサービスではありません。通信容量をご確認いただくと分かりますが、「月5GB」とありますね。つまり、ほとんどインターネットをしない人が使うサービスです。

そして通信容量が無制限タイプのYahoo!Wi-Fiもラインナップにはあるのですが、料金が高く、ルーターが古いです。速度が遅い旧式のルーターでサービスをしているので安くできるのです。

ルーターの進歩はかなり速いので、スピードはあまり期待できません。

WiMAX2+と比べてしまうと、全てにおいて劣るYahoo!Wi-Fiをおすすめする理由は見当たりません。やめておきましょう。

 

「ルーター+格安SIM」は現時点で満足いくサービスが存在しない。だからおすすめできない

AtermMR04LN

出典:価格.com

モバイルルーターを購入して、そこに無制限の格安SIMを挿せば、無制限ルーターの完成だ!

と思われる方もいらっしゃると思いますが、現時点ではオススメしません。僕が実際この方法でもネット環境を持っていますが、おすすめできませんね。

 

おすすめできない理由の一つは、モバイルルーターが無料で入手できるWiMAX2+があるのに、1~3万円する有料ルーターを購入するのはもったいないです。

もう一つは、無制限に利用できる格安SIMは、まだまだ実際の速度が遅いです。

例えばUQモバイルなどの無制限プランの速度をご存知ですか?500kbps(0.5Mbps)です。他の無制限SIMでも225Mbpsという仕様なのに、実際の通信速度で1Mbpsを下回る調査結果が普通に出ています。

 

まだまだ通信品質が低いレベルにあると、僕は判断しています。(30Mbpsぐらい高速通信ができる無制限SIMがあったら教えて欲しいぐらい^ ^)

非常に低速なサービスしかまだ世の中にありませんから用途は限られます。メールチェック、Twitterぐらいなら何とかなりますが、動画を見ることはできません。

将来的に高速通信ができて、月間通信容量が無制限のサービスが出てきたら検討価値がありますが、現時点ではやめておいたほうが無難です。快適ではありません。

参考までに、WiMAX2+では、利用して2年も経つと無料で最新ルーターに変更しませんか?という案内も来ます。

ご自身でルーターを購入した場合、無料で最新ルーターを入手はできないのでこういった後々のことも考えても、やはりおすすめできないです。

 

まとめ

まとめ

無制限ポケットWi-Fiについてご紹介しました。

インターネットは、限られたネットワーク資源をみんなで共有して使っているため、高価な専用線でも敷かない限り、無制限に使えるサービスは存在しません。

しかし、実質的にほぼ無制限に通信ができるポケットWi-Fiは存在しますので、このページを参考にしご検討いただければ幸いです。

WiMAXについてもっと詳しく知りたい方は、5分で分かるWiMAX説明ページがありますので、ご覧ください。

また、僕がWiMAXについて評価しているページもありますので、参考にしていただければと思います。

推奨ポケットWi-Fi ベスト3

ブロードワイマックス(自宅専用ルーター)

自宅で使うなら、強力Wi-Fi電波を飛ばすホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」が一押し!

もはや光回線は不要と言えるほどの「速さと安定感」です

ブロードワイマックスは月額料金2,726円からと安いことが魅力!だから2年間の総支払額も最安値。今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料です!

ブロードワイマックス(モバイルルーター)

自宅&外出先などで持ち運んで使うなら、WiMAX史上最速ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」の一択です!

実際の速度で200Mbps超えの報告も増えてきました。頭一つ抜きん出た速さです。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円からと安いことが魅力!だから2年間の総支払額も最安値。今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料です!

GMOとくとくWiMAX2+(自宅専用ルーター)

自宅で使うなら、強力Wi-Fi電波を飛ばすホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」が一押し!

もはや光回線は不要と言えるほどの「速さと安定感」です。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サイト運営者:ぽけぞう

インターネット通信会社に10年以上勤務する現役社員です。

趣味は、ポケットWi-Fi 速度測定。

WiMAX、ポケットWi-Fi、光回線、SIMは一通り経験あり。実際販売もしています。

-WiMAX 評価, インターネットの選び方, ワイモバイル
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 遅いポケットWi-Fiにさようなら! -速度や電波を比較してみた- , 2017 All Rights Reserved.