失敗しない選び方!田舎で使うポケットWi-Fi選びのコツは電波です

投稿日:2017年2月19日 更新日:

失敗しないポケットWi-Fi選び!田舎・地方で使うためポケットWi-Fiの選び方

失敗しないポケットWi-Fi選び!田舎・地方で使うためポケットWi-Fiの選び方

このページでは、大都市圏エリア以外で使うためのポケットWi-Fiに関して絶対に失敗しない選び方について書いています。

一言で申し上げると、田舎で使うポケットWi-Fi選び方をお伝えするページです。

早速、見ていきましょう!

このサイトでは、持ち運ぶタイプの小型Wi-FiルーターをポケットWi-Fiと記載しています。

 

失敗しないために、「電波が届くかどうか」を最優先に考える

田舎でポケットWi-Fiを利用する際に、最も大事なことは「電波が届くこと」です。これが一番大事で、かつこれ以上大事な要素はありません。

ポケットWi-Fiは電波が届かなければインターネットを利用することができません。絶対に失敗しない選択をするためにも、あなたが利用する場所で電波がしっかり届くかを真っ先に確認しましょう。

料金、速度、通信容量といった検討項目は、「電波が届くかどうか」の次に比較して決めるということになります。

ポケットWi-Fiは比較要素が多いため迷うことも多いのですが、一番大事なところをまずはしっかりおさえましょう。

最近のポケットWi-Fiは、人口カバー率では99%に達しています。山岳エリア除くとほとんどがカバーエリアに入っています。例えば沖縄、北海道もエリアに入っています。

 

早速、電波が届くか確認してみよう!

あなたの利用する場所まで電波が届くのか調べてみましょう。ポケットWi-Fiは色々な会社がサービスを販売していますが、ここでは特に実績と定評のある2つのサービスを取り上げます。

  • GMOとくとくBB「WiMAX2+」
  • ワイモバイル

1.WiMAX2+のサービス提供エリア内かどうかをチェックする

下のボタンからサイトにアクセスし、中段にある「さっそくエリアチェック!」をご覧ください。
GMOとくとくBB「WiMAX2+」のエリア確認

WiMAX2+のエリアチェック

出典:GMOとくとくBB「WiMAX2+」 エリアチェック

「WiMAX2+」がサービス提供エリアかどうか確認しよう

  • ピンポイントエリア判定をした方は、「○」が表示されれば、繋がります。
  • 地図を使った色の判定をした方は、「1」と「2」の色のエリアであれば繋がります。

「WiMAX2+」エリアが対象外だった場合は、すぐ右横にある「LTE」のエリア内であるか確認しよう

  • 地図を使った色の判定で「1」番の色が付いているエリアであれば繋がります。

WiMAX2+がエリア外でもLTEがOKだった場合、LTEで繋ぐことができます。但し、LTEサービスエリアを使う場合は、使った月だけLTEオプション利用料1,005円/月が別途発生します。また対応しているポケットWi-Fi端末は、W03、W02、W04、L01のみ対応となります。

2.ワイモバイルのサービス提供エリア内であるかチェックする

下のボタンからサイトにアクセスし、お使いになる都道府県を選択してください。ボタン先のページは、最新ルーター「Pocket WiFi 603HW」のエリア確認ページです。

ワイモバイルエリア確認

603HW以外のルーターをお使いになる方は、ワイモバイルエリア確認ページにアクセスをしてお使いになりたいルーターを選択すると、エリア確認ページが表示されます。

赤色または青色に塗られたエリアがサービス提供エリアです。
青色は、アドバンスモード対応エリアを表しています。有料アドバンスオプション月684円を契約すると、アドバンスモード対応エリア内での通信は、月間通信容量に制限がありません。常に高速通信が可能です。たくさん使う人は有料のアドバンスオプション(月額684円)を申し込むとよいでしょう。

 

サービス提供エリア内であることを確認したら契約サービスを決める

実際に電波が届くことを確認しましたら、契約するサービスを決めましょう。

で決め方ですが、このようにするといいと思います。

決め方

  • WiMAX2+の提供エリア内であれば、WiMAX2+を選択する。
  • WiMAX2+の提供エリア外であれば、ワイモバイルを選択する。

なぜ、WiMAX2+を優先するかというと、速度が速く、料金的にも安いからです。特に新規契約時のキャッシュバック特典などが充実しています。

そのためWiMAX2+が提供エリア内で問題なく繋がるのであれば、WiMAX2+を選択した方が、使い勝手の面、料金面で良い選択になると思います。

 

GMOとくとくBB「WiMAX2+」 おすすめプラン

  GMOとくとくBB「WiMAX2+」
ギガ放題プラン
GMOとくとくBB「WiMAX2+」
7GBプラン(通常プラン) + LTEオプション
こんな人におすすめ 制限を気にせずたくさん使いたい人 WiMAX2+エリアは繋がらないけどLTEエリアなら繋がる かつ あまり通信しない人
最大通信速度 440Mbps 75Mbps
月間容量上限 制限なし 7GB
月額料金 4,263円 4,614円
実質月額料金 2,898円 3,302円
推奨端末 最新端末 W04
契約期間 2年(自動更新あり)
速度制限有無 有り(直近3日間で10GB超過時、概ね1Mbpsまで減速)
詳しく見る レビュー記事

※キャンペーン適用後の2年間の実質月額料金(最新端末W04を選択した場合のキャッシュバック31,500円で計算)

たくさん使いたい人は左側の「ギガ放題プラン」がオススメです。

 

ワイモバイル おすすめプラン

ワイモバイルの場合、ルーターの機種によって選択可能なプランが決まっています。ここでは「Pocket WiFi 603HW」を例にプランを提示します。

ワイモバイルは、基本は月間通信容量の上限が決まっているサービスですので、容量無制限に利用する方は有料のアドバンスオプション(月額684円)を付けることをお勧めします。

  ワイモバイル
こんな人にお勧め あまり通信をしない人 制限を気にせずたくさん使いたい人
最大通信速度 612Mbps 612Mbps
月間容量上限 7GB
なし
(アドバンスオプション月額684円を契約時)
月額料金 3,696円 3,696円+684円(アドバンスオプション)=4,380円
割引適用後の実質月額料金 2,595円 3,279円
推奨端末 Pocket WiFi 603HW Pocket WiFi 603HW
契約期間 3年(自動更新あり)
速度制限有無 有り(直近3日間で10GB超過時、概ね1Mbpsまで減速)
詳しく見る レビュー記事

※割引適用後の実質月額料金。

たくさん使いたい人は、右側をオススメします。「アドバンスオプション」をつけることで制限なく使えます。

 

WiMAX2+の電波が届く場合はコレを選ぶ

GMOとくとくBB「WiMAX2+」をお勧めします。

料金、速度、契約期間、速度制限のゆるさなどどれをとっても優っているため快適に利用できます。もし本当に電波が届くか心配な場合は、GMOとくとくBB「WiMAX2+」なら条件付きですが、お試しができますのでぜひ試してみてください。

最新ルーターすべて無料、新規契約時特典として3万円近くのキャッシュバック還元が受けられるGMOとくとくBBは、コストパフォーマンスが高くて有名です。

 

WiMAX2+の電波が届かない場合はワイモバイル

GMOとくとくBB「WiMAX2+」のWiMAX2+の電波が届かない場合は、ワイモバイルをオススメします。

ワイモバイルは、WiMAX2+と同等レベルの提供エリアの広さを持っています。また宅内での繋がりやすさの面で優れています。

その代わり、WiMAX2+よりは速度が遅い傾向にあります。

 

月間通信容量7GBでできること

プランによっては月間通信容量が7GBという条件付きプランがあります。上限があるので多少料金が安いです。

参考までに7GBで通信できる容量は、以下の通りです。

ボリューム
Web閲覧
(1ページあたり150KBとして計算)
約46,200ページ
 メール送受信
(1通あたり500KBとして計算)
約14,000通
 音楽ダウンロード
(1曲あたり約5MBとして計算)
約1,400曲
 動画の視聴
(1分あたり5MBとして計算)
約23時間

動画の視聴をあまりしないのであれば7GBあれば、結構色々なことができます。しかし動画の観ることが多い場合は、月間通信容量に上限のないプランを選択したほうがストレスなくご利用いただけるかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

繰り返しにはなりますが、田舎で利用するポケットWi-Fiに関しては、特に「電波が届くか」を十分確認してからサービスを検討しましょう。

その後に料金、速度、最低利用期間などの細かい条件を見ていくことが正しい選び方になります。

ポケットWi-Fiは、持ち運びができるためとても便利です。旅行やちょっとした移動の際も手軽に持っていけます。

またポケットWi-Fi1台あれば、複数の端末を同時にWi-Fi接続できますのでPCとスマホとタブレットなど各種機器を無線でネットに繋げられることが便利ですね。

ご検討の参考にしていただければ幸いです。

推奨ポケットWi-Fi ベスト3

GMOとくとくWiMAX2+(自宅専用ルーター)

自宅で使うなら、強力Wi-Fi電波を飛ばすホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」が一押し!

もはや光回線は不要と言えるほどの「速さと安定感」です

GMOに申し込むと、ルーター無料、かつ高額キャッシュバックだからコスパ最高。

キャッシュバックは、HOME L01で今だけ29,100円(2017年11月30日までの期間限定)、他社と比較しても一番トクです!

GMOとくとくWiMAX2+(モバイルルーター)

自宅&外出先などで持ち運んで使うなら、WiMAX史上最速ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」の一択です!

実際の速度で200Mbps超えの報告も増えてきました。頭一つ抜きん出た速さです。

GMOに申し込むと、ルーター無料、かつ高額キャッシュバックがあるのでコスパ最高です。

キャッシュバックは、W04で今だけ33,000円(2017年11月30日までの期間限定)、他社と比較しても一番トクです!

DTI WiMAX2+ ギガ放題プラン

DTIが販売するWiMAXサービス。 大手プロバイダだけあって、サポート体制が整っています。サポートをよく利用する方にオススメです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サイト運営者:ぽけぞう

インターネット通信会社に10年以上勤務する現役社員です。

趣味は、ポケットWi-Fi 速度測定。

WiMAX、ポケットWi-Fi、光回線、SIMは一通り経験あり。実際販売もしています。

-インターネットの選び方, ワイモバイル
-,

Copyright© 遅いポケットWi-Fiにさようなら! -速度や電波を比較してみた- , 2017 All Rights Reserved.