WiMAX2+からSoftBank Airへの乗り換え。比較してやめた。

投稿日:2017年3月31日 更新日:

【徹底比較】SoftBank AirからWiMAX2+に乗り換えてOKか?WiMAX2+の契約更新月が迫っているので、WiMAX2+を継続しようか、それともSoftBank Airに変更しようかお悩みではありませんか?

 

中々、悩むところですよね。

どちらも工事不要で手軽に導入でき、かつ月間通信容量の上限がなく利用できるため、どちらがよいか選択するのは難しいです。

ナオト
私も、SoftBank Airへの乗り換えを検討した際に色々と調べました。結果的にはWiMAX2+継続を選択しました。

 

▼SoftBank Airより断然速い! WiMAX2+のL01は自宅に置くだけ。ルーター無料。今一番売れています。


結論から:Softbank Air やめましょう。WiMAX2+がいいです

結論から:Softbank Air やめましょう。WiMAX2+がいいです結論から申し上げますが、僕は「SoftBank Air」は本当にオススメできません。理由は後半の「SoftBank Airをおすすめできない理由」でご紹介します。

多くの人にとってSoftBank Airはオススメできるサービスではありません。

SoftBank Airを新規契約するぐらいなら、速度が速くて、かつルーター無料のGMOとくとくBB「WiMAX2+」に入り直した方がいいですよ!電波も安定していますし。

WiMAX2+は一度解約すれば、また入り直しても新規契約特典が受け取れますからね。

 

SoftBank Airへの乗り換えは特に注意! 冷静に考えよう!

本ページでは、SoftBank AirとWiMAX2+について、利用できる場所・料金・通信速度・契約年数・通信容量制限などの重要ポイントを比較しています。

WiMAX2+から乗り換えるべきかどうかの参考にしてもらえればと思います。

なお現在、ソフトバンクショップやワイモバイルショップでは、SoftBank Airの販売に力を入れています。売り込まれてその場で契約をしてしまうのではなく、一度冷静に検討されるほうがよいと思います。

また、SoftBak Airの評判については、下の記事で深く掘り下げて書いています。ぜひ読んでいただきたいです。

 

全体比較「SoftBank Air」vs「WiMAX2+」

両者サービスを比較してみました。

一見似ているサービスですが、よく見るとだいぶ違います。

赤枠は、優れている項目です。

SoftBank AirとWiMAX2+の比較
※Softbank Airには、ルーターを購入(58,320円)して分割払いするタイプ、ルーターをレンタル(月490円)の2タイプがあります。ここではルーターをレンタルするタイプを掲載しています。
※WiMAX2+は、GMOとくとくBB「WiMAX2+」を例として掲載しています。
※1 最大通信速度は、Softbank Air、WiMAX2+いずれも一部エリアでのみ利用可能な最大通信速度です。エリアは拡大中ですが注意が必要です。
※2 はじめの2カ月間で月額料金1,308円割引、キャッシュバック金額27,000円を考慮して算出。GMOとくとくBB「WiMAX2+」は、選択するルーターによって割引(キャッシュバック)金額が異なります。ここではホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」を選択した場合の割引額(キャッシュバック金額)を例に計算しています。なおこの金額は、月によって変動する場合もありますので、お申し込みの際にはご自身で改めてご確認ください。

 

比較:利用できる場所

この2つのサービスの決定的な違いは、利用できる場所です。

SoftBank Air WiMAX2+
利用できる場所 自宅 自宅、自宅+外

SoftBank Airは「自宅」でインターネットに接続するサービスです。外では使えません。

一方、WiMAX2+は、「自宅」のみという選択もできますし、「外」で使うという選択もできます。

つまりは、外でWi-Fiを使うかどうかが大事なポイントで、サービスを選ぶ際の分かれ道になってきます。

つまりあなたが自宅でのみインターネットをする場合に、比較検討する意味があります。

しかし、外でもインターネットをしたい場合は、持ち運びできるルーターが必要ですからWiMAX2+を選択すべきです。Softbank Airは候補にならない、ということになります。

ナオト
豆知識になりますが、 SoftBank Airは外への持ち出しが禁止されています。あくまで自宅で使うための固定回線です。契約住所以外では使用はできません。 ルーターを持ち出して車に積んで・・・みたいなことをして、違反により契約解除された人もいたみたいですがご注意ください。念のため^ ^:

SoftBankのWEBサイトにも、きちんと明記されています。

出展;Softbank Air公式サイト

個人的には、WiMAX2+を選ぶならGMOとくとくBBがオススメです。契約特典として30,000円近い高額キャッシュバックを実施していますし、SoftBank Airよりも速度の速いホームルーターが無料提供されているからです。


 

比較:サービス提供エリア

SoftBank AirとWiMAX2+は、同じ無線によるインターネット通信サービスです。

両サービスの電波の届くエリアにはかなり違いがあります。

SoftBank Airは、サービス提供エリアが狭い

SoftBank Airは、サービス提供エリアが狭いです。

下の地図は、関東南部の対応エリアマップです。全く同じ縮尺で比較ができなかったのですが参考になると思います。

色が塗られている部分が対応エリアです。両者を比較してみると、東京周辺は両サービスとも色が付いているためサービス提供エリア内だと分かります。

しかし、千葉県内は明らかにSoftbank Airの対応エリアが狭いですね。SoftBank Airは千葉にめちゃ弱いサービスということは明らかです。

千葉に限らずですが、東京には力が入っていますけど千葉・埼玉・茨城・栃木とかよくよく比較するとダメですね。WiMAXの方がエリアが広いです。

SoftBan Air エリア(関東南部)

出展:Wireless City Planning

WiMAX2+ エリア(関東南部)

出展:WiMAX2+公式サイト

サービス提供エリアでも使えないことが多い

SoftBank Airは、公式サイトでサービス提供エリアを公表していますが、対応エリアになっているのに申し込みをしたらエリア外で断られたという声が散見されます。

これはSoftBank 4G AXGPという通信方式が2.5GHzという帯域でサービスを提供していること、基地局の数が十分でないことが影響していると思われます。

要するに対応エリアではあるけど、電波が入らない箇所がポツポツとあるのです。密度が低い、と表現した方が分かりやすいかもしれませんね。

参考までにソフトバンクのスマホの電波が入ったとしても、Softbank Airが使えないというケースは普通に存在します。結構勘違いする人が多いので、これも要注意ポイントです。

ネットを調べてみると、都市部でも使えないとか、エリア内だったのに番地レベルで局所的に使えないという声がありました。

8日以内ならキャンセル可能

SoftBank Airは、サービス提供地域を公式サイトで公開しているものの、住所をピンポイントで公開しているわけではありません。

そのため申し込み後にソフトバンクがエリアを確認、もし対応エリア外となった場合は、8日以内にキャンセルを申し出しでれば無料キャンセルが可能です。

やはり、エリアの問題があるから、キャンセルを受け付けないわけにはいかないのでしょう。

WiMAX2+のように、提供エリアを住所情報でピンポイントで公開して欲しいところですが、なぜかそういうことはしていませんね。

 

 

比較:月額料金

SoftBank Air WiMAX2+ 差額
月額料金(定価) 5,370円 4,263円 1,107円
実質月額料金
(割引を考慮した2年間の実質月額料金)
4,781円 3,084円 1,697円
2年間の月額料金 114,744円 74,016円 40,728円

WiMAX2+の方が安い月額料金です。

SoftBank Airは、光回線よりはやや安い価格に設定されています。無線のサービスにしては高めではないかと思います。

両サービスとも割引等を実施していますが、それらを考慮してもWiMAX2+の方がトータルで安いです。2年間で比較した場合、4万円もWiMAX2+が安いというのはインパクトありますね。

※Softbank Airには、ルーターを購入(58,320円)して分割払いするタイプ、ルーターをレンタル(月490円)の2タイプがあります。ここではルーターをレンタルするタイプを掲載しています。
※WiMAX2+は、GMOとくとくBB「WiMAX2+」を例として掲載しています。選択するルーターによって割引(キャッシュバック)金額が異なります。ここではホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」を選択した場合の割引額(キャッシュバック金額)を例に計算しています。なおこの金額は、月によって変動する場合もありますので、お申し込みの際にはご自身で改めてご確認ください。

 

比較:通信速度

通信速度比較

SoftBank Air WiMAX2+
最大通信速度(下り) 261Mbps 558Mbps

WiMAX2+の方が速いです。

この表は仕様の速度ですけど、実際の速度でもWiMAX2+の方が遥かに速いです。

利用者の口コミを調べてみると、SoftBank Airについては、20時から夜中2時頃まで速度が遅くなるという口コミがとても多いですね。

速度が遅いと言われているSoftBank Airの評価についてはこちらをご覧ください。

WiMAX2+は、ホームルーターとして有名な「Speed Wi-Fi HOME L01」の実際の速度について触れた記事がありますので参考にしてみてください。
Speed Wi-Fi HOME L01での実際の速度について触れた記事

両者を見ていただくと分かりますが、実際の速度でもWiMAXが速いということが分かります。

 

比較:通信容量制限

無制限に使える
両サービスとも月間通信用容量の制限はありません。

しかし、WiMAX2+では、直近3日間の通信量が10GB(10,000MB)を超過した場合、翌日の18時~26時までの通信速度を1Mbpsに減速するという仕組みがあります。

速度制限時の1Mbpsは、Youtubeの標準画質レベルがスムーズに閲覧できる程度の速度です。参考までに、10GBで通信できる容量は以下の通りです。

ボリューム
Web閲覧
(1ページあたり150KBとして計算)
約66,600ページ
 メール送受信
(1通あたり500KBとして計算)
約20,000通
 音楽ダウンロード
(1曲あたり約5MBとして計算)
約2,000曲
 動画の視聴
(1分あたり5MBとして計算)
約33時間

動画を1日10時間ぐらい見ると、速度制限される可能性もありますが、余裕があると思っていただいて問題ないと思います。

SoftBank Airの場合、公式にはこのような通信容量制限は実施されていません。しかし、実際のところは速度制限がされているようです。

たくさん通信をしても止めはしないけど、速度制限はしているということのようです。それって結局WiMAXと同じことですよね。
Softbank Airは使い放題だけど、実際には速度制限がある

 

結論:Softbank Airは、オススメできない

僕は、SoftBank Airはオススメできません。

料金・速度・エリアなどの主要項目すべてにおいてWiMAX2+が上回っているのに、Softbank Airを積極的に選択する理由はありません。

SoftBank Airという固定回線を契約するのであれば、ちょっとだけ価格はあがりますが、光回線を導入した方が結果的には満足できると思います。

 

Softbank Airをお勧めできない理由

理由1 WiMAX2+より料金が高くなる

SoftBank Airの月額料金は5,370円します。ここから値引きが行われ、2年間の実質的な月額料金は4,781円です。

対してWiMAX2+は、3,175円です。

SoftBank Airは、光回線を契約するよりは安いけれど、WiMAX2+よりは高いという微妙な料金です。

理由2 実質的な契約期間は4年!という巧妙な仕掛け

SoftBank Airの契約期間は、ルーターの割引と大きく関係しています。

SoftBank Airのルーターは、購入とレンタルのどちらかを選択できます。まずこれに注意が必要です。4年以上契約する意思がない限り、「レンタル」を選択しましょう。

ルーター購入代金は58,320円かかります。これを36カ月分割払いで毎月1,620円ずつ支払うのですが、月月割で同額割引がされるので実質的にはルーターは無料です。

これだけ聞くと、ルーター無料は嬉しい!

となるのですが、よく考えてみれば割引は36カ月かけて行われます。つまりは、36カ月(3年)契約することが前提の割引ということですね。

ナオト
契約期間より割引期間が長いんです(普通におかしいですよね)

実際の契約期間は2年(2年終わると、自動延長でまた2年延長)です。契約期間内に割引が終わらないよう設計されています。

そして3年経過してようやくルーターを無料で入手できたし、そろそろ解約して他社サービスを検討しようかなと思うと、自動延長でさらに2年間契約中ですから、あと1年契約が残っているというカラクリです。

だからもう1年待つしかないということになります。SoftBank Airは実に巧妙な仕掛けにより、2年契約なのに実質的4年契約を迫ってきますね。

もちろん、辞めようと思えば途中解約はできます。

しかし途中解約の場合、契約解除料9,500円が発生します。辞めるときでもお金が掛かるというわけです。

また当然ながら、ルーターの支払いが完了する36カ月より前に解約した場合、ルーター未払分の支払いは必要です。請求が一括で行われます。途中解約したら月月割は終了ですので、この点注意が必要です。

このあたりは、きちんと契約内容を読み込まないと見落としてしまう点です。

ナオト
SoftBank Airのこの複雑な割引制度には、特に注意しましょう。

理由3「使い放題!」だけど、速度制限はある

大々的に使い放題であることを宣伝していますが、よくよくWEBサイトを見ると、帯域を制限することで速度が下がるという内容の記載があります。明らかに「矛盾」しています。

出展:SoftBank AIr公式サイト

実際、ネット上でSoftBank Airを利用されている方の声を調べてみると、速度制限を受けていると思われる口コミが多くあります。

たくさん通信をしても止めはしないけど、速度制限はしているということのようです。

それって結局WiMAXと同じことですよね。

よく分からない、いい加減な仕様です。

理由4 動画や写真は自動的に圧縮されてしまう

SoftBank Airは、他のサービスと違い極めて稀なことをしています。

それは通信容量を圧縮するためのファイル最適化をしているのです。ファイルの最適化とは聞こえはいいですが、簡単に言ってしまえば、高画質な動画・画像を強制的に劣化させて通信させますということです。

出展:SoftBank Airサイト

例えば、家族で写真を共有したり、ストレージサービスにアップロードしたり、仕事相手にデータを送付したりするとデータが劣化する可能性があるわけですね。

仕事で動画や写真を扱うようなプロフェッショナル方には、向きませんので注意が必要です。

これに関して実際に困っているという声はあまりないのですが、こういう仕様がある点は理解していきましょう。

 

SoftBank Airに向いている人

出展:Yahoo!BB SoftBank Airサイト

SoftBank Airに向いている人は、「家族全員ソフトバンクユーザー」の人です。なおかつ、上記のデメリットも納得して利用できる方ということになります。

家族全員がSoftbankユーザーで、Softbankスマホ割引を目当てに乗り換えるという場合は、検討の価値ありです。

「家族全員ソフトバンクユーザー」としている理由は、SoftBank Airとソフトバンクのスマートフォンを利用されていると、家族全員のスマホ料金がひとりあたり月2,000円(はじめの2年間だけ、以後は月1,008円)分、割引がされるからです。1人だけソフトバンクユーザーでも良いのですが、家族が多い方が節約になりますね。

 

WiMAX2+ユーザー、お悩み別の選択肢

これまで説明した通り、「家族全員ソフトバンクユーザー」は、SoftBank Airの検討をされることもよいと思います。通信品質を抜きにして、本当に支出を減らすための選択肢ですね。

それ以外の方はこれまで通り、WiMAX2+を利用されることをお勧めします。

とはいえ、このページをご覧になっている方は、WiMAX2+に何かしらの不満をお持ちだから、乗り換えに適したサービスがないか調べていらっしゃると思います。

状況に応じた選択肢をご提案します。

速度不満・機種不満がある場合

現在3日10GB制限で通信速度制限にひっかかっていないのでしたらルーターを最新ルーターに変更することで速度が改善する可能性が大いにあります。

GMOとくとくBB「WiMAX2+」で新規契約して、契約特典の高額キャッシュバック(30,000円前後が多い)を貰うことを前提に、今の会社のサービスを解約してしまうのも手です。

途中解約の違約金を支払っても、高額キャッシュバックで補填できますし、かつ最新ルーターが無料で手に入ります。

 

WiMAX2+をはじめ、ポケットWi-Fiの速度が出ないとお困りの場合は、速度低下の原因と対処法についてまとめた記事がありますのでご覧ください。
遅いポケットWi-Fiにさようなら -速度や電波を比較してみた-

WiMAX2+のエリア、自宅での繋がりやすさに不満

まずはこちらの記事をご参考に電波受信状況の改善ができるかお試しください。これで改善したら無駄な支出も発生しませんし、一番いいですよね。


上の2つの記事を試してもNGだった場合、ワイモバイルに乗り換えすることを検討しましょう。
電波が室内でも繋がりやすいと評判の「ワイモバイル」への乗り換えの検討もありだと思います。

僕はワイモバイルも使っていますけど対応エリアは互角ですね。自宅(室内)での繋がりやすさはワイモバイルの方が確実に上です。

但し、速度ではWiMAXには劣ります。でもしっかり繋がる方が重要ですからね。


今のWiMAX2+に不満なし

特に不満がない方は、WiMAX2+継続で問題ありません。

しかし、上でご説明した通り、新たに別会社でWiMAX2+を契約し直した方が、ルーターが最新になって、さらにキャッシュバック特典も貰えるので非常にトクします。

この手のインターネット通信サービスは新規契約優遇で、契約してはじめの2年間が一番安く使えるよう設計されています。

言い方は適切ではないですが、使えるものはうまく使った方いいです。契約更新のタイミングでしっかり見直しをされているあなたは賢いです。

新規契約するならGMOとくとくBBをオススメします。

WiMAX2+を解約、光回線を導入

外出先でインターネットをする機会がなく、今後は光回線を導入したいとお考えの方は、「NURO 光」をオススメします。

NURO 光は、大手インターネット・プロバイダーのソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光回線サービスです。

NURO 光の良い点は、「光回線料金+プロバイダ料金+無線LAN(Wi-Fi)+セキュリティ」がひとまとめになって分かりやすい所です。料金体系も実にシンプル、初心者の方にもお勧めできるからです。

ちなみに世界最速2Gbpsです。一般的な光回線は1Gbpsですから、2倍速い通信速度企規格のサービスです。

NURO 光 公式サイトへ

NURO 光

 

まとめ

WiMAX2+を継続しようか、それともSoftBank Airに変更しようかお考えの方のために、SoftBank AirとWiMAX2+の違い、SoftBank Airのデメリットなどをご紹介しました。

SoftBank Airは固定回線としての契約ですが、実態はSoftBank4Gという携帯回線を使ってサービスが提供がされています。そのためか、速度が普通、料金高め、夜間の速度制限に繋がっていると思われます。

乗り換えの検討の際には、十分確認をして納得してから契約をしましょう。

▼SoftBank Airより断然速い! WiMAX2+のL01は自宅に置くだけ。ルーター無料。今一番売れています。


僕は、WiMAX2+を愛用中!

僕は、WiMAX2+を愛用中!

インターネット通信企業に勤務する僕も、毎日WiMAXを使っています!

2年間で平均すると月額3000円以下、容量もほぼ無制限に使えるサービスは今のところWiMAX2+しかないですからね^ ^

いま、GMOが一番売れてます。
最新ルーター無料、かつキャッシュバック特典があるから特にオススメですよ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サイト運営者:ナオト

インターネット通信会社に12年勤務する現役社員です。 趣味は、ポケットWi-Fi 速度測定。 WiMAX、ポケットWi-Fi、光回線、SIMは一通り経験あり。実際販売もしています。

推奨ポケットWi-Fi ベスト3

1位 GMOとくとくWiMAX2+(自宅専用ルーター)

自宅で使うなら、強力Wi-Fi電波を飛ばし、かつ高速通信できるホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」が一押し!

GMOとくとくBB「WiMAX2+」で申し込みめば、ルーター無料、かつ高額キャッシュバックがあるのでコスパ最高です。

もはや光回線は不要と言えるほどの「速さと安定感」を実現。

2位 GMOとくとくWiMAX2+(モバイルルーター)

自宅&外出先などで持ち運んで使うなら、WiMAX史上最速ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」の一択です!

実際の速度で200Mbps超えの報告も増えてきました。頭一つ抜きん出た速さです。

GMOとくとくBB「WiMAX2+」で申し込めば、ルーター無料、かつ高額キャッシュバックがあるのでコスパ最高です。

3位 DTI WiMAX2+ ギガ放題プラン

DTIが販売するWiMAXサービス。 大手プロバイダだけあって、サポート体制が整っています。サポートをよく利用する方にオススメです。

-インターネットの選び方
-, ,

Copyright© 遅いポケットWi-Fiにさようなら! -速度や電波を比較してみた- , 2017 All Rights Reserved.