単身赴任中のインターネット契約。光回線は工事費かかるし推奨できない

投稿日:2017年3月10日 更新日:

単身赴任先で光回線を契約するのは、工事費(15,000円程度)がかかるし、月額料金も高いし・・・とお悩みではありませんか?

お一人でインターネットするだけなら「ポケットWi-Fi」がよいです。

なぜなら、今や光回線並みに実際の速度が出るケースも多くなってくるほど高速化が進んでいて利便性が高まっているからです。

そして料金はもちろん安いです。工事も不要です。

 

単身赴任先でのインターネット回線を決める上で考慮したいこと

単身赴任では、インターネットを長期間利用するわけではないため、契約期間はきちんと考慮して、しかもできるだけ安くかつ快適に使いたい!というのは皆さん共通してお考えのところです。

本ページでは、料金、利用場所、インターネット通信量、利用期間の切り口から、単身赴任先でどのようなインターネット回線を準備すれば良いか、ご案内しています。

ぽけぞう
僕は仕事柄、よくこの手の相談を受けます。損しないようにご紹介していますのでご覧ください。

 

インターネットに繋ぐ方法は大きく3つ

さて、ここからはインターネットにつなぐための選択肢について触れます。

このページをご覧の方は、ガラケーやスマートフォンだけでなく、ノートパソコン、タブレット、あるいはテレビなどのデバイスをインターネットに繋ぎたいとお考えの方だと思います。

選択肢は大きく3つ

  • スマホのテザリングを利用
  • ポケットWi-Fiを契約(WiMAX2+、ワイモバイル等)
  • 光回線を契約する

一昔前の電話回線を利用したADSL回線の契約をするという選択肢もありますが、ADSLはどこのプロバイダーもサービス終了に向かっています。安い点はメリットですが、工事が必要なことと、回線が不安定だったり速度もイマイチのためこちらには掲載をしていません。

 

各選択肢の特徴

上記3つの選択肢ですが、まずはこの表をご覧になっておおよそご自身に適しているのはどれだろう? というあたりを付けてもらえればと思います。

テザリング ポケットWi-Fi 光回線(集合住宅タイプ)
使用量 使えば使うほど追加料金発生 無制限 無制限
用途 Web閲覧 たくさんの閲覧には適さない OK OK
メール 普通に利用できる OK OK
SNS TwitterはOK、画像が多いSNSは厳しい OK OK
動画視聴 できるけどお金がとてもかかる OK OK
使用場所 どこでもOK どこでもOK 宅内のみ
月額料金 今のスマホの料金内でおさまる 2,726円〜4,041円 ※1 3,150〜4,150円 ※2
工事有無 不要 不要 必要(回線引込工事)
最低契約期間 特に新たな契約はせずスマホのテザリング機能を使用 2~3年 2~3年
速度 遅い 速い 超速い

※1 ブロードワイマックスを例にしています。
※2 NTT東日本フレッツひかりネクストマンションタイプを利用する場合。

 

テザリングは、「ちょっと利用するだけ」の使い方が適しています。スマホの電波を使うので使えば使うほどお金が掛かります。いま携帯電話会社で20GB、30GBという大容量プランで間に合う使い方ならこれも選択肢に入ってきます。

たくさん使うならポケットWi-Fiがおすすめです。僕は「WiMAX」もしくは「ワイモバイル」をおすすめします。詳しくはこの記事の後半でお伝えします。

 

WiMAXなら「ブロードワイマックス」1択です。

▼ WiMAXユーザーの多くがブロードワイマックスを利用中

(比較グラフ)本当にブロードワイマックスは安い?

 

 

 

料金

スマホのデザリングの料金

スマートフォンの月額利用料金(7,000円前後が一般的)の範囲内に抑えることができれば追加料金は発生しません。携帯電話会社で20GB、30GBという大容量プランに引き上げてその範囲内で使うということもできます。それを超過する場合は、「従量制課金」となります。

ポケットWi-Fiの料金

月額4,000円~5,000円が相場です。

最近は、ルーター無料のサービスもあるので賢く選べば安く済みます。コスパが良いのは「ブロードワイマックス」ですね。

▼ キャンペーン中、今なら初期費用&最新ルーターが無料!

(比較グラフ)本当にブロードワイマックスは安い?

 

 

光回線の料金

集合住宅タイプの光回線で、月額4,000円前後です。

ただし、はじめに光回線の工事が必要となるため工事費用がかかります。導入するマンションやアパートによりますが15,000円ほどかかります。

 

 

利用場所はどこか

どこでインターネットを利用するかについてです。

自宅でのみインターネットを利用する場合は、テザリング、ポケットWi-Fi、光回線の3つとも選択肢に入ります。テレビにつなぐ場合は、ポケットWi-Fiまたは光回線が必須になります。

一方、外でノートパソコンやタブレットを利用する場合、テザリングまたはポケットWi-Fiのいずれかに絞られます。

 

どれぐらいネットを使うか

どれぐらいインターネットを使うか、つまり「通信量」を考慮する必要があります。

動画を観ない場合 →テザリングでもOK

動画のように容量をたくさん使うサービスは利用せず、1日10分以内でWebサイト・SNSを見たり、メールをするぐらいでしたら、ひとまず「テザリング」を試されることをおすすめします。これが一番安く、手間もないです。無理にお金のかかるインターネット契約をする必要はありません。

テザリングがご自身の使い方にマッチするかを試してみて、通信容量が足りないとか、通信速度が遅くて使いづらいと感じたら、その時点でより快適さを求めてポケットWi-Fi、光回線を検討する流れでよいと思います。

 

動画を観る場合 →ポケットWi-Fi or 光回線

一方、動画を少しでも観る方でしたらテザリングは厳しいと思います。できなくはないですが、追加料金を相当支払う必要がありコストパフォーマンスが一番悪いです。

動画を観るなら、ポケットWi-Fi、または光を使う方が安くつきます。

例えば大手携帯電話会社のスマートフォンは、月間通信容量の上限が7GBに設定されています。これを超過すると、非常に割高な追加料金を支払って容量を買うことになります。

通常のスマートフォン利用(一般的に3GB程度使う人が多いです)に加え、動画を見るための容量を含めて7GBに抑える必要があり、多くの方にとって難しいことです。

現時点ですでにスマートフォンの通信容量が7GBを超えている方は確実に容量が不足するかと思います。

 

単身赴任中は、通信容量が増える傾向にある

単身赴任中は、仕事が終わると自分1人の時間が増えますね。単身赴任前と比較し、通勤時間が短くなる、出歩く機会が減ることで自分1人の時間が増えます。

また、休日はやることがなくて暇なんて声もよく聞きますね。確かに地方への単身赴任だと、外出の機会は少し減りそうですね。

そうなると、インターネットを利用する時間が延びるそうです。SkypeやFacetimeを利用して家族と電話したり、写真や動画を共有したりという使い方が増えます。

またインターネットを利用した「動画配信サービス」を契約して、映画やドラマを観て過ごす方は多くいます。誰にも邪魔されず好きなだけ観れるため、シリーズ物をまとめて観ることができますね。

単身赴任先で「動画配信サービス」を契約をする人は多くいます。最近の動画配信サービスは、テレビ、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンいずれも対応しているので利用のしやすさ、それから月額1000円前後で観れますから手軽さもありますね。

動画配信サービスでおすすめなのは、Huluです。

参考までに「Hulu」の公式サイトはこちら! → Huluで今すぐ視聴

これらの結果、単身赴任中のインターネット通信量が増えるというわけですね。減る人よりも増える人の方が多いのではないかと思います。

 

契約期間(利用期間)

インターネットの契約では、基本的に「最低利用期間」が設定されています。

僕が知る限り、最低利用期間が設定されていないサービスはないですね。光回線、ポケットWi-Fiともに最低利用期間が2年、長いものだと3年に設定されています。

単身赴任中のインターネット環境を用意する際、この最低利用期間の縛りに躊躇してしまう人は多いです。いつまで単身赴任するか明確でなかったりしますからね。

光回線を契約した場合、途中解約で違約金を支う可能性は高いと思います。解約しないわけにはいかないですからね。違約金は一律9,500円というサービスが多いですから結構な痛手です。

ポケットWi-Fiの場合は、どこでも持ち運んで利用できますから、単身赴任期間が終わった後に自宅で利用、または家族が利用するといった使い道があるのに加え、解約のタイミングをコントロールできるので違約金による損失は避けられます。光回線よりはよいですね。

▼ WiMAXユーザーの多くがブロードワイマックスを利用中

(比較グラフ)本当にブロードワイマックスは安い?

 

 

単身赴任中におすすめのポケットWi-Fi

もっともおすすめできるポケットWi-Fiは、ブロードワイマックス」です。

光回線のように工事は必要ありませんので、契約をしてルーターを手に入れたその日からすぐにインターネットに接続できます。

▼ キャンペーン中、今なら初期費用&最新ルーターが無料!

(比較グラフ)本当にブロードワイマックスは安い?

 

WiMAX2+は月間通信容量上限がありません。そのためテザリング利用では、通信容量が足りなくて不満という方にもおすすめできます。

また全国エリアでサービスを受けられます。提供エリアが広いことが特長です。さらに最大通信速度708Mbpsと高速通信が可能です。料金は業界最安値の月額利用料。一通り満足できるレベルにあるサービスです。

もし利用される場所が、WiMAX2+のサービス提供エリアに入っていない場合は、さらにエリア範囲が広いワイモバイルをおすすめします。こちらの記事もあわせてご覧ください。

 

ポケットWi-Fiって何?という方は、こちらの記事をご覧ください。

 

WiMAXには、光回線並みに速い自宅専用ルーターもある

WiMAXには、光回線並みに速い自宅専用ルーターもある

WiMAXというと持ち運び可能なモバイルルーター以外に、自宅だけで使うケースを想定した「ホームルーター」が用意されています。

代表格は「Speed Wi-Fi HOME L01s」というルーターです。このルーター、人気がありすぎて品切れになる程です。

光回線よりも速いという声もあるほど、安定していますし速いです。

さらには工事不要コンセントに差し込めばインターネットに繋がるという利便性で大変人気があります。

 

ルーターを持ち歩いて使うなら、モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」がベスト

ルーターを持ち歩いて使うなら、モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」がベスト

ルーターを持ち歩いて使う場合は、「Speed Wi-Fi NEXT W04」がおすすめです。速度が速く、au4GLTEにも繋げられるので地方都市でも繋がります。

 

 

単身赴任中におすすめの光回線

ポケットWi-Fiではやはり不満で、とにかく最高の通信環境を整備したいという方はしっかり速度の出る光回線がよいと思います。

僕がお勧めできるサービスは「GMOドコモ光」です。GMOドコモ光は、光回線の中でもかなり速度が出ています。

速度をエリア別に公開していますし、利用者の声を集めてみてもやはり速度は出ていますので、速度がきちんと出る光回線ということならここはお勧めです。

しかも安いですからね。ぜひ検討候補に入れるとよいサービスです。

 

光回線は、業界的に速度低下が問題になっている

期間限定の単身赴任先でのインターネットとはいえ、高速かつ安定したインターネット回線が欲しいと考える人は多いです。

しかし、安易に「光回線」を選ばないことをおすすめします。

インターネット通信業界は今、NTTが始めた新しい取り組みにより、どこの会社の光回線サービスも通信速度が非常に遅くなっており、これが問題になっています。

詳しくは、下の別記事で書いていますが、光回線だからといって速いわけではないということをお伝えします。

 

テザリングの仕方

iPhoneでのテザリング利用方法をご案内します。Androidはスマホによって違うのでマニュアル等でご確認ください。

テザリングとは、iPhoneをWi-Fiルーター(親機)としてWi-Fi対応のパソコンやタブレットなどと繋いで、インターネットを利用できるようにする機能です。

iPhone/iPadの設定(親機側)

1:「設定」→「インターネット共有」をタップします。
2:「インターネット共有」をタップしてON状態にします。
3:画面上に「ネットワークは●●●●●という名前で外部に表示されます」の●●●●●部分がネットワーク名(SSID)です。これをメモします。
4:画面上に表示されたWi-Fiパスワードをメモします

Windows7の場合(Wi-Fi電波を拾う方)

1:デスクトップ画面左下の「スタート」ボタンをクリックします。
2:「コントロールパネル」をクリックします。
3:「ネットワークとインターネット」をクリックし、「ネットワークと共有センター」をクリックします。
4:「ネットワーク設定の変更」の欄から、「ネットワークに接続」をクリックします。
5:iPhoneのネットワーク名(SSID、先ほどメモしたiPhone側の●●●●●)を選択し、「接続」をクリックします。
6:先ほどメモしたiPhone側のWi-Fiパスワードを入力し、「OK」をクリックします。
7:接続完了

Mac OSの場合(Wi-Fi電波を拾う方)

1:画面最上部右上にある扇型のWi-Fiマークをクリックします。
2:Wi-FiがONになっていない場合は、「Wi-Fiを入にする」をクリックします。
3:iPhoneのネットワーク名(先ほどメモしたiPhone側の●●●●●)を選択し、「接続」をクリックします。
4:先ほどメモしたiPhone側のWi-Fiパスワードを入力し、「OK」をクリックします。
5:接続完了

 

よくあるご質問

よくあるご質問

ぽけぞう
僕は仕事でお客様から色々な質問を受けます。よく聞かれる質問と答えをまとめておきますね。参考にしてみてください。

Q.安く、そして最短でインターネット環境を用意したい。どういう方法がある?

A.ポケットWi-Fiでしたら最短当日には繋げられます。僕がもっともおすすめできるWiMAX2+は「ブロードワイマックス」です。ご検討ください。

Q.単身赴任先でインターネットを用意する際、今の自宅のプロバイダのIDを2箇所で同時に利用できるの?

A.正確にはご契約されているプロバイダにご確認いただく必要がありますが、一般的には使い回しも2箇所で同時利用もできません。それをできるようにしてしまうと、1契約で何箇所でもインターネットに接続できてしまうことになりますからね。光回線なら住所単位で契約が必要、ポケットWi-FiならWi-Fiルーター単位で契約必要だとお考えいただければと思います。

Q.転居先のマンションには光回線が整備されています。契約するには固定電話の契約が必要?

A.光回線のサービスによりますが、多くの場合は光回線単体でも契約可能です。例えばNTTのフレッツ光でしたら光回線単体でも契約できます。今の時代、固定電話は不要という人は多いですからね^ ^

なお、光回線の契約ではルーターやLANケーブルなど一通りレンタルできることが通常ですので、特別何かを揃えるという必要もありません。

Q.ポケットWi-Fiは、何台までインターネットに繋げられるの?

A.同時接続できる端末の台数はサービスというよりは、ルーターの仕様によります。だいたい10台程度同時接続できるのが一般的で1人で利用するには十分な台数です。そのためこの同時接続台数はあまり気にしなくてもよいかと思います。

また念のためWi-Fiで繋ぐノートパソコンやタブレット等のデバイス側がWi-Fiに対応しているか確認しておきましょう。

Q.単身赴任する際、自宅のインターネットの契約はどうしたらいい?解約?

A.単身赴任される際、ご家族が自宅でインターネットをされるのであれば自宅のインターネット契約は維持することになります。解約してしまうと使えなくなってしまいますからね。

一方ご家族は誰もインターネットをしないのであれば支出を減らすために解約もよいですね。但し、インターネット契約には最低利用期間が設定されているケースがほとんどですから、解約のタイミングは違約金が発生しないタイミングを契約先にご確認されるのがいいと思います。

なお、ご自身が単身赴任先で行うインターネットは別途契約することになりますね。

Q.海外への単身赴任です。インターネットはどうやって準備すればよいですか?

A.日本国内のプロバイダ会社が提供しているサービスは、日本国内で利用する前提でサービスを提供しているため海外で利用できるわけではありません。海外でインターネットを利用する場合は、その国のプロバイダとインターネットの契約をする必要があるかと思います。まずは会社にインターネット回線の用意の有無を相談されるとよいかと思います。

 

まとめ

まとめ

単身赴任を予定している方で、まだインターネット回線を手配していない方は、自宅のWi-Fiなどは利用せずに「テザリング」だけで1ヶ月お試しで使ってみることをおすすめします。

使ってみて、通信容量が足りないとか通信速度が遅くて使いづらいと感じた場合に、ポケットWi-Fi、光回線の選択肢に目を向けるといった流れで検討されるのがよいと思います。

もちろん、テザリングでは容量が足りないということがあらかじめ分かっている場合は、始めからポケットWi-Fiや光を検討したほうがよいですね。

このサイトは、ポケットWi-Fiについて説明をしていて推奨もしているのですが、すべての人に適しているとは思っておらず、使用頻度や使い方次第だと思っています。

単身赴任中のインターネット契約というケースでは、まずは上記の流れで検討されることをおすすめします。

おすすめWi-Fi ルーター BEST3 (2018年上期)

WiMAXモバイルルーター最速「Speed Wi-Fi NEXT W05」

快適さを左右する「速さ」にこだわるなら、WiMAX史上最速ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」の一択!頭一つ抜きん出た速さ。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

電池長持ちモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」

外出先&自宅の両方で使うなら、「Speed Wi-Fi NEXT WX04」がおすすめ!モバイルルーターの命であるバッテリーを過去最高に積むことでノーマルモードで11時間持ちを実現。別売クレードルを使用すると宅内のWi-Fi電波が強化されます。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

速さと安定を備えたホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」

自宅で使うなら、強力にWi-Fi電波を飛ばすことができるWiMAXホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」をおすすめ!コンセントからの電源を供給するからパワーが違う!工事不要。届いてすぐ繋がる手軽さは一度体験するとやめられない。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サイト運営者:ぽけぞう

インターネット通信会社に10年以上勤務する現役社員です。 趣味は、ポケットWi-Fi 速度測定。 WiMAX、ポケットWi-Fi、光回線、SIMは一通り経験あり。実際販売もしています。

-インターネットの選び方, ワイモバイル

Copyright© 遅いポケットWi-Fiにさようなら! -速度や電波を比較してみた- , 2018 All Rights Reserved.