au WiMAX解約の全知識!違約金の有無・注意点

au WiMAX解約の全知識知識!違約金の有無・注意点

この記事では、au WiMAXの解約方法と注意点について詳しくご紹介します。

残念ながら、auではWiMAXに力を入れておらず、au公式サイトではWiMAX解約の情報が不足しています。

そこでここではau WiMAXの解約方法や気を付けておきたいポイントについて詳しくご紹介していきます。

また、後半ではau WiMAXの途中解約により発生する違約金負担をゼロにしてしまう特別な方法についても取り上げます。

違約金を負担してくれるWiMAXサービス

さっそく見ていきましょう。

au WiMAXの解約方法

解約方法

au WiMAXの解約方法は1つ、店舗に行って解約するしか選択肢がありません。

au WiMAXの解約手続きが行える店舗

店舗 特徴
auショップ auブランドを総合的に扱っている
PiPit トヨタ自動車販売店の中にあるキャリアショップ

auブランドを取り扱った店舗で解約手続きする方法しかなく、携帯ショップでおなじみの「auショップ」あるいは「PiPit」と呼ばれる店舗の2つが該当します。

PiPitとは、自動車販売店であるトヨタ自動車の店舗内でauやソフトバンクなどの通信キャリアとの契約手続きができるショップの事です。

トヨタ自動車と通信キャリアでは繋がりがよくわからないかもしれませんが、トヨタ自動車はPHSが流行していた時代にKDDI(当時はKDD)に出資しており、店舗内でPHSの販売も手掛けていた事に由来します。

My auやカスタマーサポートでは解約対応を受け付けておらず、家電量販店にあるauブランドのブースでも解約手続きはできませんので注意しましょう。

auブランド取り扱い店舗で解約手続きする際に必要なもの

解約手続きに持参するもの

持参物 詳細
本人確認書類 免許証・マイナンバーカード・パスポート auブランドを総合的に扱っている
印鑑 ゴム印以外、実印、認印 サインで代用可。シャチハタ不可
機器本体 ルーター 必須ではない

au WiMAXを解約する為にはauショップまたはPiPitで契約者本人である事が確認できる書類があれば手続きが可能です。

本人確認には免許証やマイナンバーカード、パスポートが利用できます。

契約時と同様のものを準備しておけば間違いありません。

本人確認書類以外では可能な限り印鑑や利用中のルータ機器本体も持参するようau公式からは案内が出ていますが、印鑑は本人のサインで代用可能で機器の持参も必須ではありません。

ただし、auショップは店舗によってかなり差がある事で知られているので、店舗責任者の裁量によって印鑑を必須にしている可能性があります。

また、手続きや確認に時間がとられてしまう事も考えられますので、スムーズに解約手続きを行うためにも本人確認書類・印鑑・機器の3点は可能な限りなるべく持参すると良いでしょう。

au WiMAXを解約する前に注意すべき事

解約の注意事項

au WiMAXを解約する際のポイント
  • 解約手続きは店頭対応だけなので時間が限られる
  • 解約手続き完了後は即日利用できなくなる
  • 月途中で解約しても日割り計算されない
  • 契約期間内の解約には違約金が発生する
  • ルーターは利用者側で処分する

auではWiMAXに力を入れておらず、公式サイトを見ても解約方法の説明はかなり不十分で手続き自体もショップに足を運ばなくてはならないので他社に比べて不便です。

他にお得なWiMAXプロバイダを見つけたからといって、すぐに解約手続きに踏み込んでしまうと手続きに数時間を要したり違約金など金銭的な負担を強いられる可能性が高い為、注意して手続きを進める事をおすすめします。

ここからはau WiMAXを解約する際に事前に抑えておきたい5つのポイントについて併せてご紹介していきます。

解約手続きは店頭対応のみで時間が限られる

au WiMAXの解約はauショップかPiPitといった店頭受付に限られているため、必然的に店舗が開いている時間に手続きしなければなりません。

各店舗によって営業時間に1時間前後の差がありますが、auショップでは10:00から19:00前後、PiPitでは10:00~18:00前後が平均的な営業時間となっています。

地域によっては仕事終わりに向かおうとすると閉店直前で受け付けてもらえない、という事もあるでしょうから手続きをする店舗の営業時間を確認して手続き自体も1時間程度、余裕を持つ事をおすすめします。

auショップ・PiPitの平均的な営業時間

店舗 営業時間(店舗による) 定休日(店舗による)
auショップ本人確認書類 10:00〜19:00 平日
PiPit 10:00〜10:1800 平日

なお、auの会員専用ページ「au STAR」を使うと来店日時を1時間単位で予約する事が可能です。

逆に予約しなければ時間に余裕があってもかなりの待ち時間になる事が予想されます。

突発的に店舗に向かうのではなく、必ず来店予約をして向かう事をおすすめします。

My au STAR

解約手続き完了後は即日利用できなくなる

他社プロバイダでは解約手続きをおこなっても月末まで利用できる事業者が多いのですが、au WiMAXでは解約手続き後、解約日に利用が停止されます。

別の通信回線を併用していれば影響はないでしょうが、au WiMAXしか通信回線がない場合はネット通信ができなくなるので注意が必要です。

月途中で解約しても日割り計算されない。

au WiMAXは解約手続きが終わればすぐに回線が停止しますが、月額利用料は日割り計算されません

月初である1日以外に解約すると一カ月分の利用料が満額請求されてしまいます。

支払う分を無駄なく最大限利用するには月末または毎月1日に解約手続きをしなければ無駄な通信費が発生しますので、解約手続きを行う日には十分に気を付けるようにしましょう。

au WiMAX解約時の月額利用料

解約時期 1日 2日〜月末
月額利用料 先月分までの利用料を支払う 先月分・当月分の利用料を満額で支払う

なお、au WiMAXを解説しているサイトの中には日割り計算されると解説しているものがありますが、au WiMAXは料金プランに関わらずすべて日割り計算対象外です。

契約期間内の解約には違約金が発生する。

au WiMAXの解約は、タイミングを見誤ると違約金が生じます。

別のお得な通信回線やプロバイダを見つけて乗り換えしたい時に、最も気を付けなければならないポイントがこの違約金です。

後半でご紹介するブロードワイマックスに乗り換えると違約の負担額は大幅に減ります。これは利用者からするとお得でしかないので、活用するといいですね。

au はWiMAXの料金プランを以下の4つしか用意しておらず、全てのプランが2年契約になっています。

au WiMAXの料金プラン一覧
  • WiMAX 2+ フラット for DATA EX
  • WiMAX 2+ フラット for DATA
  • WiMAX 2+ フラット for HOME
  • WINシングルフラットWiMAX(シンプル)

初回契約から2年が経過しても契約は自動更新されてしまい、このタイミングに解約しなければ違約金が発生する仕組みです。

なお、違約金が発生しない時期は「契約更新月」と呼ばれています。

ひとりひとりの契約更新月はMy auで確認できますので、解約手続きをする前にチェックする事をおすすめします。

My au

解約で生じる違約金の金額

au WiMAXを契約更新月以外で解約すると、9,500円の違約金が発生します。

他社WiMAXプロバイダでは段階的に違約金を引き下げていますが、au WiMAXでは一律同額に設定されています。

au WiMAX 解約違約金(税別)

契約期間 金額(税別)
1~25カ月以内 9,500円
26カ月目(契約更新月)※1 0円
27カ月目以降 9,500円

※1 契約更新月は24カ月ごとの為、次回は50カ月目です。

ルーターは利用者側で処分する。

au WiMAXを解約した後、ルータは利用者側で処分します。

WiMAXルータはモバイルルータ、ホームルータどちらのタイプでもSIMロックのような仕組みを採用している事が多く、基本的には別のプロバイダで再利用できません。

利用期間が長い場合はルータのスペックも時代遅れになっている可能性が高い為、再利用を考えず処分を検討するのが一般的です。

処分方法としては廃棄もしくは売却の二つがあげられます。

ルータ機器を廃棄処分する場合

ルータ機器のような精密機器はお住まいの自治体によって処分の方法が異なります。

燃えないゴミあるいは小型電化製品の扱いがほとんどですが、自治体でリサイクルボックスを用意しているところもあるので事前に市区町村に確認してみましょう。

ルータ機器を売却する場合

売却手段としてはオークションサイトやリサイクルショップを利用する方法があげられます。

しかし、現実にはWiMAXルータは1年も経てばスペックが向上した機器が登場している上に、多くのWiMAXプロバイダでは初回契約時に最新機種を実質ゼロ円で購入できる為、ほぼ買い手はつかないのが現状です。

au WiMAXの場合、割引キャンペーンがなければau ショップで2万円前後のルータ機器を購入したかと思いますので、売却して少しでも回収したいと思うのが人情です。

しかし残念ながら買い手がつかず出品手数料の方が高かったり出品管理に無駄な労力がかかる事態にもなりかねませんので、廃棄処分する事をおすすめします。

違約金を負担してくれるWiMAXサービスが登場

プロバイダーによって全然違う、分かりやすさ(シンプルさ)

au WiMAXを解約する際に、最もネックになるのは途中解約の違約金ですよね。

契約から1年以内であれば違約金は9,500円と非常に大きな金額ですので、なかなか別のプロバイダへの乗り換えも検討しづらいサービスです。

これまでは契約更新月を待って乗り換える事が賢い選択と言われてきましたが、そんな常識を覆すプロバイダーが登場しました。

それがブロードワイマックスです。

 

ブロードワイマックスが打ち出す面白い制度に、「違約金負担制度」があります。

その名の通り、他社の解約時にかかる違約金を肩代わりします、というものです。

コレ、結構すごいことになっています!

au WiMAXからブロードワイマックスに乗り換えると、違約金負担は完全ゼロ

他社WiMAXからブロードワイマックスに乗換え! 違約金を負担してくれるなんてスゴイ!

ブロードワイマックスでは、他社の解約に伴って発生する違約金を19,000円まで肩代わりしますよ

という太っ腹な制度を打ち出しています。

この制度を利用すれば実質ユーザーが負担する違約金はゼロとなりますので、解約のタイミングをわざわざチェックしなくてもユーザーの好きなタイミングで乗り換えする事が可能となりました。

au WiMAXの違約金は最大でも9,500円ですので、実質的な違約金負担は完全ゼロということになります。

これはかなり凄いことですね。

乗り換えはこんな方におすすめ!
  • 今使っているWiMAXに不満で乗り換えたい
  • 契約満了を待たずに、「早く」乗り換えたい
  • 節約のため、月額料金を最安値にしたい
  • ルーターが古くなったから、最新ルーターにしたい
違約金負担のステップ
  1. 【お客様】WiMAX解約に伴い、違約金がいくら発生したか証明できる書類を用意、またはマイページのスクリーンショットを撮影
  2. 【お客様】ブロードワイマックス指定の方法(メールまたはFAXです)で資料を提出
  3. 【ブロードワイマックス】内容確認、振込先銀行口座の入力フォームをお客様に送信
  4. 【ブロードワイマックス】振込先銀行口座を登録
  5. 【ブロードワイマックス】申請受理の翌月末日に現金振り込み
  6. 【お客様】現金が入金されたことを確認

実は乗り換えると、利用料金が割安になる!

au WiMAXは数あるプロバイダの中でも月額利用料の”高い”サービスです。

ブロードワイマックスと比較するとその違いは歴然で年間10,000円以上もの違いがあります。

違約金負担制度を含めるとすぐにでも通信費が節約できますので月が替わる前に乗り換える事をおすすめします。

ギガ放題プラン料金比較表

au WiMAX ブロードワイマックス
初期費用 3,000円 3,000円
ルーター発送月 日割 日割
1〜2カ月目 4,380円 2,726円
3〜24カ月目 4,380円 3,411円
25カ月目以降 4,880円 4,011円
1年目合計 55,560円 42,562円
2年目合計 108,120円 83,494円

※DTI WiMAXはmギガ放題プランの料金を掲載しています。
※ブロードワイマックスは、ギガ放題プランの料金を掲載しています。

 

乗り換えても通信品質・エリアは、これまでのau WiMAXと同じなので安心

WiMAX通信部分は、WiMAX運営元のUQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)が管理しています。

そのため、通信品質・エリアはau WiMAXと完全に一緒です。

違う点は料金、サポート体制です。

サポートがそれほど気にならない方は、これを機にブロードワイマックスに乗り換えるのはコスト的なメリットが大きいのでおすすめです。

乗り換えれば、最新ルータを入手して快適に使える

最新ルーターに変更(機種変更)

月額利用料や違約金といった面で非常に家計に優しいブロードワイマックスですが、乗り換えれば最新ルーターを入手できます。

古くなったルーターの速度が遅い、電池持ちが悪くなった等で使い勝手が落ちていませんか?

ルーターは2〜3年使うと、どうしてもヘタってきますから、適度に新しいものに交換するのがおすすめ。

しかし、交換は有料です。

そこで、プロバイダーの乗り換えをするとまた新しいルータが無料でゲットできるわけです!

新旧ルータのスペック表

2016年 Speed Wi-Fi NEXT W02 2018年 Speed Wi-Fi NEXT W05
下り最大速度 220Mbps 758Mbps
連続待受時間 約760分 約850分
本体サイズ
(mm)
121×59×11.1 130×55×12.6
重量 約119g 約131g

わずか2年でも、上記のようにルーターのスペックは飛躍的に向上します。

これまでの通信速度に不満を感じていた方にとっては、大きなメリットと言えるでしょう。

ルーターの速度が遅くてお悩みの方は、遅いポケットWi-Fiにさようなら!のページをご覧ください。いかに古いルーターの速度が遅いのかを明らかにしています。

通信機器は年々、飛躍的な進歩を遂げています。

ソフトウェアのダウンロード、クラウドサービスを利用する機会も増えていますので、少しでも高速通信に対応したルーターを利用することが、快適さに繋がります。

上記の表を見てもわかるように、最新ルーターは明らかに性能があがっています。

わずか2年でこれだけの性能差があるので、古いルーターを使われている方は、ルーターを変えるだけでかなり快適になります。

 

au WiMAX解約方法のまとめ

まとめ

au WiMAXを解約する際のポイントはまとめると以下の5つです。

au WiMAXを解約する際のポイント
  • 解約手続きは店頭対応だけなので時間が限られる
  • 解約手続き完了後は即日利用できなくなる
  • 月途中で解約しても日割り計算されない
  • 契約期間内の解約には違約金が発生する
  • ルーターは利用者側で処分する

au WiMAXはauブランドとしての安心感はありますが、逆に言えば知名度という点以外に特筆すべきところがありません。

ブロードワイマックスならば破格の利用料に加えて、将来的にもルータを最新スペックに更新でき、au WiMAXの違約金を気にしなくてもよい、という3つの大きなメリットがあります。

毎月かかる通信費を見直したい方や将来の機種変更も視野に入れたい方はブロードワイマックスへお乗り換えしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です