フリーWiFiはセキュリティが弱く危険!安全安心に通信する対処法を紹介

フリーWiFiはセキュリティが弱く危険!安全安心に通信する対処法を紹介

駅や店舗には誰でも使えるフリーWiFiがあり非常に便利ですが、実はセキュリティは決して高いとは言えず、中には悪意を持って設置されたWiFiもあります。

通信内容の傍受の他にSNSアカウントの乗っ取りのリスクもあります。

今回は、危険性の高いWiFiの見分け方や、外出時に安心してWiFi通信ができる方法をご案内したいと思います。

フリーWiFiには危険性の高いWiFiと低いWiFiがある

フリーWiFiは危険と言っても、実は危険性の高いフリーWiFiもあれば危険性の低いフリーWiFiもあり、危険性の低いWiFiは『公衆無線WiFi』と呼ばれる事もあります。

ナオト

一口にフリーWiFiにまとめてしまうと混乱してしまうので、まずはフリーWiFiの危険性の高低で分類しましょう。

フリーWiFiの一覧と危険性の高低一覧

公衆無線WiFiとフリーWiFiと野良WiFiの比較表

フリーWiFiの種類 WiFiの例 特徴 安全性
公衆無線WiFi
  • au WiFi
  • docomo WiFi
  • Softbank WiFi
特定のユーザーのみ利用可能
フリーWiFi 公共施設や店舗にあるWiFi パスワードを入力すれば誰でも利用可能
野良WiFi パスワード無しで設置されているWiFi 誰でも利用可能だが誰が設置したのか不明 激低

フリーWiFiは大きく3種類に分類され、安全性の高い順に『公衆無線WiFi』『フリーWiFi』『野良WiFi』に分類されます。

この3種類の内、セキュリティが脆弱と呼ばれているのがフリーWiFiと野良WiFiで誰でも簡単に利用出来る点で共通しています。

フリーWiFiは誰でも利用できる利便性の高さが売りですが、実はセキュリティ面では脆弱という負の一面も抱えています。

情報流出の危険性をはらんでいるリスキーな接続方法なのです。

フリーWiFiは情報流出の危険性が高く保証もない

スタバWi-Fiはパスワードなしで使える、危険性あり

フリーWiFiの代表的な危険性
  • 通信内容を傍受されWebサイトの閲覧履歴やクレジットカード情報の入力内容が盗まれる
  • 位置情報が取得される
  • 外部から遠隔操作する為のウィルス感染

フリーWiFiを利用する際の危険性としては上記のようなものがあり、対策なしで利用するのは非常に危険です。

特に通信内容の傍受は自分だけの情報だけでなく相手にも影響を与えるので、もしもビジネスの取引先にも影響を与えてしまうと、信頼を失い大きな損失を出してしまいます。

情報流出事故が大ニュースになる時代です。

「フリーWiFiを利用して情報流出が起きた」なんて話は、社会からITリテラシーを疑われてしまうのできちんと対策しなくてはいけません。

フリーWiFiを利用した事で被害を受けた一例を紹介

フリーWiFi利用時のセキュリティ事故一例
  • 外出先のフリーWiFiでブログの更新を行った所IDとパスワードを傍受されブログが勝手に改ざんされた
  • フリーWiFiとスマホを接続し、SNSにアクセスした所アカウントを乗っ取られてしまった
  • クレジットカードの情報を記載したテキストファイルを遠隔で見られ勝手に買い物された

フリーWiFiを利用して情報流出事故が起きた事例は個人法人問わず起きており、事例を探すとたくさんの情報流出事故が起きています。

フリーWiFi利用時に被害を受けても保証してくれない

フリーWiFiは駅や公共施設、コンビニや喫茶店など様々な所に設置されていますが、万が一情報流出事故が起きたとしても、WiFi設置者も回線提供元の誰も保証してくれません。

SNSでアカウントを乗っ取られても、取引先に重大な損失が発生した場合でも「フリーWiFiを使って情報が盗まれるのが悪い」と言われてしまいます。

厳しい言い方になってしまいますが、フリーWiFiを利用するリスクを知らなかったでは済まないので対策を行ってリスク承知の上で利用するか、フリーWiFi以外の接続を行うべきです。

フリーWiFi利用時の対策は4つある!しかし、ハードルが高い

フリーWiFi利用時の対策方法4点
  • WiFi接続時に手動で接続先を選び野良WiFiを選ばない
  • フリーWiFiを利用する時はSSLに対応していないWebサイトの訪問をさける
  • VPN(Virtual Private Network)を利用する
  • スマホならWi-Fiセキュリティアプリを導入する

フリーWiFiを利用する時の対策方法は主に上記の4点ですが、まずWiFi接続時にパスワードが不要な野良WiFiを避けましょう。

野良WiFiは誰でも利用出来ますが誰が設置したのか不明なので、悪意のある人間が情報を盗み出す為に設置した可能性が高く接続は決しておすすめできません。

ただ野良WiFi以外の対策を進めるとなると、お金やITの知識が必要になり敷居が高いです。

VPNは有名なメーカーだと導入費用がかかる

有料VPNアプリの料金一覧表

業者名 VPNアプリ名 導入費用
トレンドマイクロ フリーWiFiプロテクション(1年) 2,900円
カスペルスキー セキュアコネクション(1年) 2,900円
ノートン WiFIプライバシーダウンロード(1年版) 2,990円

フリーWiFi利用時の対策として最も有効なVPN(Virtual Private Network)を利用する方法がありますが、これらは初期費用がかかります。

VPNを導入しても頻繁にフリーWiFiを利用するならともかく、たまに外出時にフリーWiFiにつなぐかも…程度の利用頻度ならコストパフォーマンスは良くありません。

導入費用を払ってでもVPNアプリを導入するべきか?どれだけフリーWiFiを利用しているか?よく考えてから導入を考えましょう。

どの対策方法もITの知識や接続設定が必要、敷居は高いのがデメリット

フリーWiFi利用時にはSSLを利用したサイトのみ使う、スマホならau WiFiセキュリティのような有料アプリを使う手もあります。

ただ最終的にフリーWiFiの安全性を高めて利用するには、ITの知識とそれなりの金額がかかり、仮に4つ全ての対策を行っても100%安心安全にフリーWiFiを利用出来る訳ではありません。

外出時のWiFi通信を安心安全且つ簡単に利用したいなら、フリーWiFiを利用するという考えは捨てていっそ別のモバイルWiFiを契約することを強くおすすめします。

お手軽に外出時のセキュリティ対策をしたいなら「どんなときもWiFi」がおすすめ

【2019年5月最新】どんなときもWiFiの評判!容量無制限、2年契約に落とし穴はある?

外出時の通信を安心安全に行いたいなら、フリーWiFiを利用するのではなく別のモバイルWiFiを利用した方が簡単なのでおすすめです。

数多くのモバイルWiFiの中でも、僕は「どんなときもWiFi」をおすすめします。

理由は4つあります。

「どんなときもWiFi」をおすすめする理由
  • 「どんなときもWiFi」は、フリーWiFiではないので安全性が高い
  • 「どんなときもWiFi」は、国内3キャリア対応なので通信が安定している
  • 最大受信速度が150Mbpsなので、実利用として十分な速度が出る
  • 「どんなときもwifi」は、自宅用のインターネット回線としても十分に使えるレベル
\速度制限なしのWi-Fi!2年契約/

どんなときもwifi

どんなときもwifiの開封レビュー どんなときもwifiの開封レビュー!気になる通信速度は?

「どんなときもWiFi」は、フリーWiFiではないので安全性が高い

どんなときもwifi・U2sルーター本体外観

「どんなときもWiFi」の通信は、フリーWiFiを経由していない全く別の通信経路なので、第三者に通信内容を傍受される可能性が極めて低いです。その分、安全性が高いと言えます。

「どんなときもWiFi」で接続するには、必ず最初にパスワードの入力が必要です。パスワードを持っていないものは接続ができません。

第三者が入りこむ手段は、事実上ないので安心してネット通信が出来ます。

\速度制限なしのWi-Fi!2年契約/

どんなときもwifi

「どんなときもWiFi」は、国内3キャリア対応なので通信が安定している

トリプルキャリア対応でどこでも繋がる

「どんなときもWiFi」は、ドコモ・au・ソフトバンクという日本国内の大手3社の回線に対応しています。

極めて安定した通信環境ですので、他のWiFiサービスを一歩も二歩も引き離す優れたメリットと言えます。

言ってみれば国内最強!これ以上安定した通信回線は存在しないと言っても過言ではないと思います。

もし通信障害が発生した時も自動的に回線を切り替えてくれる点もメリットです。

\速度制限なしのWi-Fi!2年契約/

どんなときもwifi

最大受信速度が150Mbpsなので、実利用として十分な速度が出る

「どんなときもWiFi」の最大受信速度は150Mbps、実効速度は30~40Mbps程度です。

これだけ速度が出ていれば、YouTubeの高画質な動画をサクサク読み込めます。

外出時にSNSを見たりWebサイトの閲覧はストレスなく楽しめます。

しかも、WiMAXのように3日10GBといった制限もありません。

無制限に利用できますので速度面・容量面の心配をすることはなくなります。

ナオト

僕も実際に使っていて、WiFiを利用する上でどうしても気になる速度、容量の問題をクリアしている点は素晴らしいなと感じます。

「どんなときもwifi」は、自宅用のインターネット回線としても十分に使えるレベル

公式サイトが分かりやすく充実している

「どんなときもWiFi」は、日本の携帯電話会社の通信網を利用したサービスなので、広い範囲で繋がります。そして自宅の中でも通信がしやすいことが特徴です。

そのため自宅利用にも適していますね。

もちろん、毎月3,480円のお金がかかりますが、光回線に比べればずいぶん安い価格設定です。

 

どんなときもWiFiの月額料金

料金プラン名 データ放題プラン
月額料金 3,480円~
契約期間 2年

2年契約、そしてシンプルな料金体系

どんなときもWiFiを利用した時のメリット一覧
  • フリーWiFi利用しないのでフリーWiFiの危険性が無くなる
  • トリプルキャリア回線で通信が安定しており速度も速い
  • 自宅のネット回線として使用できる
  • スマホの従量制プラン利用中なら通信費が抑えられスマホ料金の節約につながる

どんなときもWiFiを利用すると月額料金はかかりますが、上記の4点のメリットがあるので契約する価値は充分あるかなと思います。

何より煩わしい設定やITの知識が必要なく、スマホやパソコンと「どんなときもWiFi」を繋げるだけ簡単な設定なのも嬉しいポイントです。

外出先で安全にWiFiを利用したい、自宅でもたくさんインターネットを利用したいニーズにぴったりです。

\速度制限なしのWi-Fi!2年契約/

どんなときもwifi

フリーWiFiは危険性が高い!対策なしで使うのはあぶない

まとめ

フリーWiFiは危険性が高い
  • フリーWiFiは情報流出事故の危険性が高く対策無しで利用するのは危険
  • フリーWiFiを利用して損害が発生しても誰も保証してくれない
  • どうしてもフリーWiFiを利用するならセキュリティ対策は必須
  • 外出時のネット通信を簡単に安全にしたいならどんなときもWiFiに契約して接続

フリーWiFiは今ではすっかり身近な存在になり、普段から利用している方も珍しくありませんが実は情報流出が起きやすい危険な接続とはあまり知られていません。

何も対策無しで接続するのは家に鍵をかけずに外出するようなものなので、フリーWiFiを利用するなら事前対策は必須です。

ただフリーWiFiではなくモバイルWiFiで契約した回線を利用すれば簡単に防げるので、モバイルWiFiを契約するなら外出時の利用に強いどんなときもWiFiがおすすめでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です