高層階タワーマンション・高層マンションでWiMAXをおすすめできない理由とは?

高層階タワーマンション・高層マンションでWiMAXをおすすめできない理由とは?

本記事では、高層階タワーマンションや高層マンションにおいて、WiMAXをおすすめしない理由についてご紹介します。

なお、記事後半では、電波の届きづらい高層階タワーマンションや高層マンションに適した最新WiFiサービスをご紹介します。

ぜひ最後までお読みくださいね!

高層階のタワーマンションや高層マンションでWiMAXがおすすめできない理由

結論から申し上げると、WiMAXは高層マンションでは、繋がりづらいからです。

WiMAXの電波は直進性に優れており、基地局からWiMAXのWiFiルーターまで高速で通信が出来る点を売りにしておりますが、反面、障害物があると直進性が生かせないという欠点があります。

WiMAXの電波は、障害物に弱くビル街に弱い

WiMAXの電波の特性を例えるなら、小回りの利かないレーシングカーのようなもので、障害物のない直進性が優れているものの、障害物があると電波の強度が弱まってしまいます。

特に高層マンションでは、周囲にビルや他のマンションがあるので障害物が多く、電波を通しにくい分厚いコンクリートなのでWiMAXの性能を満足に生かせる環境ではありません。

障害物が多いと電波強度が弱くなるので速度が落ちる

WiMAXに限らず、電波は発信元の基地局から距離が遠くなり、道中に障害物と衝突等を起こすと電波強度が弱くなり、通信性能が落ちてしまいます。

最悪の場合、通信が不安定になったり接続できなくなってしまう事もあります。

障害物がある土地では、WiMAXを性能を活かしきれないためおすすめできません。

高層マンションのような環境では障害物に強いLTE回線の方が、WiMAXよりも結果的に速度が速い事もあります。

高速通信が出来るからと言って安易にWiMAXを選ぶのは厳禁です。

高層階だと、基地局から遠くなる

WiMAXの基地局は日本全国に存在します。

中にはマンションやビルの屋上にWiMAXの基地局を設けているという情報もありますが、基本は地上に基地局があります。

地上の基地局は、地上にいる利用者向けにアンテナを向けているので、高層マンションの方向に向いておらず電波強度は地上に比べて低めです。

また高層階であればその分、地上の基地局から距離も離れます。だから、向いていません。

高層マンションでは、WiMAXより4G LTE回線の利用が適している

高層マンションでは、WiMAXの性能をフルに引き出せる環境ではなく、場所によっては圏外となり通信が出来ない所もあります。

一方、4G LTE回線はスマホやガラホに使われている通信規格なので、障害物に強く全国どこでも繋がりやすいことが特徴です。

 

WiMAX回線と4G LTE回線の比較表

回線名 4G LTE回線 WiMAX
回線提供サービス ドコモ、au、ソフトバンク UQ WiMAX
最大回線速度 150Mbps 110Mbps~1.2Gbps
回線の強度 強い 弱い
WiFiの月額料金 3,480円
※どんなときもWiFiの月額料金
4,380円
※UQ WiMAXの月額料金

 

高層マンションで使用するなら、4G LTE回線の「どんなときもWiFi」がおすすめ!

どんなときもWiFi!海外で使える国一覧!海外用ルーターを借りる必要はもうありません。

高層階タワーマンションや高層マンションでWiFiを契約する際は、WiMAXよりも4G LTE回線の利用をおすすめします。

具地的なサービス名を挙げるならば、「どんなときもWiFi」がベストですね。

どんなときもWiFiがおすすめの理由は主に3つあり、電波の安定性、速度制限の条件のゆるさ、契約期間の短さが挙げられます。

\速度制限なしのWi-Fi!2年契約/

どんなときもwifi

【2019年5月最新】どんなときもWiFiの評判!容量無制限、2年契約に落とし穴はある? 【8月最新】どんなときもWiFiの評判・口コミ!容量無制限、2年契約に落とし穴はある?

4G LTE回線はドコモ、au、ソフトバンク回線!だから通信の安定性が高い

トリプルキャリア対応でどこでも繋がる

「どんなときもWiFi」の最大の特徴は、ドコモ、au、ソフトバンクの3つのキャリア回線を使えることです。

そしてその時々で、ベストな回線を自動的に選択して繋いでくれる賢いシステムが搭載されています。

 

そして携帯電話がアンテナが建つところであれば、問題なく電波が届きます。

だから、高層マンションでも問題なく繋がります。

 

WiFiサービス別利用可能回線種類と回線数

WiFi提供サービス名 回線の種類 利用可能回線数
どんなときもWiFi ドコモ、au、ソフトバンク 3回線
UQ WiMAX WiMAX、au回線 2回線
ドコモ、au、ソフトバンク それぞれのキャリア回線 1回線
格安MVNOサービス 提供元のキャリア回線 1回線

通常、1回線しか使えない従来のWiFiと異なり、「どんなときもWiFi」は日本の3代キャリアをすべて使えることがメリットです。

国内最高の3つの電波を使える、だからものすごい安定性が高いということです。

だから、もし通信障害が発生しても、他の会社の電波に自動的に切り替えて繋いでくれるので、通信の安定性は非常に高めですね。

\速度制限なしのWi-Fi!2年契約/

どんなときもwifi

「どんなときもWiFi」の月額料金は、WiMAXよりも安い

2年契約、そしてシンプルな料金体系

どんなときもWiFiの月額料金とWiMAXの月額料金比較

サービス名 どんなときもWiFi UQ WiMAX
料金プラン名 データ放題プラン UQ Flatツープラス(3年)
月額料金 3,480円~3,980円 4,380円

「どんなときもWiFi」の月額料金は、WiMAXより安いです。

毎月400~900円程安いので、どんなときもWiFiの方がお得に利用できるのは間違いありません。

通信の安定性が優れており、かつ月額料金もお得に利用出来るならWiMAXで契約するよりも「どんなときもWiFi」を選ぶべきと言えるでしょう。

\速度制限なしのWi-Fi!2年契約/

どんなときもwifi

どんなときもWiFiの契約期間は2年間!WiMAXより短い

「どんなときもWiFi」の契約期間は2年間です。

一方、WiMAXは3年間です。

 

どんなときもWiFiの契約期間とWiMAXの契約期間比較

サービス名 どんなときもWiFi UQ WiMAX
料金プラン名 データ放題プラン UQ Flatツープラス(3年)
契約期間 2年 3年
契約更新月までの月額料金支払額 83,520円 157,680円

「どんなときもWiFi」は、契約期間が短いので契約更新月までに支払う月額料金の総額も、UQ WiMAXの半額ちかい金額です。

乗り換えのしやすさの面でも勝りますね。

\速度制限なしのWi-Fi!2年契約/

どんなときもwifi

「どんなときもWiFi」の速度制限の条件は、WiMAXよりゆるめ!

無制限でネット使い放題

WiMAXは3日間で10GB以上のデータ通信を行うと速度制限がかかってしまいますが、どんなときもWiFiは短時間で莫大な通信を行うか、違法性のある通信を行わない限りは速度制限にかかりません。

つまり、「どんなときもWiFi」は、実質的に無制限といってもよい仕様です。

 

どんなときもWiFiとWiMAXの速度制限条件比較

サービス名 どんなときもWiFi UQ WiMAX
料金プラン名 データ放題プラン UQ Flatツープラス(3年)
速度制限の条件
  • ネット回線の占有と思われる通信を行った時
  • 違法ダウンロードと思われる通信を行った時
  • 3日間で10GB以上利用した時

タワーマンションや高層マンションにはご家族で入居される方も多いので、ご家族全員でWiMAXのルーターを利用すると容量オーバーで速度制限を受けてしまうこともありますね。

どんなときもWiFiなら一般的な使用方法では速度制限にかかる可能性は低め。

速度制限を受けることなく、安心してネットを楽しみたい方におすすめです。

\速度制限なしのWi-Fi!2年契約/

どんなときもwifi

高層階のタワーマンションや高層マンションでネットするなら「どんなときもWiFi」を選ぼう

どんなときもWiFi、5大メリット

高層マンションのネット利用なら、「どんなときもWiFi」がおすすめ
  • どんなときもWiFiはドコモ、au、ソフトバンクの回線が使えるので通信の安定性が高い
  • 月額料金はWiMAXよりもどんなときもWiFiの方が安く、契約期間も短い
  • 速度制限の条件もどんなときもWiFiの方が緩く、ご家族で利用する際にもおすすめ

高層マンションで使用するネット回線を選ぶなら、WiMAXよりも「どんなときもWiFi」にメリットがあります。

高層マンションでは、光回線の利用もできると思いますが、申し込みから開通までに時間がかかったり、実際光回線でもそれほど速度は速くありません。

マンション住人で共有するので遅くは遅くなりがちです。

光回線に不満な方、これからネットを新たに契約しようと考えている方は「どんなときもWiFi」を候補に検討してみることをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です