ネクストモバイルが遅いと原因は2つ!速度制限がありえない厳しさだった!

ネクストモバイルが遅いと原因は2つ!速度制限がありえない厳しさだった!

本ページでは、ネクストモバイルの通信速度が遅い原因と、厳しすぎる速度条件に関して詳細をお伝えします。

ネクストモバイルは月額料金が安く、コスパの良いWiFiサービスとして有名です。

一方で「ネクストモバイルの通信速度が遅い!」「速度制限が厳しすぎる」という評判も目立ちます。WiFiルーターを契約するなら、通信速度は速い方が良いに決まっていますよね!

記事後半では、ネクストモバイル よりも優れたサービスもご紹介しています。

ぜひ最後までお読みください。

\速度制限なしのWi-Fi!2年契約/

ネクストモバイル

ネクストモバイルが遅い原因は、回線とルーターの仕様!

スタバWi-Fiはパスワードなしで使える、危険性あり

ネクストモバイルが遅い原因は「使用している通信回線」と「WiFiルーター」の仕様に原因があります。

実はネクストモバイルの使用回線は、高速なWiMAX回線ではありません。

WiFiルーターも最新モデルではなく、数年前に発売されたWiFiルーターです。

高速な通信回線・最新WiFiルーターのサービスと比べると、ネクストモバイルは若干後れを取っているので遅いという訳ですね。

ネクストモバイルは「4G LTE」、だから遅いと感じることも

ネクストモバイルの通信回線は、ソフトバンクの4G LTE回線を利用しています。

4G LTE回線は、スマホにも利用されている回線ですね。

つながりやすいメリットがありますが、お世辞にも通信速度は速くありません

これがネクストモバイルが遅いと言われる回線の理由の1つです。

WiFiルーターは150Mbpsの仕様!WiMAXと比べて1/6未満

キャッシュバックの受け取り率3割以下

ネクストモバイルのWiFiルーター「FS030W」と「HT100LN」は下り最大150Mbpsです。

高速なWiMAXのWiFiルーターと比べると、1/6未満の速度しか出ていないことが分かります。

 

FS030WとW06のスペック比較

ルーター名 ネクストモバイル
FS030W
WiMAX
W06
使用回線 4G LTE WiMAX
下り最大通信速度 150Mbps 1.2Gbps
上り最大通信速度 50Mbps 50Mbps

ネクストモバイルの「FS030W」は、WiMAXの「W06」と比べて約8倍遅いわけです。

同じポケットWiFiでも、約8倍も差が開けば「ネクストモバイルは遅い!」と言われるのも当然です。

これは据え置き型の「HT100LN」でも同様です。

WiMAXの据え置きルーターと比較すると、差を付けられているのが分かります。

 

HT100LNとSpeed WiFi HOME L02のスペック比較

ルーター名 ネクストモバイル
HT100LN
WiMAX
Speed WiFi HOME L02
使用回線 4G LTE WiMAX
下り最大通信速度 150Mbps 1.0Gbps※
上り最大通信速度 50Mbps 50Mbps

※1.0Gbpsは有線接続時のみ。無線接続時は最大867Mbps

「ネクストモバイルの通信回線は低速。WiFiルーターの通信速度も控えめ」

これがネクストモバイルが遅いと言われる理由です。

更に厳しすぎる通信制限も、ネクストモバイルの悪い評判に拍車をかけています。

ネクストモバイルの通信制限の厳しさは異常!ヘビーユーザーは敬遠

月間通信容量制限とは?

ネクストモバイルとWiMAXの、通信制限の条件・解除タイミング・速度と体感差を下記表にまとめました。

 

ネクストモバイルとWiMAXの通信制限比較

サービス名 ネクストモバイル WiMAX
通信制限の条件 月間データ量※を使い切った時 3日間10GB以上利用時
通信制限の解除タイミング 翌月1日 3日間10GB未満時
通信制限中の速度 128Kbps 1Mbps
128Kbpsと1Mbpsの体感差 Yahoo!トップページの表示に数十秒かかる YouTubeの標準画質の動画がスムーズにみられる

※契約する料金プランにより20GB/30GB/50GBの月間データ量が設定される

特に厄介なのが128Kbpsの通信速度。SNSやGoogle検索等の一般利用にも支障をきたします。

厳しすぎる通信制限でヘビーユーザーからは、下記理由でネクストモバイルは敬遠されているほどです。

ヘビーユーザーがネクストモバイルを敬遠する理由
  • 月間データ量を使い切った瞬間から通信制限になってしまう
  • 翌月1日になるまで、通信制限を解除する手段が無い
  • 通信制限時の速度が128Kbpsと遅く、一般利用も出来ない

月額料金が安いネクストモバイル。しかし速度制限は非常に厳しい一面も持っています。

たくさん利用するユーザーほど速度制限にかかりやすいので、ヘビーユーザーにはおすすめできません。

ネクストモバイルの通信制限が厄介な3つの理由

事例3:支払方法で口座振替を選んだらキャッシュバック金額が減額された

ネクストモバイルの通信制限は「解除タイミング」「通信制限時の速度」「料金プラン変更不可」の3つが特に厄介です。

ネクストモバイルの通信制限が厄介な3つの理由
  • 解除タイミングが微妙
  • 通信制限時の速度が遅すぎて実質使えない
  • 料金プラン変更不可

通信制限になると翌月まで解除不可能

ネクストモバイルの通信制限は、翌月1日になるまで解除されません。

追加料金を支払って通信制限を解除する手段も無いと、公式ホームページに記載されています。

うっかり月初に通信制限になってしまうと最悪です。

翌月1日まで何週間も速度規制のまま利用しなくてはいけません。

ネットの利便性は大幅に低下してしまうでしょう。

通信制限時の通信速度は128Kbpsと非常に遅い

通信制限時の通信速度は128Kbps。これは非常に遅い通信速度です。

他のサービスですが、FUJI WiFiでネットを快適に利用出来る通信速度の目安を公表しています。

この表を見ると128Kbpsでは、メールなら精々利用可能といった所のようです。

 

動作別快適に利用出来る通信速度の目安

動作 快適に出来る速度
メール 128~1000Bps
ネットサーフィン 1~10Mbps
SNS 3Mbps
YouTube 0.7Mbps~20Mbps※
オンラインゲーム 30Mbps
生配信 1Mbps

参照元:WiFi速度の目安は?シーン別の快適な速さを紹介! – FUJIログ通信

※YouTubeの通信速度はYouTubeヘルプより抜粋

128Kbpsの通信速度では、ユーザーがよく利用するWebサービスが使いにくくなります。

翌月1日まで、通信制限を解除する手段もありません。

更に、契約期間中に料金プラン(月間データ量)の変更も出来ない点も厄介です。

2年間の契約期間中に料金プラン変更も不可

ネクストモバイルは、2年間の契約期間中に料金プランの変更が出来ません。

どうしても料金プランを変更したい場合、一度解約となります。

しかし契約期間中の解約は、最大19,000円の解約手数料がかかります。

ネクストモバイルの契約にこだわるなら、余裕をもった50GBプランを最初に選ぶべきです。

しかし50GB以上利用するなら、ネクストモバイルは避けた方が無難になります。

1ヶ月50GB以上通信を利用したい人にはネクストモバイルは向いていない!

1ヶ月に50GB以上利用する人は、必ずネクストモバイルの通信制限にかかるので向いていません。

50GB以上利用する人、利用する可能性のある人は別のWiFiサービスを契約すべきでしょう。

おすすめは月間データ量無制限のWiMAX、ブロードワイマックスの「ギガ放題プラン」です。

1ヶ月50GB以上の通信を行うならブロードワイマックスがおすすめ!

ブロードワイマックス

ネクストモバイル「50GBプラン」、ブロードワイマックスの「ギガ放題プラン」を比較すると下記表のようになります。

\工事不要ですぐ使える!月間容量無制限/

ブロードワイマックスの評判

ブロードワイマックス公式サイト

 

ネクストモバイルとブロードワイマックスの料金プラン比較

サービス名 ネクストモバイル ブロードワイマックス
料金プラン 50GBプラン ギガ放題プラン
月額料金 3,490円~5,815円 2,726円~4,011円
最大通信速度 150Mbps 1.2Gbps
月間データ量 50GB 無制限
通信制限の条件 50GBを使い切った時 3日間10GB以上利用時
通信制限時の通信速度 128Kbps 1Mbps※

※速度制限は18時~翌2時まで実施、それ以外の時間帯では3日間10GB以上利用時も通常速度で通信する。

1ヶ月に50GB以上通信をするなら、月間データ量無制限のブロードワイマックスがおすすめです。

ブロードワイマックスの方が月額料金が安く、最大通信速度が速くなっているのも大きなメリット。

たっぷりデータ通信を行うなら、ネクストモバイルよりもブロードワイマックスを選んだ方が良いでしょう。

ブロードワイマックスの評判・口コミ・レビュー ブロードワイマックスの評判・口コミ!メリット・デメリットを知っておこう!
\工事不要ですぐ使える!月間容量無制限/

ブロードワイマックスの評判

ブロードワイマックス公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です