Pocket WiFi 603HW徹底レビュー!速度制限・ルーター価格は?

投稿日:2018年7月19日 更新日:

Pocket WiFi 603HW徹底レビュー!速度制限・ルーター価格は?

出典:ワイモバイル

 

本記事では、ワイモバイル「Pocket WiFi 603HW」について本体スペック、料金プラン、評判をお伝えする記事です。

ワイモバイルをはじめとする各キャリアでは様々なモバイルデータ通信ができるデバイスを売り出しています。

しかし、ルーターそれぞれのスペックや利用料を比較しようとしても公式サイトだけでは分かりづらいです。

購入を検討されている方は、本記事を参考にしていただければと思います。

 

結論から申し上げると、ワイモバイルのサービスはたくさん通信するのに向きません。

失敗したくない人は、後半でご紹介する「ブロードワイマックス」をご検討ください

\初期費用無料キャンペーン実施中/

ブロードワイマックスの評判

ブロードワイマックス公式サイト

 

Pocket WiFi 603HWの機器概要

Pocket WiFi 603HWは、Huaweiから2017年2月に発売されました。モバイルルーターに必須の技術はきちんと搭載されています。

Pocket WiFi 603HWのデザイン

Pocket WiFi 603HWで選べる2つのカラー

出典:ワイモバイル

Pocket WiFi 603HWは丸みを帯びたシンプルなデザインを採用しており、カラーはブラックかホワイトの2つです。

名刺大のサイズで、重量も文庫本程度なので持ち運びにも邪魔になりません。

ディスプレイの大きさがやや小さいですが、頻繁に操作するものでもありませんのでマイナス点とまでは言えないでしょう。

 

Pocket WiFi 603HWの通信スペック

Pocket WiFi 603HWの通信スペックですが、最新技術であるキャリアアグリゲーション(略称:CA)を搭載しています。

CAとは、通信キャリアが持つ複数の回線をひとつに見立てて、同時に通信できるようにした技術です。

Pocket WiFi 603HWが利用できるワイモバイルではグループ会社であるソフトバンクのLTEとWCPのAXGPという複数のインフラを利用していますので、どちらの回線も提供エリア内であればより高速なデータ通信ができるという仕組みです。

逆を言うと、LTEのエリアにしか入っていなければLTE分の速度しか出ず、AXGPのエリアにしか入っていなければAXGPの速度分しか出ません。

ルーターとしては最大理論値で612M/bpsの通信速度を誇りワイモバイルのルーターの中では、最も高速通信ができるデバイスです。

しかし、利用する場所によって通信速度は大きく上下する事に注意が必要です。

 

なお、CAはワイモバイルだけの技術ではなく、ドコモ(NTT)やau(KDDI)、WiMAXでも使われており、最近のモバイル通信では当たり前の技術です。

 

Pocket WiFi 603HWスペック表

本体サイズ(mm) 109.9 × 65.1 × 15.5
重さ 約135g
使用ネットワーク Hybrid 4G LTE / AXGP
下り最大通信速度 612Mbps ※1
上り最大通信速度 37.5Mbps
連続通信時間 約6〜8.5時間

※1 一部エリアのみ対応しています。

 

Pocket WiFi 603HWの特徴

Pocket WiFi 603HWではデザイン、機能面含めてこれといって目立った特徴がありません。

ワイモバイルの中では最も高速に通信ができるルーターですが、他社ではさらに高速な通信を実現しているので、優位性としてはあげられず、待機状態からの起動が5秒しかかからないという点しかオリジナリティがないルーターです。

 

Pocket WiFi 603HWの購入場所

Pocket WiFi 603HWは全国にあるY!mobileショップ、または公式オンラインストアで契約と同時に購入できます。

\地方に強い/

ワイモバイル公式サイト

 

Pocket WiFi 603HWの評判

Pocket WiFi 603HWは、キャリアアグリゲーション(CA)という通信技術を利用して、最高通信速度が612Mbpsまで出るルーターですが、どうしても利用するネットワークの提供エリアに左右されるため、場所によってはあまり速度が出ません。

世間の評判としても、速度が出ない事を指摘している評判が目立ちます。

ワイモバイルは、KDDIやNTTよりも利用できる周波数が少なく、古い回線は対応エリアも狭いのでキャリアアグリゲーション(CA)していても速度が出ない結果になりやすいことが、これらの評判にも表れています。

Pocket WiFi 603HWで繋がるエリアについては、以下の記事で詳しくご紹介しています!

 

Pocket WiFi 603HWを使う際の料金プラン

ワイモバイルでは通信キャリアとしては珍しく、料金プランは非常にシンプルにしていてわかりやすい事が特徴です。

しかしシンプルだからと言って利用料が安いという事ではなく、モバイルデータ通信サービスとしては高額な部類に属します。

ワイモバイルの料金プランについて

ワイモバイルの料金プラン

出典:ワイモバイル

 

ワイモバイル料金プラン

プラン名 アドバンスモード 月間通信容量 月額料金
Pocket WiFiプラン2(さんねん) 無制限 4,380円
Pocket WiFiプラン2(さんねん) 7GB 3,696円
Pocket WiFiプラン2ライト(さんねん) 不可 5GB 2,480円

※各プランは契約期間が3年の「さんねん」契約にて記載しています。

ワイモバイルの基本プランは

  • 月間通信容量が7GBまでの「Pocket WiFIプラン2」
  • 5GBまでの「Pocket WiFIプラン2 ライト」

という2つしかありません。

月間通信容量を無制限にできる「アドバンスモード」のオプションは7GBの「Pocket WiFIプラン2」しか適用できません。

月5GBのライトプランは近年のネット通信を考慮するとかなり少ない容量ですので、メインの通信サービスとしてワイモバイルから選ぶ場合は容量無制限にできる「Pocket WiFIプラン2」しか実質選択肢がありません。

価格もモバイルデータ通信として安いとは言えず、7GBまでなら3,696円、さらにアドバンスオプションで容量無制限にすると684円が加算されます。

つまり、容量を気にせず使いたい場合の月額利用料は4,380円になりモバイル通信としてはかなり高額な部類に位置します。

Pocket WiFi 603HWはメインのネット回線ではなく、スマホや別の通信サービスを補助する役割として利用する方が適していると言えます。

 

速度制限について

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンは受け取れない人も多い

アドバンスオプションを付けなかった場合、月間通信容量の上限は7GBか5GBのどちらかになりますが、モバイルデータ通信としてかなり少ない容量です。

この少ない容量の上限に達すると当然のように速度制限がかけられます。

速度制限中は通信速度が128kbpsまで低下し、容量を追加購入するか翌月になるまで規制は解除されません。

これはかなり厳しい制限です。

ライバルサービスのWiMAXと比較しても、利用者にとってもダメージの大きい制限と言えます。

128k/bpsではメールの送受信くらいにしか利用できず、TwitterやInstagramのようなSNSはもちろんYoutube動画も利用できなくなります。

容量を追加するにしても、500MBで500円と高額です。

500MBはInstagramのタイムラインを10回程度リロードするだけで使い切ってしまう程度の容量ですので、頻繁にSNSを活用される方はアドバンスオプションが必須と言えます。

ワイモバイルの速度制限の解除方法

  • 容量を買い足す(500MBあたり500円)
  • 翌月まで128kbpsで我慢する

 

ワイモバイルの「アドバンスモード」の注意点

月間容量を気にせず無制限に使うには、Pocket WiFIプラン2のアドバンスオプションを付けてルーター本体側をアドバンスモードに設定する必要があります。一手間かかります。

また、アドバンスモードで利用するネットワークは提供エリアが限られており、電波の周波数も2.5GHzか3.5GHzという非常に遮蔽物に弱い回線です。

つまり、アドバンスモードで利用できるエリアは非常に狭く、通信品質も悪い事を指しています。

 

モバイル通信サービスの容量は無制限が一般化されつつあるので、知名度やルーターの好みで選んでしまうと、実は利用できないエリアだったり通信が頻繁に途切れて使い物にならない可能性がある点に注意が必要です。

個人的には、ワイモバイルの「アドバンスモード」で容量無制限にするより、もっと繋がりやすいWiMAXのギガ放題プランを選んだ方が快適に使えるかと思います。

\サービス提供エリアをチェックしよう/
(ページ最上部のエリア確認)

WiMAXエリアチェック

 

Pocket WiFi 603HWの価格

Pocket WiFi 603HWの価格は、41,400円と高いです。

例えば、競合サービスに当たるWiMAXでは、ルーターはほとんどのケースで無料提供されています。

ワイモバイルはルーター代の負担がある点でマイナス、高いと評価せざるを得ません。

 

ワイモバイルのルーター代は、月々の利用料から値引きされるので利用年月が3年以上になる場合は結果的に実質ゼロ円で購入できます。一見おトクに見えますね。

しかし、一括払いでも分割払いでも値引きして相殺している為、仮に途中解約すれば残ったルーター代を支払い続ける必要がある点にも注意が必要です。

 

Pocket WiFi 603HW ルーター購入費用

支払方法 支払代金 値引き
一括払い 41,400円 1,150円×36カ月
分割払い(24回) 1,150円/月 1,150円×36カ月

→競合サービスのWiMAXでは、多くのプロバイダーがルーターを無料提供していますので、どうしても高いと感じますね。

 

通信容量を気にせず高速通信するならWiMAXがおトク

プロバイダーによって全然違う、分かりやすさ(シンプルさ)

Pocket WiFi 603HWは、ワイモバイルの中では最も高速に通信できるルーターです。

しかし、月々利用できる容量に上限があったり、無制限のアドバンスモードでも利用できるエリアが限られていて万人におすすめできず、利用できたとしてもモバイル通信としては高額でストレスなく利用するには難点が多いサービスです。

 

そこで、僕としては競合サービスにあたるブロードワイマックスをおすすめします。

ブロードワイマックスは通信容量が無制限な上、エリアもKDDIのインフラを使っている為、ワイモバイルのアドバンスモードよりも広いです。

さらに、料金も安い事から人気が出ているプロバイダです。

\初期費用無料キャンペーン実施中/

ブロードワイマックスの評判

ブロードワイマックス公式サイト

 

ブロードワイマックス vs ワイモバイルの料金比較

ブロードワイマックス vs BIGLOBE 利用料金比較

 

ブロードワイマックス vs ワイモバイル料金比較

ブロードワイマックス
ギガ放題プラン
ワイモバイル
Pocket WiFi プラン2+アドバンスオプション
月間通信上限 無制限 無制限
初期費用 3,000円 3,000円
初月利用料 日割料金 日割料金
1〜2カ月目 2,726円 3,696円 ※2
3〜24カ月目 3,411円 4,380円
25カ月目以降 4,011円 4,380円
1年間総費用 42,562円 54,192円
2年間総費用 80,494円 106,752円
3年間総費用 128,626円 159,312円

※2 アドバンスオプション3ヵ月無料特典適用時の価格です

 

無制限プランで比較した際、ブロードワイマックスではワイモバイルに比べて年間12,000円以上も安く利用できます。

初めから無制限プランが用意されているのでワイモバイルのように別途オプションを追加するような手間も必要ありません。

通信費を節約したい人やメインの通信回線を探している方にはワイモバイルではなく、ブロードワイマックスをおすすめします。

TwitterやInstagramのようなSNSの普及、そしてYoutubeやニコニコ動画などの動画サイトの普及により、一人ひとりの通信容量は年々上昇しています。

2018年12月には4K・8K放送も始まりますます通信容量は拡大する見込みですので、モバイルデータ通信の容量も無制限を選ぶ事が一般的です。

\初期費用無料キャンペーン実施中/

ブロードワイマックスの評判

ブロードワイマックス公式サイト

 

Pocket WiFi 603HW vs WiMAXルータスペック比較

 

モバイルルータのスペック・料金

スペック的にはたいして変わりありません。

若干、ブロードワイマックスのSpeed Wi-Fi NEXT W05の方が上ですね。しかもブロードワイマックスのルータは無料提供されています。

\初期費用無料キャンペーン実施中/

ブロードワイマックスの評判

ブロードワイマックス公式サイト

 

一方、Pocket WiFi 603HWは、ルーター価格分を毎月の利用料から値引きする形で実質無料としています。

この点だけをみても相当大きな金額差が生じていますね。

 

ブロードワイマックスでは、20カ月経過で最新ルーターに無料交換できる

ブロードワイマックスは、WiMAX2+のルーター変更が可能

ブロードワイマックスでは20ヶ月間利用すればその時の最新ルーターに無料交換してくれる制度があります。

今後も、速度やバッテリーの性能もあがっていきますので、ルーター交換の費用負担がないことからもWiMAXを選んだ方が賢いのは明らかですよね。

Pocket WiFi 603HWを分割で購入すれば実質3年間は費用負担が発生するので、機種変更も簡単にできません

 

ルーターの費用負担比較

ブロードワイマックス ワイモバイル
初期契約時のルーター代金 無料 41,400円
機種変更 20カ月利用で無料交換 現行ルーターの支払いを終え、新型ルーターを自腹購入する必要あり

 

ブロードワイマックス vs ワイモバイルのキャンペーン比較

ブロードワイマックスとワイモバイルのキャンペーン比較表

ブロードワイマックス BIC WiMAX
新規契約時 ・利用料値引き
・ルーター無料
・違約金負担制度
・当日店舗受け取りサービス
・アドバンスオプション3カ月無料
契約後 ・ルーター無料交換
・ご満足保証
なし

→どうみても、ブロードワイマックスの方がお得ですね。

\初期費用無料キャンペーン実施中/

ブロードワイマックスの評判

ブロードワイマックス公式サイト

 

ワイモバイルはスマホやタブレットの販売を主体とした運営スタイルの為、キャンペーンの内容もスマホやタブレットを対象にしたものが圧倒的に多く、Pocket WiFi 603HWで利用できるものはほとんどありません。

ワイモバイルで受けられるキャンペーンは、月間容量を無制限にできるアドバンスオプションの利用費684円を3ヶ月間無料にするキャンペーンだけと寂しい感じです。

 

Pocket WiFi 603HWに関する詳細まとめ

まとめ

Pocket WiFi 603HWの特徴をまとめると以下の6つとなります。

Pocket WiFi 603HWの特徴と注意点

  • 最大速度が612M/bpsでモバイル通信としてはさほど高性能ではない。
  • 速度制限時は128kbpsしか出ない。実質利用できなくなるに等しい。
  • ルーターは有料、そして4万円オーバーと高額。
  • 有料のアドバンスオプションを使用しないと容量が無制限にならない。
  • アドバンスモードの利用可能エリアは狭く、電波も遮蔽物に弱い。
  • ワイモバイルで適用できるキャンペーンは1つしかない。

Pocket WiFi 603HWは機器本体のスペックだけで言うならば大きな優位性も欠点もないルーターですが、問題はワイモバイルが定めている料金プランや速度制限が非常に人を選ぶものになっている点です。

通信容量無制限のアドバンスオプションは有料ですし、利用できるエリアも非常に限られてしまい通信品質も相対的には悪いと言わざるを得ません。

容量を気にせず通信費を抑えたモバイル通信をお探しの方には様々な特典も利用できるブロードワイマックスをおすすめ致します。

【最終確認】ブロードワイマックス

 
Wi-Fi 選び、3つのコツ!
 

Wi-Fiサービスは、「通信速度が速く」、「容量無制限」、「安い」。この3拍子揃っているサービスを選ぶことが何より大事です。

容量オーバーを心配しながらインターネットをしたくないですよね。思いっきりインターネットしたいはずです。

速度の遅いWi-Fiを選ぶと、人生を損するといってもよいでしょう。

仮に1日で10分待たされる時間があるとしたら、月5時間、年60時間も時間を無駄にします。貴重な時間を無駄にしているということですね。

それから、通信費は毎月支払うもの。

だから、毎月の支払額が安いものを選ぶのが正解です!

 
【最終確認】ブロードワイマックス
 

\最安値を追求する/

 
こんな人に最適
  • 総支払額で最安値を求める人
  • 手間なくずっと安くWiMAXを使いたい人
料金
  • 総支払額で最安値
  • 月額料金の安さが魅力
ルーター
  • 最新ルーターを揃える
シンプル
  • 料金プラン、サポートページがわかりやすい
契約期間
  • 3年
支払方法
  • クレジットカード
  • 口座振替
魅力
注意点
ブロードワイマックスの評判 ブロードワイマックス公式
   

おすすめWi-Fi ルーター BEST3 (2018年12月最新)

WiMAXモバイルルーター最速「Speed Wi-Fi NEXT W05」

快適さを左右する「速さ」にこだわるなら、WiMAX史上最速ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」の一択!頭一つ抜きん出た速さ。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

家でも外でも使用するなら「Speed Wi-Fi NEXT WX05」

外出先&自宅の両方で使うなら、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」がおすすめ!モバイルルーターの命であるバッテリーを過去最高に積むことでノーマルモードで11時間持ちを実現。別売クレードルを使用すると宅内のWi-Fi電波が強化されます。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

速さと安定を備えたホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」

自宅で使うなら、強力にWi-Fi電波を飛ばすことができるWiMAXホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」をおすすめ!コンセントからの電源を供給するからパワーが違う!工事不要。届いてすぐ繋がる手軽さは一度体験するとやめられない。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

 

-ポケットWi-Fi, ワイモバイル

Copyright© 遅いポケットWi-Fiにさようなら! -速度や電波を比較してみた- , 2018 All Rights Reserved.