【11月更新】新登場WiMAX「WX04」の評判・レビュー!クレードルもいいぞ!

投稿日:2017年11月7日 更新日:

最新ルーター販売開始のお知らせ

2018年11月、最新ルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」が販売開始となりました。

今からでしたらWX04ではなく、最新のWX05を選択されることをおすすめします。

 

ついに2017年11月にWiMAX2+の最新ルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」が発売されました。

本ルーターは、名機と呼ばれたNEC製ルーター「WX03」の後継にあたるものです。

Wウィングアンテナ搭載クレードル、高速通信、モバイルルーターとしては日本初のビームフォーミング機能といった機能面を大幅強化しています。

そしてモバイルルーターの命とも言っていい「バッテリー」は過去最高に積んでいるでの電池長持ちします。

ぽけぞう

WiMAXの契約を検討されている方へ!Speed Wi-Fi NEXT WX04は、ブロードワイマックスなら無料で入手できます。

\今すぐWiMAX情報を知りたい方はこちら!/

ブロードワイマックス公式サイト

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04の評判・口コミ・レビュー

Speed Wi-Fi NEXT W04 利用者の評判・口コミ・レビューまとめ良い評判、悪い評判もできる限り公平に掲載しています。

実際の利用者の声をカテゴリ毎に集約しましたので、是非参考にしてみてください。

 

通信の安定性・速度

ぽけぞう
速度が速いという声が目立ちました。宅内でも電波受信状況も良好のようです。マイナスの評価をするユーザーがほとんどいないことからよい機種であることが分かります。
  • 都内で計測して回ったところ、最高で170Mbpsをオーバーしたし、室内でも深夜などは普通に100Mbpsオーバーを実現した。現在のMVNO回線では通常、ありえないほど高速だった。

    WX04の速度測定結果170Mbps超え

    出典:みんなのライフハック@DIME

  • WX03とWX04は最高通信速度は同じだけど、これまよりも広いエリアで通信速度が底上げされている印象
  • クレードルなしで、下り80Mbps/上り21Mbps
  • NEC製で前機種からの乗り換えですが、回線の安定感は引き継がれています。選んで正解でした。
  • 自宅でクレードルにさして使っていますが、Wウィングアンテナのおかげで予想以上に快適
  • ドアのある部屋で10メートル離れていますが、やっぱりWウィングアンテナと言えども電波届かないですね。ホームルーターほど強力とは言えない。
  • 受信状況は良好。特に問題なし。
  • WX03よりも電波受信感度が良い気がする。結果速度も速い。
  • 近所のスタバでは、110Mbps超えていた。ついに3桁超えてきて感激。
  • 20Mbps前後しか速度が出ない。
  • 普段使っている範囲では、20~70Mbpsの範囲で出ています。YouTubeメインで見ていますがこれといって問題なし。
  • WiMAX2+の速度は、最新ルーターなら満足できるレベルになってきているし、特に不満はない。夜に混雑で遅く感じるけれどルーターの問題というより回線の問題っぽい。

 

操作性・機能・仕様

ぽけぞう
バッテリーの持ちがいいこと、バッテリーが取り外しできることを評価する声が目立ちました。
  • 説明書なしネット接続できた。
  • 前機種WX03の弱かった部分を補強して、強みだった部分をさらに強化した感じでバッテリー持ちが最高
  • LTE回線への切り替えが簡単操作でできるようになった(操作:ホーム画面のロック画面でワンタイムHS+Aボタンを長押し)

    WX04はLTE回線への切り替えが簡単になった

    出典:みんなのライフハック@DIME

  • 普段はWiMAX 2+、圏外・不安定な時はau 4G LTEという使い分けをする上で、モード切替は利便性を高めてくれる。
  • WX04は、本体からバッテリーを取り外せます。3年契約で長く使うことを考えると、バッテリー交換ができたほうが当然いいのでこれは便利。
  • 通信モードの切り替えが、これまでのWiMAXルーターと比較して気持ち遅い気がする。頻繁に切り替える人は少し不便かもしれない。
  • 設定項目が多すぎてよく分からない。
  • 充電端子がタイプCで最新。

 

本体・クレードル

  • WX03の重量が110g、WX04の重量は128gなので18gだけ重くなったけど、普段はかばんに入れて持ち運ぶので気にならない。軽すぎても紛失しそうなので、丁度いい重さかなと思います。
  • 国産NEC製ということからも日本人の好みをよく分かっていると思う。後継機なのでネットの安定感は抜群。
  • 充電ケーブルのコードがWX03から進化していて、Type-Cという最新モデルを採用してある。急速充電に対応しているし、地味ながら裏表がないので差し込みやすい。

 

デザイン

ぽけぞう
デザインについては、これまでもモバイルルーターの延長という感じで受け止められているようです。普通のデザインということですね
  • 厚みがある点が少し気になるけど、バックに入れっぱなしだし問題ではない。
  • 良くも悪くもデザインは無難。目新しさはない。まさにルーターって感じのデザイン。
  • これまでのWiMAXルーターの中ではデザインが洗練されている方。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04の特徴

Speed Wi-Fi NEXT WX04の特徴

出典:GMOとくとくBB

最新WiMAXルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」の特徴お伝えします。

 

最大通信速度440Mbpsで超高速!見逃せないポイントはLTE上り50Mbps

超高速

出典:UQコミュニケーションズ

WX04は、最大通信速度は440Mbpsに対応しています。

速度は4×4 MIMOとWiMAX2+の2つの周波数を束ねるキャリアアグリゲーション技術を組み合わせて高速化を実現しています。ハイスピー ドモー ド (WiMAX2+) に加え、ハイスピー ドプラスエリアモー ド (WiMAX 2+/4G LTE)搭載により広いエリアで高速通信が可能です。

そして見逃せないポイントとして、LTEで接続した時の上り(アップロード)速度が75Mbpsに増強されている点です。2016年頃ではWiMAXの上りは30Mbpsが普通だったのですが、LTE利用時とはいえ、上り75Mbpsはありがたいですね。

下り(ダウンロード)に比べて、上り(アップロード)は利用頻度は少ないと思いますが、Dropbox、OneDrive、Googleドライブといったストレージサービスにファイルをアップロードする際など、上り速度が速いと便利ですね。

 

Wウイングアンテナ搭載クレードルにより、WiMAX電波をしっかりキャッチ!Wi-Fiも強力!

室内でもWiMAX2+電波をしっかりキャッチ!Wi-Fiもしっかり飛ばせます

出典:UQコミュニケーションズ

WiMAX2+は、室内では電波が弱いという評判がありましたがそれは以前の話です。

WX04については、Wウイングアンテナ搭載のクレードルにより安定したWiMAX/Wi-Fi環境が得られます。

 

以下のクレードルをご覧ください。赤丸印が「Wウィングアンテナ」というもので、外から来るWiMAX2+の電波をしっかりキャッチします。今度は、室内に対してWi-Fi電波を強力に飛ばす役割を担っています。

Wウイングアンテナ搭載のクレードルで宅内でも繋がりやすい

出典:UQコミュニケーションズ

前機種、WX03で採用されたWウィング搭載のクレードルは、室内でご利用のお客さまにとても人気がありました。それはWiMAXの電波を受信しやすく、室内でもしっかり電波が入ったからです。

今回の「Speed Wi-Fi NEXT WX04」のクレードルにもしっかり搭載されています!室内でも繋がりやすいのはもちろん、電波がしっかり入ることで速度も期待できますね。

室内でもWiMAXを利用される方は、クレードルをセットで購入しましょう。

 

ビームフォーミング機能で狙い撃ち!より速く、より快適に!

ビームフォーミング機能で狙い撃ち!より速く、より快適に!

出典:GMOとくとくBB

WX04は、モバイルWi-Fiルーターとして国内初の「ビームフォーミング」技術に対応しました。

ビームフォーミングとは、Wi-Fi接続を効率的にする技術です。

通常は、WiMAXルーターを中心に四方八方に電波が広がっていますが、ビームフォーミングの場合、WiMAXルーターから子機(PC、スマホ、タブレット)に集中的に電波を飛ばします。これによって速度がより快適になります。

ビームフォーミング機能は、いわゆる家庭向けルーターにこれまで搭載されていた機能で、まさかWiMAXのような小型ルーターにまで搭載されるとは驚きです。

「Speed Wi-Fi NEXT WX04」なら、外出先ではモバイルルーターとして使い、家ではホームルーターとして使うといった使い方がますますしやすくなりました。

 

※一方、外では一切利用せず、自宅でのみインターネットに繋ぐ場合は、自宅専用ホームルーターを導入したほうが電波は強く、速度も速いです。宅内専用機ですからね。おすすめは、「Speed Wi-Fi HOME L01s」です。

 

3,200mAhの大容量バッテリー、ノーマルモードでも11時間以上持ちます

3,200mAhの大容量バッテリー、ノーマルモードでも11時間以上持ちます

出典:UQコミュニケーションズ

これまでのWiMAX端末で一番、バッテリー容量を多く搭載しています!まさかの3,200mAh。

ノーマルモードで約11.5時間、省エネのエコモードでは約13.8時間の連続通信ができるようになっています。これでもう1日外出してもバッテリーが足りないということもなくなるでしょう。

バッテリーは取り外し可能なタイプなので、バッテリーの性能が落ちてきたら新しいバッテリーに取り替えればOKです。

 

さらに、スケジュール機能で電池持ちアップ

3,200mAhの大容量バッテリー、スケジュール機能で電池持ちアップ

出典:GMOとくとくBB

使わない時間帯を設定しておくとルーターの電源を自動的にOFFしてくれるスケジュール機能も付いています。これで電池持ちがさらにアップしますね。うっかり電源入れたままだったということをしてしまう人にもおすすめです。

 

4G LTEの解除忘れ防止!「ワンタイム機能」

ワンタイム機能を使うことで通信モードの切り替えを忘れてしまっても安心です、自動的に解除してくれます。

WiMAX2+は要領無制限に使えますけど、4G LTEでのデータ通信は、上限が月間7GBと制限がある電波のため、必要な時だけ使いたい人が多いですよね。
そこでこのワンタイム機能が大活躍します。

 

男性にも女性にも嬉しい2色展開

男性にも女性にも嬉しい2色展開

出典:GMOとくとくBB

ブロードワイマックスでは、今回の「Speed Wi-Fi NEXT WX04」を2色展開されています。

クリアホワイトは、女性に好まれる色ですね。裏面はシルバー系の色でおしゃれな感じです。

一方、アクアブルーは男性が好むカラーです。背面はグレー色になっています。シックでカッコいいです。

 

WX04は、3年契約限定のモバイルWi-Fiルーター

これまでWiMAX2+は、2年契約と3年契約でどちらか選ぶことができるサービスだったのですが、「WX04」については、3年契約のみに対応しています。

3年契約のメリットは、通常1,005円で利用できる有料のLTEオプションサービスが、3年間無料で使えることです。

地方・地下街・地下鉄では、WiMAX2+の電波が入りづらかったりするがありますからLTEならほぼ繋がりますので、ここはメリットです。

一方、やはり3年に納得できるかという点ですね。

※ギガ放題WiMAX2+は、月下通通容量に上限はありませんが、LTE通信だけは月間7GBという制限がありますからこの点だけ注意です。基本は、WiMAX2+で通信をして、LTEは必要に応じてポンポイントで使うといった方法がおすすめです。

 

徹底比較!WX04、W05 どっちがおすすめ?

以下の表でご確認ください。

 

赤枠:優れている点です。

 

1. 速度を重視するならW05

決定的な違いとして、W05は最高通信速度が758MbpsとWiMAX史上最速を誇ります。速度重視ならW05です。また地味ながら連続待受時間が850分とかなり長いです。

しかし、最大通信速度758Mbpsはオプション料1,005円/月を契約してハイスピードプラスエリアモードで利用する時のみの速度です。通常時は440Mbpsです。また758Mbpsで利用可能なエリアは、東京都、愛知県、大阪府の一部エリアとなっており限定的です。

一方、最新ルーターWX04は440Mbpsです。モバイルルーターとしての速度は十分です。

 

2. バッテリーの持ちを気になるならWX04

WX04はバッテリーの持ちがとてもよいです。ノーマルモードで11.5時間持ちますから、これだけ持てば1日持ち歩くには十分と言えます。

とはいえ、W05は決してバッテリーの持ちが悪わけではありません。9時間は持ちます。僅かな差ではありますが、バッテリーの持ちを重視されている方は、WX04をおすすめします。

また、WX04は重さ128g(W04は140g)と軽いので女性にもおすすめですね。

 

3. 自宅でも利用するならWX04 (クレードルに羽が付いているため)

Wウイングアンテナ搭載のクレードルで宅内でも繋がりやすい

WX04のクレードルには、Wウィングアンテナという拡張アンテナが付いてます。

上の画像をご覧下さい。

クレードルの左右についた透明な羽のようなものがそうです。これがあることでWiMAX2+の電波を受信しやすくなります。また宅内にWi-Fi電波を飛ばす際にも強力に飛ばせます。

※但し、自宅のみでWiMAXを使う用途の方は、ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」を選択した方がWi-Fiを家中に強く飛ばすことができますので専用機を選択された方が良いです。

 

 

おまけコンテンツ:WiMAXルーターのポジションマップ作ったよ!

明快!WiMAXルーターマップ

出典:ブロードワイマックス

WiMAXのルーターって色々あって分かりづらい!という人のために、僕の方で一目でわかるポジションマップ的なものを作ってみました。

スペック表とか見ても、細かすぎて分かりづらいですからね(笑)

縦軸は「場所」、横軸は「速度」にしました。

Speed Wi-Fi NEXT W05は、通信速度で圧倒的なので一番右側上に位置しています。

あと、モバイルルーターなので外出先で使う用途なので上の方に配置しました。

もちろん自宅でも電波が入れば使えますけどね。

もし、自宅オンリーで使うのならSpeed Wi-Fi HOME L01sのような専用ルーターの方が、宅内のWi-Fi電波を強く飛ばすことができます。

各ルーターのレビュー記事も公開していますので参考にしてもらえればと思います。

Speed Wi-Fi NEXT W05の評判・口コミ・レビューSpeed Wi-Fi HOME L01sの評判・口コミ・レビュー

 

ルーターの選び方 かんたん動画

 

WX04、W05を無料で入手する方法

ルーターを無料で入手する方法

ブロードワイマックスは、Speed Wi-Fi NEXT WX04、W05ともに「無料」です。

これを使わない手はありません。そしてWeb申込限定で初期費用も無料になります。料金的にも一番安く使えるからおすすめです。

\初期費用無料キャンペーン実施中/

ブロードワイマックスの評判

ブロードワイマックス公式サイト

 

なお、UQ WiMAX本家で購入するのは、一番損な買い方ですから注意が必要です。売れすぎて在庫切れになってるWiMAX提供会社が多いです。僕の一番のおすすめは、「ブロードワイマックス」です。

月間通信容量上限がなく、提供エリアが広い。高速通信が可能で料金は業界最安値級の月額利用料。一通り満足できるレベルにあるサービスです。

また電波状態が不安な方は、ぜひエリアチェックを試してみてください。

\サービス提供エリアをチェックしよう/
(ページ最上部のエリア確認)

WiMAXエリアチェック

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04 まとめ

まとめ

WiMAX2+の完成形とも言える、Speed Wi-Fi NEXT WX04についての評判・口コミ・レビュー記事をお届けしました!

今回取り上げたWX04、対抗機種として取り上げたW05、どちらも素晴らしいルーターであることに間違いはありません。

用途に応じて選択していただくのがよいと思います。

【最終確認】ブロードワイマックス

 
Wi-Fi 選び、3つのコツ!
 

Wi-Fiサービスは、「通信速度が速く」、「容量無制限」、「安い」。この3拍子揃っているサービスを選ぶことが何より大事です。

容量オーバーを心配しながらインターネットをしたくないですよね。思いっきりインターネットしたいはずです。

速度の遅いWi-Fiを選ぶと、人生を損するといってもよいでしょう。

仮に1日で10分待たされる時間があるとしたら、月5時間、年60時間も時間を無駄にします。貴重な時間を無駄にしているということですね。

それから、通信費は毎月支払うもの。

だから、毎月の支払額が安いものを選ぶのが正解です!

 
【最終確認】ブロードワイマックス
 

\最安値を追求する/

 
こんな人に最適
  • 総支払額で最安値を求める人
  • 手間なくずっと安くWiMAXを使いたい人
料金
  • 総支払額で最安値
  • 月額料金の安さが魅力
ルーター
  • 最新ルーターを揃える
シンプル
  • 料金プラン、サポートページがわかりやすい
契約期間
  • 3年
支払方法
  • クレジットカード
  • 口座振替
魅力
注意点
ブロードワイマックスの評判 ブロードワイマックス公式
   

おすすめWi-Fi ルーター BEST3 (2018年11月最新)

WiMAXモバイルルーター最速「Speed Wi-Fi NEXT W05」

快適さを左右する「速さ」にこだわるなら、WiMAX史上最速ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」の一択!頭一つ抜きん出た速さ。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

家でも外でも使用するなら「Speed Wi-Fi NEXT WX05」

外出先&自宅の両方で使うなら、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」がおすすめ!モバイルルーターの命であるバッテリーを過去最高に積むことでノーマルモードで11時間持ちを実現。別売クレードルを使用すると宅内のWi-Fi電波が強化されます。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

速さと安定を備えたホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」

自宅で使うなら、強力にWi-Fi電波を飛ばすことができるWiMAXホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」をおすすめ!コンセントからの電源を供給するからパワーが違う!工事不要。届いてすぐ繋がる手軽さは一度体験するとやめられない。

ブロードワイマックスは月額料金2,726円(1日91円)からと安いことが魅力!今なら、Web限定申し込みで初期費用無料、最新ルーターも無料!

 

-WiMAX, ポケットWi-Fi, モバイルルーター

Copyright© 遅いポケットWi-Fiにさようなら! -速度や電波を比較してみた- , 2018 All Rights Reserved.