単身赴任先のインターネット契約!テザリング?光回線?それよりもWiMAXがおすすめ!

単身赴任中のインターネット契約。光回線は工事費かかるし推奨できない

本ページでは、なぜ単身赴任中にWiMAXがおすすめなのか?

テザリング、光回線と比較した際のメリット・デメリットなどを料金も踏まえてご紹介します。

単身赴任先でインターネット環境を整えるのは、仕事でも必要ですし何より家族とのつながりを保つ為にも大事な作業です。

単身赴任の期間は70%の方が3年以内と中長期に及ぶので、テザリングや光回線などのネット環境を用意する方も少なくありませんが、ここ最近は単身赴任でWiMAXの契約がおすすめされています。

 

単身赴任先のインターネット回線は、テザリングNG!WiMAXをおすすめする理由

家族みんなでWiMAXを利用できる

単身赴任の際にテザリングでも光回線でもなく、WiMAXがおすすめしたい理由はたくさんあります。

WiMAXをおすすめする理由に入れること
  • WiFiなのでケーブル不要
  • 光回線よりも料金が安い
  • 光回線並みに速度が速い
  • 工事が不要(手軽、工事費もかからない)
  • 解約時に回線撤去工事も不要
  • 月間通信容量は無制限
  • ノートPC、スマホ、タブレットも同時接続可
  • YouTube動画ぐらいなら気にせず観れる
  • テザリングよりも使い勝手がいいい

このようにメリットが多く、あえて光回線を契約する必要はそれほどないからです。

WiMAX2+を初めて知った!という方は下の記事も参考にしていただければと思います。

WiMAXとは? -契約メリット・デメリット・使い勝手まで全解説!-

何点か、具体的に解説をしていきますね!

WiMAXなら工事不要!契約から数日で利用開始できる

 

新規契約時工事の有無と大家への連絡の有無

ネット接続方法 工事の有無 大家さんへの連絡必要性 利用開始までの期間
WiMAX 無し 無し 即日~数日
テザリング 無し 無し 即日
光回線 有り 有り 2週間~1ヶ月

テザリングやWiMAXは、開通工事は不要、大家さんへの連絡も不要です。

しかし、光回線等の固定回線は、工事の立ち合いや大家さんへの連絡が必要になる事があります。

会社が用意した寮や賃貸物件では最初から光回線が入っている事もありますが、もし入っていなければ自身で固定回線の契約や、会社に連絡など開通までに必要な作業が多くなりつながるまでに時間がかかります。

光回線業者の繁忙期だと、申し込みから開通までに1ヶ月近くかかることもありますが、WiMAXは申込んで数日で手元にWiFiルーターが届くのですぐに利用出来るのもメリットです。

 

WiMAXは、テザリングよりも通信速度が速い

 

ネット回線別通信速度の目安

ネット回線の種類 最大受信速度
テザリング(4G LTE回線) 最大140~237Mbps
WiMAX 440Mbps~1.2Gbps
光回線 1Gbps

テザリングは4G LTE回線なのでWiMAXや光回線に通信速度で劣ります。

WiMAXは地域や環境によっては、光回線に匹敵する通信速度を出す事もあるので無線で光回線に匹敵できるのは唯一WiMAXのみです。

WiMAXの通信エリアも4G LTE回線に匹敵する程範囲が広がっているのでつながりやすく、事前にWiMAXルーターのレンタルや提供業者のホームページからエリアチェックをしておけば契約後につながらない!自体も防ぐことができます。

テザリングは、スマホ本体のバッテリー消費が激しいので何かと不便

テザリングはスマホ本体をWiFiルーターとして利用します。

そのため、常時ネット通信とスマホ本体で処理を行うので、テザリングでは、バッテリー消費が激しいというデメリットがあります。

テザリング時に充電しながら利用するのも手ですが、スマホ本体が熱暴走を起こしたり長時間利用し過ぎるとバッテリー故障にも繋がるのでおすすめできません。

WiMAXなら通信専用のWiMAXルーターを利用するのでスマホ本体の熱やバッテリーの心配が不要な事と、スマホにかかる負担も抑えられるのでWiMAXの方がスマホに優しい接続方法です。

 

WiMAXは、テザリングと光回線の良い所取り!

テザリングと光回線と比較した時のWiMAXが優れている点まとめ
  • 光回線より開通までに手間と日数がかからない
  • テザリングよりWiMAXの方が高速で通信が可能
  • スマホの負担はWiMAXの方が少ない

WiMAXのメリットはテザリングと光回線の良い所取りで、単身赴任者におすすめのWi-Fiサービスと言えます。

 

単身赴任の背景とWiMAXのメリット

単身赴任の背景 WiMAXのメリットが生きる場面
単身赴任の目的はビジネス
  • テザリングよりスマホに負担が少ない
  • スマホのバッテリーがテザリング時より長持ちする
  • スマホの通信容量節約が可能
一定期間赴任後に単身赴任先から戻る
  • 赴任前に申込めば、赴任先ですぐ利用可能
  • 工事も必要ないので開通までの手間がかからない
  • 単身赴任後も引き続き利用可能
ビジネスで使うので高速通信が必要
  • WiMAXの回線速度は、テザリングより早い
  • 光回線並みの速度がでる地域も多い

WiMAXは、単身赴任以外でも、1人暮らしのネット回線の選択肢には必ず挙がります。

単身赴任の際はWiMAXでネット環境を構築するのがおすすめです。

 

どこのWiMAX業者がおすすめか悩んだら「ブロードワイマックス」がおすすめ

ブロードワイマックス

単身赴任の際のネット環境はテザリングや光回線よりもWiMAXがおすすめだという事は分かりましたが、WiMAXと1口に言ってもたくさんの業者が提供しています。

どの業者を選ぶか迷ったら下記のWiMAX回線の特徴からブロードワイマックスがおすすめのWiMAX提供業者です。

 

WiMAXの回線品質は、どのWiMAX業者を選んでも変わらない

WiMAXの回線は通信事業者『UQ WiMAX』が大元の回線設備を持っており、それをブロードワイマックス含めた業者に提供する仕組みので、実はブロードワイマックスもUQ WiMAXもWiMAX回線の品質に差はありません。

回線の品質に差はないため、料金・利用できるルーター・契約期間で選ぶのが賢いです。

この3点を比較すると最もお得にWiMAXを利用出来るのがブロードワイマックスになります。

代表的なWiMAX業者と比較すると月額料金は最も安い

 

有名なWiMAX提供業者とブロードワイマックスの月額料金比較

WiMAX提供業者名 料金プラン 月額料金
ブロードワイマックス ギガ放題 2,726円~4,011円
UQ WiMAX UQ Flatツープラス(3年) 4,380円
GMO WiMAX ギガ放題 3,609円~4,263円

WiMAXの有名な提供業者はUQ WiMAXとGMO WiMAXですが、この2社とブロードワイマックスの月額料金を比較すると、ブロードワイマックスの方が安いです。

前述の通り、WiMAXの回線は提供業者が異なっていても回線の品質は同じなので、料金を節約してお得に利用したいならブロードワイマックスがおすすめです。

 

最新のモバイルWiFiルーターも無料で購入できるのもメリット

 

WiMAX提供者別モバイルWiFiルーター購入代金

モバイルWiFiルーター名 W06 WX05
ブロードワイマックス 0円 0円
UQ WiMAX 3,800円 3,800円
GMO WiMAX 0円 0円

WiMAX提供元のUQ WiMAXは、最新モバイルWiFiルーターで契約・購入時に3,800円の機種代金がかかります。

しかし、ブロードワイマックスは最新モバイルWiFiルーターでも0円で購入できます。

ルーター代金がかからなければ、その分お得に利用できるので月額料金の安さと機種代金0円でブロードワイマックスを選んだ方がますますお得になります。

契約期間はブロードワイマックス以外の業者も同じ基本3年間

 

WiMAXプロバイダー別契約期間比較

WiMAX提供業者名 契約期間 契約期間満了時の月額料金支払い総額
ブロードワイマックス 3年 131,352円
UQ WiMAX 3年 157,680円
GMO WiMAX 3年 152,160円

WiMAXの契約期間は、どの業者でも3年間となっているので、契約期間の短さでWiMAX業者を選ぶ事はありません。

契約期間が同じである以上、3年間月額料金を支払い続けた時にはUQ WiMAXに比べて約26,000円以上ブロードワイマックスはお得になるので、支払い総額の少なさも決して見過ごせない魅力です。

 

WiMAXのルーターの選び方!おすすめルーターはこの2つ!

外出先メイン・速度重視のSpeed  Wi-Fi NEXT W06

【比較レビュー】Speed Wi-Fi NEXT W06!W05からどれだけ進化した?Speed Wi-Fi NEXT W06をおすすめします。

WiMAX2+の最高通信速度1,237Mbpsに対応している最新ルーターです。

重量も軽く、見た目がスマートフォンのように洗練されていますね。

都市部で利用するのはもちろん、地方に行ったり、地下鉄で移動中に利用する場合にもおすすめです。

【比較レビュー】Speed Wi-Fi NEXT W06!W05からどれだけ進化した? WiMAX史上最速!Speed Wi-Fi NEXT W06レビュー!W05と比較してみた

自宅利用ならSpeed Wi-Fi  HOME L02 !ホームルーターとしての完成度は高い

【比較レビュー】Speed Wi-Fi HOME L02は買い?L01sからどれだけ進化した?
自宅利用、小規模オフィスで使うなら「Speed Wi-Fi HOME L02」で決まりです。

このルーターは、宅内部利用に特化したルーターです。

WiMAXではホームルーターと呼んでいます。

最高通信速度1,237Mbpsに対応していますし、au 4G LTEも利用できるため安心感がありますね。

1階から2階にWi-Fiを飛ばしたり、部屋をまたいだりしてもWi-Fiを強く飛ばすには、持ち運び可能な小型ルーターではなくこのホームルーターを選びましょう。

ホームルーターとしての基本スペックは十分で、満足できる仕上がりです。
自宅WiFi電波ビュンビュン!Speed Wi-Fi HOME L02レビュー!L01sと比較してみた 自宅WiFi電波ビュンビュン!Speed Wi-Fi HOME L02レビュー!L01sと比較してみた

ブロードワイマックスの運営会社ってどんな会社?

(株)リンクライフが運営しています。

聞いたことないーって思うかもしれませんが、WiMAX2+販売代理店としては非常に有名です。

業界関係者なら100人いたら100人が知っている感じの会社ですね。

契約者も、めちゃくちゃ多いです。

WiMAX界のボス的な感じでしょう。

電気通信事業者の免許も得ていますし約10年近い実績があるので安心できます。

僕は仕事柄馴染みがありますが問題はないですね。

 

ブロードワイマックスは、あなたにあっている?

ブロードワイマックスは、あなたにあっている?

ブロードワイマックスは、WiMAXの月額料金を極限まで下げたプランを出していますので、毎月の月額料金を安く抑えたい人に最適です。

インターネットという通信インフラは、「固定費」に該当します。

毎月でていく固定費はできるだけ安い方がいいので、個人ユーザーだけでなく、法人ユーザーの方にもおすすめできますね。

他社のキャッシュバックキャンペーンには、騙されないようにしましょうね!

 

よくあるご質問

よくあるご質問

ナオト

僕は仕事でお客様から色々な質問を受けます。

よく聞かれる質問と答えをまとめておきますね。

参考にしてみてください。

 

安く、そして最短でインターネット環境を用意したい。どういう方法がある?

WiMAX2+でしたら最短当日には繋げられます。僕がもっともおすすめできるWiMAX2+は「ブロードワイマックス」です。ご検討ください。

 

単身赴任先でインターネットを用意する際、今の自宅のプロバイダのIDを2箇所で同時に利用できるの?

正確にはご契約されているプロバイダにご確認いただく必要がありますが、一般的には使い回しも2箇所で同時利用もできません。

それをできるようにしてしまうと、1契約で何箇所でもインターネットに接続できてしまうことになりますからね。

光回線なら住所単位で契約が必要、WiMAX2+ならルーター単位で契約必要だとお考えください。

 

転居先のマンションには光回線が整備されています。契約するには固定電話の契約が必要?

光回線のサービスによりますが、多くの場合は光回線単体でも契約可能です。

例えばNTTのフレッツ光でしたら光回線単体でも契約できます。今の時代、固定電話は不要という人は多いですからね^ ^

なお、光回線の契約ではルーターやLANケーブルなど一通りレンタルできることが通常ですので、特別何かを揃えるという必要もありません。

 

WiMAX2+は、何台までインターネットに繋げられるの?

同時接続できる端末の台数はサービスというよりは、ルーターの仕様によります。

だいたい10台程度同時接続できるのが一般的で1人で利用するには十分な台数です。

そのためこの同時接続台数はあまり気にしなくてもよいかと思います。

また念のためWi-Fiで繋ぐノートパソコンやタブレット等のデバイス側がWi-Fiに対応しているか確認しておきましょう。

 

単身赴任する際、自宅のインターネットの契約はどうしたらいい?解約?

単身赴任される際、ご家族が自宅でインターネットをされるのであれば自宅のインターネット契約は維持する必要があります。

解約してしまうと使えなくなってしまいますからね。

一方、ご家族は誰もインターネットをしないのであれば支出を減らすために解約もよいですね。

但し、インターネット契約には最低利用期間が設定されているケースがほとんどですから、解約のタイミングは違約金が発生しないタイミングを契約先にご確認されるのがいいと思います。

なお、ご自身が単身赴任先で行うインターネットは別途契約する必要があります。

 

海外への単身赴任です。インターネットはどうやって準備すればよいですか?

日本国内のプロバイダ会社が提供しているサービスは、日本国内で利用する前提でサービスを提供しているため海外では利用できません。

海外でインターネットを利用する場合は、その国のプロバイダとインターネットの契約をする必要があります。

まずは会社にインターネット回線の用意の有無を相談されるとよいかと思います。

 

単身赴任が決まったらブロードワイマックスでインターネット環境を準備しよう

単身赴任の際にはWiMAXの方がネット環境の構築に適性が高い事と、WiMAXを契約するならブロードワイマックスがおすすめです。

WiMAXのモバイルWiFiルーターは手の平サイズで持ち運び出来て、スマホの通信量削減にも使えるので単身赴任はもちろん、1人暮らしの固定回線として多くの方に重宝されている実績があります。

また、自宅だけでWi-Fiがあればいい場合は、上記でご紹介したホームルーターという選択肢もあります。

もし単身赴任の際にネット環境の構築に迷ったら、テザリングや固定回線よりWiMAXの方が適性が高い事、そしてWiMAXを契約するならブロードワイマックスが最もお得に契約できるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です