ベローチェ(veloce)Wi-Fiの接続方法まとめ!繋がらない時の対処法は?通信速度・セキュリティも分析してみた

本ページでは、ノマドワーカーのオアシス「ベローチェ(veloce)」のフリーWi-Fi接続方法をご紹介します。

Wi-Fiが繋がらない場合の対処法、ベローチェが提供しているフリーWi-Fiの安全性にも触れています。

ベローチェには200円でブレンドコーヒーがあり、その安さは他のカフェチェーンと比べても群を抜いています。

それでいて、最近ではWi-Fiも完備されるようになり、店舗によってはコンセントのある一人席も用意されています。

ベローチェWi-Fiに接続する方法

では早速みていきましょう。

端末のWi-Fi設定で+veloce_free_wifiを選択

端末のWi-Fi設定で+veloce_free_wifiを選択

パスワード「velocewifi」を入力

パスワード「velocewifi」を入力

登録画面で性別・生年月日を入力

性別と生年月日を入力するところは、僕が繋げたときには表示されませんでした。

でも、パンフレットには書いてあるので店舗によるのかもしれません。

インターネット接続ボタンをクリック

登録画面で性別・生年月日を入力

ベローチェWi-Fiに接続できない時の対処法5つ

では、ベローチェWi-Fiに接続できないときはどうすればいいのでしょう?

Googleで実際に「ベローチェ Wi-Fi」と検索すると予測変換には「繋がらない」や「登録画面」などが出てくるところから見ても、多くの人が繋がらずに困っていることがわかります。

ベローチェWi-Fiに繋がらないときは、以下の5つの方法を試してみてください。

ここにタイトルを忘れにずに入れること
  • Wi-Fiに対応している店舗かどうか調べる
  • WiFi登録画面が出ない時は、QRコードで読み取りをする
  • 電波の感度が悪い場合は、席を移動する
  • ブラウザを変えてみる
  • 店員さんにWi-Fi電波の状況を確認

Wi-Fiに対応している店舗かどうか調べる

ベローチェは、ほとんどの店舗でWi-Fiに対応しています。

ですが、ごく稀に対応していない店舗があります。

もし、この選ばれしWi-Fi未対応店舗だった場合どうすることもできません。

残念ながら、要望を送るか店舗を変えるかのどちらかしかないですね。

WiFi登録画面が出ない時は、QRコードで読み取りをする

ベローチェWi-Fiのパンフレットの裏には、登録画面のQRコードが印刷されています。

もし、登録画面に移動できないときは、そのQRコードを読み込んでみましょう。

登録画面にジャンプできるはずです。

セキュリティ警告が出てしまう場合にも、QRコードから登録画面に飛んでくださいね。

電波の感度が悪い場合は、席を移動する

店内が広い場合、場所によっては電波強度に差があるかもしれません。

そんな時は、席を移動してみましょう。

レジの付近、真ん中、窓際など場所を変えてみることで、Wi-Fiに繋がりやすくなるかもしれません。

ブラウザを変えてみる

ブラウザの設定によって、インターネットへのアクセスができないようになっているかもしれません。

そんなときはブラウザを変えてみましょう。

普段Safariを使っているなら、GoogleChromeなどに変えてみましょう。

ブラウザの問題の場合、これで解決できるでしょう。

店員さんにWi-Fi電波の状況を確認

ここまでの項目を試してみてそれでも繋がらない場合、お店の店員さんにWi-Fi電波の利用可否を確認してみましょう。場合によっては、Wi-Fiルーターに不具合があるかもしれません。

気になるベローチェWi-Fiの通信速度とセキュリティと対策法

では次に、気になる通信速度とセキュリティについて検証していきます。

ベローチェWi-Fiの通信速度は速かった!

ベローチェWi-Fiの通信速度は速かった!

ベローチェWi-Fiの通信速度を実際に測定してみました。

めちゃくちゃ速いですね。

これだけの速度が出ていれば、そうそう困ることはないでしょう。

なんなら僕の家の回線より速いです(笑)。

ちなみに、測定した時間は4時前でお客さんもまばらでしたので、お昼時はもうちょっと遅くなるかもしれません。

もちろん、店舗差があると思うのですが、僕が普段使うカフェやファミレスでこれだけの速度が出るところはないですね。通信速度は、大満足です。

ベローチェWi-Fiのセキュリティは、他のカフェよりは安全

一般的には、フリーWi-Fiは、セキュリティが低いと言われています。

その理由は、パスワードなしで誰でも使えるからです。

ベローチェWi-Fiは、パスワードを入力が必須でしたので、パスワードなしの他店よりは安全性が高いと言えます。

しかし、Wi-Fiのパスワードは公開されているので、悪意を持った人あれば通信の内容を盗み見ることができてしまう恐れはあります。過信はよくありませんね。

セキュリティに関しては、不安が残るといったところでしょうか。

セキュリティ対策はどうしたらいいの?

では、ベローチェWi-Fiを使う時、どんなことに気をつけて使えば良いのでしょうか。

便利に使えたとしても、個人情報が危険に晒されては意味がないですからね。

ベローチェWi-Fiだけでなく、フリーWi-Fiに繋ぐときには以下のことに気をつけてください。

フリーWi-Fiに繋ぐときに気をつけること
  • パスワードやクレジットカード番号を入力せず、簡単な調べ物にとどめる。
  • VPNを使う

先ほどもいったように、フリーWi-Fiは基本的に安全性が確保されていません。

そのため、銀行口座情報、クレジットカード番号、パスワードは入力しないように注意しましょう。

また、VPNと呼ばれる技術を使うと、通信を丸ごと暗号化することができるので、はるかに安全性を向上することができます。

VPNサービスには、有料と無料のものがあるので、それぞれの特徴を比較しながら利用するといいですね。

でも、カフェでクレジットカード番号を入力すると画面やカードそのものをみられてしまうかもしれないので、Wi-Fiの安全性に関わらず、僕はやめたほうがいいとは思いますね。

さらに安全に、便利に使いたいときは、どんなときもWi-Fiがおすすめ!

さらに安全に、便利に色々なところでWi-Fiを使いたい場合は、どんなときもWi-Fiを使うのがおすすめです。

個人的にはこちらの方法を強くおすすめします。

やはり、誰でも使えるWi-Fiは危険です。

ご自身しかパスワードを知らないWi-Fi電波を使う方が遥かに安全です。

どんなときもWi-Fiを使う

【2019年5月最新】どんなときもWiFiの評判!容量無制限、2年契約に落とし穴はある?

モバイルWi-Fiルーターには様々な物がありますが、その中でも特に使いやすいのが、どんなときもWi-Fiです。

どんなときもWi-Fiのすごいところは、その名の通り、どんなときも快適にWi-Fiを使うことができるところです!

特徴をまとめてみました。

どんなときもWi-Fiが他のルーターと違う点
  • 通信制限が一切ない
  • docomo、au、SoftBankの3社の電波を拾える
  • クラウドsim対応で、3社の電波を自動で切り替え
  • 海外でも使える
  • 海月額料金が安い

普通のモバイルルーターはつなぎ放題と言えど、3日で10GBなどの制限があることが普通です。

しかし、これがないのがどんなときもWi-Fiのすごいところ。

だから、家のWi-Fiとしても積極的にガンガン使えますね。

それでいて、月額料金は3,480円(税抜)。

正直、既存のWiMAX等のサービスを徹底的に研究し、料金でもサービスでも上回っています。

ベローチェだけではなくて、他のカフェ、自宅でも積極的にWi-Fiを使うのでしたら、どんなときもWi-Fiを使うのがいいと思います。

\速度制限なしのWi-Fi!2年契約/

どんなときもwifi

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です