電波改善で速度50Mbps!WiMAXアンテナを4本立てた方法公開

自宅WiMAXの電波が大幅改善。圏外から一気にアンテナ4本にした方法このページでは、私の実体験に基づき自宅WiMAXが圏外でインターネットができない状態から、一気にアンテナをバリバリ4本立たせる方法をご紹介しています。

自宅がWiMAX圏外で困っている方、アンテナ本数が少ないために速度が出ないという方には、お役に立てるかもしれませんので是非お読みください。

なお、拡張アンテナ機能が付いていないクレードルでも、電波改善効果があったので(詳しくは読み進めてください)、もしクレードルをお持ちならぜひこの記事を参考に試してみてくださいね!

※我が家のケースですので、他の家庭で再現できるかはやってみないと分かりません。
※サービス提供エリア外にお住いの場合は改善しない可能性がありますので予めご了承ください。しかし我が家はサービス提供エリア外ですが繋がりましたので試す価値はあります。

やったことは、ルーターをクレードルに挿してからゆっくり回転させただけ

はじめに結果をお見せします。

我が家のWiMAX2+の電波受信状態を説明しますね。

使用しているルーターは、Speed Wi-Fi NEXT W03です。

Speed Wi-Fi NEXT WX02

クレードルに挿す前

アンテナ0本でネット接続できず

ルーター本体を窓際に置いた状態でアンテナ0本です。

この状態だとインターネットには繋がりませんでした。

もちろんGoogleも表示されません。

家中を歩き回ってようやくアンテナが1本立つところを見つけました。

しかし部屋の中央です。

しかも高さ2メートルぐらいの空中。

だから諦めていました。

クレードルに挿した後

アンテナ4本に改善した

ルーター本体をクレードルに挿してみたところ、アンテナがバリバリ安定の4本に!

なんじゃ、コリャー!

と思って速度測定したところ 48Mbps、52Mbps、58Mbps、60Mbps。

電波受信状況が一気に改善し、自宅で過去最高の通信速度を体感しました。

dTVもYouTubeもどんどん再生できました。

クレードルを動かすと3本になることもありますが、4本しっかり立っています。

僕は、WiMAX2+、ワイモバイル・ポケットWi-Fiを外に持ち出してあちこちで速度測定をすることが日課になっているのですが、50Mbpsも出る場所は多くはないんです。

ましてや圏外だった自宅で最高60Mbps以上の速度が出るとは!

といった感じでとても驚きました。

僕が使っているWiMAX2+は、ブロードワイマックスです。

 

アンテナ4本時の速度

文句なしに速いですね。
これだけ出ていれば困ることはありません。

嬉しい!!

W03のクレードルには、拡張アンテナは搭載されていないのに・・・

W03のクレードルの用途は、充電、有線LANケーブルでインターネットをするためです。

クレードル本体に電波受信状況を改善する機能は付いていません。

ですが、僕の自宅環境ではクレードルに挿したことで電波受信環境が改善されました。

ルーターには、薄い金属のアンテナが内蔵されていると聞きますので、もしかしたらそれが壁や床に触れた状態よりは、クレードルに挿した方が電波受信感度が少なからず向上するのかもしれませんね。

電波はかなりデリケートなことが影響しているのかなと思われます。

この辺りは僕も勉強中です。

WX04なら拡張アンテナが内蔵されたクレードルがあります

Wウイングアンテナ搭載のクレードルで宅内でも繋がりやすい

出典:UQコミュニケーションズ

WiMAX2+の別機種「Speed Wi-Fi NEXT WX04」では、Wウイングアンテナ搭載のクレードルにより安定したWiMAX/Wi-Fi環境が得られます。

上の画像の赤丸印が「Wウィングアンテナ」です。

Wウイングアンテナがあることで電波を受信しやすくなります。

自宅など圏外(サービス提供エリア内の必要はありますが)になりがちだったり、アンテナが1~2本しか立たない方は、ぜひクレードルを試してみてください。

場合によっては改善が期待できます。

「Speed Wi-Fi NEXT WX04」は、ブロードワイマックスで無料提供しています。

 

クレードルを活用してWiMAX電波を強化する絶妙なコツ

クレードルを挿しただけではダメ! ゆっくり回転させてみて!

クレードルに挿したら、次はゆっくり回転

クレードルは挿すだけでは、アンテナが立たない可能性があります。

コツは、ルーターをクレードルに挿した後に、電波が入る場所を丹念に探すことです。

アンテナ本数は瞬間的に変わるものではないため、よい電波を受信してもすぐにディスプレイに反映されない場合があります。

1テンポ遅いんですよね。

ですから、ゆっくりクレードルを動かして、アンテナが3~4本立つところを探しましょう。

あと僕が試したことは、ルーターの向き(方角)によりアンテナ本数に違いがあったので、クレードルを右向きにしたり、左向きしたりしてアンテナがよく立つ場所を探し当てました。

最後のこの調整でアンテナ本数を1本増やせるかもしれませんから、この微調整は絶対やった方がいいです。

クレードルを安く入手する方法。どこで売っているのか?

クレードルは、WiMAX2+契約会社で別売りしていないかご確認ください。

あとはアマゾンでも購入できます。

中古でOKという方はメルカリ・ヤフオクでも出品されています。

消耗品ですし中古だからといって性能に差が出るわけでもないのでまともに動けば、特に問題はありません(^ ^)

但し、注意点としてクレードルはルーターによって型番が違いますので、説明書をみてクレードルの型番を正確に把握してから購入しましょう。

ネットで検索しても出てくると思います。

クレードルを使っても電波が改善されない場合

自宅専用のホームルーターを使う

ルーターの操作は基本的に不要

今WiMAXには、自宅で使う専用のホームルーターが販売されています。

「Speed Wi-Fi HOME L02」というルーターです。

メインが自宅利用であれば、モバイルルーターではなくこちらのホームルーターに変更してしまった方が快適に使えます。

ルーター本体の中には、WiMAX電波をしっかりキャッチできるアンテナが内蔵されています。

そして自宅専用ホームルーターは電源をコンセントから直接供給するので、電波をガンガン強く飛ばせるからです。

結果速度も速くなります。

「Speed Wi-Fi HOME L02」の実際の速度については、以下のページに詳しく書きました。

自宅WiFi電波ビュンビュン!Speed Wi-Fi HOME L02レビュー!L01sと比較してみた 自宅WiFi電波ビュンビュン!Speed Wi-Fi HOME L02レビュー!L01sと比較してみた

なお、「Speed Wi-Fi HOME L02」を無料提供しているのはブロードワイマックスです。

料金が安いので乗り換えも有りかと思います。

 

WiMAX電波改善まとめ

まとめ

今回は、WiMAX2+の「クレードル」を使うことで、アンテナ受信状況を改善する方法をご紹介しました。

WX04以外のクレードルについては、Wウイングアンテナが内蔵されていないため効果があるとは断言できないのですが、もし今電波受信状況に困っていてまだ試していない方はぜひ一度クレードルをお試しください。

WiMAX2+はアンテナがしっかり入りさえすれば、かなり速度も出ますし動画再生もスムーズなのできっと便利に使えるようになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です